2014年09月19日

9月18日のプロ野球となでしこジャパン12-0ヨルダンの件を前振りに、「悪韓論VS悪日論 日本と韓国はどちらが嘘をついているのか」

まずは、星野監督お疲れさまでした

9月18日のパ・リーグ
◇楽天9―5ロッテ(コボスタ宮城)
 楽天が競り勝って、4位浮上。1点を追う7回に銀次の適時打で追いつき、8回に藤田の適時打で勝ち越した。ロッテは3番手益田が粘れず、最下位転落。

◇オリックス3―2ソフトバンク(京セラドーム大阪)
 1、2位の直接対決はオリックスが勝ち越した。2回に伊藤の適時打で先制、6回に駿太の適時打で加点。5回からの継投で逃げ切った。
その星野さんの退任関連や個々の試合に関するさらに詳しいことは(侍ジャパントップチームコーチングスタッフ発表の件も含め)こちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 野球ブログへblogramによるブログ分析(Ser.7923・3,530日連続更新)



何の競技ですかwww
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 サッカーブログへblogramによるブログ分析
そのアジア大会は韓国仁川で開催中という流れでこの本。
悪韓論VS悪日論 日本と韓国はどちらが嘘をついているのか

最初から議論がかみあってなくて、読むのに疲れました(^_^;

最後に「悪韓論・悪日論を超えてウインーウインの関係を」ってお決まりのオチ…

というか、いつものようにていねいに読めない(´・ω・`)

こういう見解が対立するものは、(どちらにも利害関係のない)第三者の見解を入れたほうがいいのでは?

もっとも、中国人と台湾人では中立になりませんが…

本井上和彦・金 慶珠「悪韓論VS悪日論 日本と韓国はどちらが嘘をついているのか」(双葉社新書
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
日韓併合により韓国は日本の「植民地」となったのか?慰安婦問題の本質とは何か?靖国神社と東京裁判を巡る日韓両国の断絶とは?竹島を不法占拠する韓国の言い分は?中国にすり寄る朴槿恵政権の本音は?TVでお馴染みの論客2人が激突!!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 日韓の歴史認識はなぜ噛み合わないのか
(「反日」は韓国へのレッテル貼りか?/日韓基本条約で「完全かつ最終的に解決」した請求権問題 ほか)
第2章 今そこにある日韓問題
(特別永住外国人と外国人参政権問題/日本には共産党が存在していることに驚く韓国人 ほか)
第3章 日韓文化比較論
(韓国で整形が広まった理由/美醜や収入格差は揺るがぬ「絶対的価値」なのか ほか)
第4章 悪韓論・悪日論を克服しなければ日韓の未来はない
(中韓が急接近した「老朋友」会談/中国への接近は韓国の国益にかなっているのか ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
井上和彦(イノウエカズヒコ)
ジャーナリスト。昭和38年(1963)滋賀県生まれ。法政大学社会学部卒。軍事・安全保障・国際政治問題をテーマに言論活動を行う。『日本文化チャンネル桜』(スカパー!)の番組キャスターを務める

金 慶珠(キムキョンジュ)
韓国・ソウル生まれ。梨花女子大学社会学科卒業。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。専門はコミュニケーション論、メディア論を中心とした社会言語学。現在、東海大学教養学部国際学科准教授。日韓両国で多くのテレビ番組にコメンテーターとして出演、歯に衣着せぬ発言で注目を浴びる。2005年、韓国仏教文化財団より韓日仏教文化学術賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【2014年1月発行/2014.6.23一応読了】

【参考書評等】
「悪韓論」「呆韓論」「侮日論」 韓国の実態を伝える本が次々と出版される!(社会科ニュース速報)

美容整形外科医哲郎Blog
健康よもやまばなし
Amazon書評
読書メーター

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogramによるブログ分析


タグ:星野仙一
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 05:55 | 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(1) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

女子サッカー・ヨルダン戦の不満
Excerpt: 昨夜のアジア大会・女子サッカー日本vs.ヨルダン戦は、大きな実力差を反映して、日
Weblog: 大江戸時夫の東京温度
Tracked: 2014-09-20 11:40
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。