2014年09月23日

なでしこジャパン、アジア大会1次リーグを首位通過の件などを前振りに、宮崎武雄「相州大山―今昔史跡めぐり」

とタイトルに書いては見たものの…
試合中継はフルに見られなかったし(^_^;)

サッカー第17回アジア大会(サッカー女子)1次リーグ第3戦(B組)台湾−日本(9/22 20:00〜・文鶴競技場)
台湾 0(0 前半 2)3 日本女子
    (0 後半 1)
【得点】
阪口夢穂(前半3分)、吉良知夏(前半32分)、川澄奈穂美(後半40分)
【戦評】
 日本は圧倒的にボールを支配し、3得点で完勝したが、攻撃の精度に課題が残った。前半に有吉のクロスを阪口が合わせて先制し、さらに吉良が頭で加点。後半は連係を欠いて畳み掛けられず、終盤の川澄の1点にとどまった。
この結果、1次リーグ(B組)は2勝1分の勝ち点7、得失点差+15で首位通過。次は26日(金)20時から準々決勝(対戦相手未定)。
川澄ちゃんのゴールのつべを貼ったのは、そのシーンを見逃したからですが、実は阪口、吉良のゴールも中継途中の前半ダイジェストで見ただけ(^_^;)
なので、さらに詳しいことはこちらをご覧いただくとして、
   ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 サッカーブログへblogramによるブログ分析(Ser.7931・3,533日連続更新)
今日ベルマーレJ1復帰が決まる要件は
【16時からの水戸−磐田戦で磐田◯】
・次節(9月28日ホーム岐阜戦)以降に持ち越し

【磐田△】
・18時からのアウェイ京都戦に勝利でJ1復帰確定

【磐田●】
・18時からのアウェイ京都戦に引き分け以上でJ1復帰確定
2009年水戸2012年町田で昇格の瞬間を間の前で見届けた管理人ですが、今回は京都に遠征できないのが残念ムネリン。
ただ、水戸対磐田の結果次第にはなりますが、平塚・紅谷町まちかど広場でのパブリックビューイングに駆けつけることはできるかも…
(justin.tvも知らないうちに終わっていたし…)

ともあれ、ベルマーレジュビロも頑張れと言っておいて、今回は、昨日の富士山関連本の読書感想文に引続き、自分ちからは一番大きく見えるこの山に関する本の紹介。
家からの大山と富士山.jpg
相州大山 今昔史跡めぐり

大山といえば、「だいせん」と読まれる方が多いかと思いますが、それは鳥取。こちらは神奈川県の「おおやま
[ここに地図が表示されます]

管理人自身は、地元なので山頂ヘは小中高で各1回ずつ登山。それ以降は、ケーブルカー下社まで行ったのが数回で、最近はせいぜいバスの終点付近までクルマでの移動する程度。

相州大山今昔史跡めぐり [ 宮崎武雄 ] - 楽天ブックス
本宮崎武雄相州大山 今昔史跡めぐり」(風人社
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
せっかく大山に登るなら、大山をもっと知ろう、もっと楽しもう!

【目次】
第1章 大山の歴史
第2章 大山ガイド〜ケーブルバス停から大山山頂まで
 1 ケーブルバス停から茶湯寺
 2 茶湯寺
 3 茶湯寺から追分
 4 雨降山大山寺
 5 大山寺から阿夫利神社下社
 6 阿夫利神社下社から大山山頂
 7 登拝門から蓑毛への道
第3章 大山ガイド〜三の鳥居からケーブルバス停まで
 1 三の鳥居から西岸寺跡
 2 阿夫利神社社務局からケーブルバス停
 3 小田原道
第4章 日向地区と蓑毛地区
 1 日向地区
 2 日向薬師
 3 蓑毛地区
付録
 大山門前町を楽しもう
 大山歳時記(年間イベント)
 大山門前町の町割り
 大山道
 大山の方言
 大山年表
コラム
 大山を「あぶり山」と呼ぶのはなぜか?
 春日局の大山参詣
 権田直助の知られざる偉業
 大山豆腐

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
宮崎武雄(ミヤザキタケオ)
1940年(昭和15年)東京に生まれる。明治大学文学部歴史科卒業。東京都庁勤務を経て新宿区役所勤務。50歳で中途退職し大山で飲食店を営む。現在は息子に代を譲り郷土史を学ぶ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【2013年12月発行/2014.7.22読了】

【備忘録】
第1章 大山の歴史
大山寺は755年に良弁僧正によって開山されたと言われている
・「大山講」で賑わった江戸元禄
>「大山魅力再発見『平成大山講』プロジェクト〜体感!悠久の歴史・安らぎの霊峰大山〜」(伊勢原市)
・現在の大山は信仰の対象というより、観光や登山客の方が多くなった。谷間の集落という地形的に車社会に不利な状況下で客は減少

第2章 大山ガイドーケーブルバス停から大山山頂まで
・「大山とうふ祭り」にはまだ行ったことがありません
・そういえば、ケーブルバス停より上の方も10年以上ご無沙汰
20140727_大山方面 (16).jpg
大山ケーブルの写真も遠くから…】

第3章 大山ガイドー三の鳥居からケーブルバス停まで
・「三の鳥居」は旧道沿いにあるのでクルマでもほとんど通過せず
20140727_大山方面 (3).jpg

絵灯篭祭り
20140727_大山方面 (13).jpg20140727_大山方面 (11).jpg

阿夫利神社・社務局
20140727_大山方面 (10).jpg

・愛宕滝
愛宕滝.jpg

第4章 日向地区と蓑毛地区
・日向から大山山頂へ登山したのは1回
20140922_彼岸花 (1).jpg←今はこれが見頃
(ただし、この画像は伊勢原市内の違うところで昨日撮影(^_^;)

日向薬師

日向薬師なう。携帯のカメラじゃあ紅葉もイマイチだなあ(^^ゞ #Isehara twitpic.com/38sh0n



posted at 2010.11.21 16:38:42

2010年11月21日以降はここには行っていないので、ネットから拾ったものを貼り付けておきます。

日向と言ったら彼岸花。桜の名所でもありますが…


付録
大山まん志う 良辯
20140727_大山方面 (14).jpg


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogramによるブログ分析


posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 09:47 | 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。