2014年12月29日

サッカー皇后杯準決勝の件などを前振りに、「谷村新司の不思議すぎる話」

本題に入る前に、昨日の「第36回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会」準決勝の件。
準決勝(12月28日、味の素フィールド西が丘)】
第1試合(11:00〜)/
日テレ・ベレーザ(なでしこ/東京) 2−0 べガルタ仙台レディース(なでしこ/宮城)
得点:30分 長谷川 唯、79分 オウンゴール

第2試合(14:00〜)/
浦和レッズレディース(なでしこ/埼玉) 3−1 ジェフユナイテッド千葉レディース(なでしこ/千葉)
得点:64分 堂園彩乃(浦和)、69分 清家貴子(浦和)、73分 清家貴子(浦和)、90+3分 深澤里沙(千葉)
これらの試合については、第1試合の方はLiveで、第2試合は今朝の再放送を見ていたんですが、まず気づいたのは早野が舌好調。そして、男子の方(天皇杯)が既に終わってしまった影響もあったのか?第1試合が3,361人で、第2試合が4,315人って、例年より人が多かったような気が…
そして、どちらの試合も前半押していた方が決めきれないまま、後半は地力が勝る方に寄り切られるという、常道な展開でしたね。ユースから昇格してきた清家さんの活躍ぶりに「淵田、ペトロビッチ考え直せよ」と思っているレッズサポどんだけ〜?
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへblogramによるブログ分析
ということも含め、個々の試合に関するさらに詳しいことはこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 サッカーブログへblogramによるブログ分析(Ser.8125・3,630日連続更新)

最初にこの件を聞いたときには唐突な決断のように感じたんですが、本人のメッセージを読んでみると、よくよく考えての決断ではないですか?

ということで、当初は不思議つながりでこの本の紹介につなげようと思ったんですが…
谷村新司の不思議すぎる話

むしろ、(戻ってくる方じゃない)黒田さんの別れ話の方が不思議?!

それはさておき、谷村さん。

デジタル音源ばかり聴いたらあかん。

コンサート会場に行って生の音楽に触れることが大事。

ということだけは、プロが言うんだから間違いないでしょう。

それと、「はじめに」の「世界はたくさんの不思議に満ちてます!まさに”ワンダー(驚き)・フル(満ちている)”」って、Wonderfulの語源ってそれでいいみたいですが…

それ以外のところはry

本谷村新司の不思議すぎる話」(マガジンハウス
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
『昴』は、まさに天からの導きだった!神秘的な直感から生まれたあの名曲のミステリアスな歌詞は、未来を予言するテキストなのか?世界中の“不思議な物語”に隠されたメッセージが、いま解き明かされる。スーパーアーティストが巡り合った世にも奇妙な物語58。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 『昴』が教えてくれたこと
(直感が突如降りてきて生まれた歌/『昴』の旋律は黒鍵のみで作られた「大陸メロディ」 ほか)
第2章 日本の不思議すぎる話
(教科書が教える倭人=日本人、倭国=日本は間違い?/千円札の裏側に描かれたのは富士山なのか? ほか)
第3章 日本語の不思議すぎる話
(漢字ではなくカタカナで考えると見える世界がある/カタカナは漢字が渡来する前からすでに存在していた ほか)
第4章 からだの不思議すぎる話
(私たちのからだは「赤」と「白」からできている/血液に隠されている「赤」と「白」のドラマとは? ほか)
第5章 音の不思議すぎる話
(音を学ぶことが「森羅万象学」の仕上げにつながる?/五感のなかで生まれるまでに聴覚が唯一機能する ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
谷村新司(タニムラシンジ)
音楽家/上海音楽学院名誉教授/東京音楽大学客員教授。昭和23年12月11日生まれ、大阪府出身。昭和47年ALICE(アリス)結成。平成16年上海音楽学院常任教授に就任。平成19年から「ココロの学校」を開始。平成24年東京音楽大学客員教授就任。平成25年第54回毎日芸術賞(音楽2ポピュラー部門)受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【2014年1月発行/2014.11.16一応読了】
つべでも言及されている、「ニホン」か「ニッポン」か。
NHK放送文化研究所
教育出版
日本経済新聞・東京ふしぎ探検隊(18)
Yahoo!知恵袋
公益財団法人日本広報協会

ニッポンの読みのほうが歴史的に古いのですね。
それにしても、国名の読み方が2つある珍しい国で、世界唯一といえば誇らしげですがよくよく考えてみるといいかげんです。


 こいつは言ってはならないかもしれないけど、国旗がどうとか国歌がどうとかいう以前の問題じゃあないですかねえ。我が国は不思議な国だと思います。

ベスト・セレクション〜昴−すばる−・いい日旅立ち〜
「さらば、昴よ」とは物質文明にさらばということらしい…

【参考書評等】
谷村新司 「昴」誕生秘話を著書で披露(デイリースポーツ)
谷村新司が衝撃告白! 名曲「昴」は宇宙人からのメッセージだった!(リテラ)
ぐれん PANDORAの補助ブログ
不思議すぎる話」を当たり前のように毎日お伝えしている当ブログですが・・・(ピュア・インスピレーション)
編集家 山中登志子の「これは事件です!」 
Amazon書評
読書メーター
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 10:53 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/409006548

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。