2014年11月12日

日本プロ野球80周年記念試合【オール阪神・巨人対MLBオールスターズ】の件などを前振りに、「世界遺産にされて富士山は泣いている」野口 健

まずは、2014SUZUKI日米野球シリーズ・日本プロ野球80周年記念試合(甲子園)の件

野球11/11 阪神・巨人連合−MLB(甲子園、18:06、26,946人)
MLBオールスターズ 000241100|8
阪神・巨人連合 000001510|7
【投手】
(M)カプアーノ○、ガスリー、チョート、モラレス、ブレビンス、ベラス、ベリボーS−ペレス、ビュテラ
(神)能見、小山、岩崎●、江柄子、秋山、高木京、歳内、笠原、松田−梅野、小林
【本塁打】
(M)ロンゴリア1号満塁(5回、江柄子)、ペレス1号ソロ(6回、秋山)、ファウラー1号ソロ(7回、高木京)
【戦評】
 MLBオールスターは四回にプイグの適時打などで2点を先行。五回にロンゴリアが満塁本塁打を放ち、六回にはペレス、七回にはファウラーがソロを放った。
 阪神・巨人連合は七回に5点を返すなど追い上げたが及ばなかった
管理人自身は、多忙につきLive中継は見れなかったので、さらに詳しいことは鳥谷FA宣言の件などのその他の野球関連情報も含めてこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 野球ブログへblogramによるブログ分析(Ser.8031・3,583日連続更新)
今晩は京セラドーム大阪で侍ジャパン対MLBオールスターズ第1戦。明日は移動日で金・土・日は東京ドームで3連戦。

ということで、大阪から東京への移動が新幹線なら車窓からのこの景色も楽しみ。
この流れでこの本。
野口 健/世界遺産にされて富士山は泣いている
この写真は、富士山が世界遺産に登録された日に撮ったのですが…

この本を読んで、富士山が自然遺産じゃなくて、文化遺産だったこと。

それも条件付き。

さらに、富士山の世界遺産入りは、鎌倉の犠牲の下になっているということも初めて知りました。

と書きつつ、過去ログをたどったら2013年5月2日付のエントリーに「観光客が増えすぎて、遺産の保全状態が悪ければ登録抹消となる恐れもあり〜」と書いてありました(^_^;)


ともあれ、当ブログ前URLの「ポロと旅する」も含む)やTwitterで富士山の画像をかなりUPしているように、「富士山は遠くにありて眺めるもの(撮るもの)」というのが管理人のスタンス

本野口 健「世界遺産にされて富士山は泣いている」(PHP新書
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
美しい「日本の象徴」でいま起こっていることは、日本社会が抱える問題そのものだ!複雑に絡まり合う利害関係をどう解きほぐし、国家の宝を後世の人々へと受け継ぐべきか。日本を代表するアルピニストが語った「ほんとうに質のよい観光」とは。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 富士山のゴミ問題は解決したのか
第2章 「日本の象徴」の背後でうごめく人間の陰
第3章 不自然すぎる「文化遺産」への鞍替え
第4章 それでも「世界遺産ありき」で人々は動いた
第5章 熊野古道、小笠原諸島の成功に学べ
第6章 「入山規制」と「入山料」を真剣に考える
第7章 究極の切り札は「富士山登山鉄道」
終章 日本の宝物を次代に受け継ぐために

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
野口 健(ノグチケン)
1973年アメリカ・ボストン市生まれ。亜細亜大学卒業。植村直己氏の著書に感銘を受け、登山を始める。99年エベレスト(ネパール側)の登頂に成功し、7大陸最高峰世界最年少登頂記録を25歳で樹立。以降、エベレストや富士山に散乱するゴミ問題に着目して清掃登山を開始。2007年エベレストのチベット側から登頂に成功。近年は地球温暖化による氷河の融解防止に向けた対策、日本兵の遺骨収集活動などにも尽力。亜細亜大学客員教授、了徳寺大学客員教授、東京都レンジャー名誉隊長、山梨県富士山レンジャー名誉隊長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【2014年6月発行/2014.8.26読了】

【備忘録】
はじめに
富士山の世界遺産登録は条件付き日経参考記事:世界遺産は期限付き? 富士山に課された2年の宿題

第1章 富士山のゴミ問題は解決したのか
・悪意ではなく「無知さ」がポイ捨ての理由〜自分の何気ない行為がどんな環境汚染につながっていくかを想像できない
・富士山は「富士山−信仰の対象と芸術の源泉」として世界遺産に登録されたのだから、風致景観に対する配慮をするのは当然

第2章 「日本の象徴」の背後でうごめく人間の陰
・山梨と静岡で山開きの日が違う
⇒山梨側:7月1日〜9月14日/静岡側:7月10日〜9月10日
・富士山の抱える問題は、大げさではなく、人間社会の抱える問題そのもの
・人間は自分の裁量の及ぶ範囲や担当以外のものについて、責任が生じることを嫌がるものだ

第3章 不自然すぎる「文化遺産」への鞍替え
日本の世界遺産
 文化遺産〜法隆寺地域の仏教建造物、姫路城、古都京都の文化財、白川郷・五箇山の合掌造り集落、原爆ドーム、厳島神社、古都奈良の文化財、日光の社寺、琉球王国のグスク及び関連遺産群、紀伊山地の霊場と参詣道、石見銀山遺跡とその文化的景観、平泉―仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群―、富士山―信仰の対象、富岡製糸場と絹産業遺産群
 自然遺産〜屋久島、白神山地、知床、小笠原諸島
・富士山は、日本人にとっては特別な山だが、世界自然遺産とはなりえない
・「自然遺産がダメだったら、文化遺産でいいや」という発想には、とても違和感があった
・「文化遺産」とは政治的
・世界遺産登録を抹消されたドレスデンのようになる危険性も
・世界遺産登録は、富士山の抱える諸問題を解決する千載一遇のチャンスともいえる
 
第4章 それでも「世界遺産ありき」で人々は動いた
・世界遺産入りのメリットだけ伝えるだけではなく、デメリットも伝えるべきであろう
・人間のエゴが渦巻く場所〜富士は日本一の山だから

第5章 熊野古道、小笠原諸島の成功に学べ
・熊野古道はロストワールドだから世界遺産になれた〜経済効果を期待してはいけない
・熊野といえば、三重県とか和歌山県とか奈良県とかは関係ない
・「富士山―信仰の対象と芸術の源泉」〜文化遺産として評価されるためには、信仰の対象と芸術の源泉となった自然をトータルで守っていかなければならない
・小笠原諸島の主役は「カタツムリ」
>そういえば、2009年12月31日から2010年1月2日の間父島に上陸したけど、見てないというか気づいてない(^_^;)
このオンラインアルバムでもたぶんないし…


・利便性と現状維持のどちらを選択するのか

第6章 「入山規制」と「入山料」を真剣に考える
・日本の国立公園は、所有権は国や自治体にはない
・小笠原の「入島規制」は紳士協定

第7章 究極の切り札は「富士山登山鉄道」
DVD 登山鉄道で行くスイス・アルプス
杉山淳一の時事日想:富士山行きの鉄道は実現するのか――過去の歴史は「観光VS. 自然」でせめぎあい
・世界遺産入りで、環境型公共事業は逆にやりやすくなる


終章 日本の宝物を次代に受け継ぐために
・高まりつつある「日本を知ろう」という気運〜伊勢神宮(20年ぶりの式年遷宮)、出雲大社(60年ぶりの大遷宮)
・富士山は「日本の象徴」
逝きし世の面影
・富士講とは(Wiki
@富士山とその神霊への信仰を行うための講社である。広義の富士講。
A江戸時代に成立した民衆信仰のひとつで、特に江戸を中心とした関東で流行した、角行の系譜を汲むものをいう。講社に留まらず、その宗教体系・宗教運動全般を指すことも多い。狭義の富士講。通常はこちらをいう。

・(旅とはすなわち)「経験」にはそれなりの対価を払おう
・詰め込み型から一か所重点型の旅へ


【参考書評等】
・当ブログ富士山関連本等のエントリー
 /^o^\上村信太郎/知られざる富士山 秘話 逸話 不思議な話
 /^o^\誌歩/死ぬまでに行きたい!世界の絶景
 /^o^\富士山文化――その信仰遺跡を歩く
 /^o^\もし富士山が噴火したら
 /^o^\日本人は、なぜ富士山が好きか
 /^o^\読売新聞社創刊135周年記念「平成百景」本日投票締切につき
 /^o^\読売新聞「日本百景」〜一富士
 /^o^\日本の鉄道 車窓絶景100選
Amazon書評
読書メーター

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogramによるブログ分析


タグ:富士山 MLB
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:18 | 神奈川 ☔ | Comment(0) | TrackBack(1) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【日米野球】阪神・巨人連合軍、MLB選抜に惜敗
Excerpt: (甲子園) MLB選抜000 241 100=8 阪神・巨人000 001 510=7 <投手> (M)カプアーノ〔ヤンキース〕−ガスリー〔ロイヤルズ〕−    チョート〔カージナルス〕−モラレス〔..
Weblog: FUKUHIROのブログ・其の参
Tracked: 2014-11-12 23:03
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。