2014年09月17日

9月16日のプロ野球の件などを前振りに、おかしいことを「おかしい」と言えない日本という社会へ/フィフィ

本題に入る前に、一昨日見に行った馬入での練習試合の結果がHPに載った件はともかく、この件はスルー出来ないので。


まだ容疑者として逮捕され、捜査中の段階なのですが、残念なことです
これは特定のチームや芸能人・タレントさんなどを応援するファンにも同じようなことが言えるわけで…
で、野球界の方でファンの狼藉ぶりが問題となりがちなチームですが…
この試合に関してはスマホの速報アプリとTwitterのTLでしか経過を追ってないし、NHKのニュース9でダイジェストを見た程度なので、さらに詳しいことはこちらをご覧ください。
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへにほんブログ村 野球ブログ ヤクルトへblogramによるブログ分析(Ser.7919・3,528日連続更新)
9月16日のパ・リーグ
◇楽天6―4ロッテ(コボスタ宮城)
 楽天が逆転勝ち。2点を追う4回に嶋の適時打や敵失などで3点を奪い、5回にジョーンズの2ランで突き放した。松井裕は本拠初勝利。

ソフトバンク5―0オリックス(京セラドーム大阪)
 1位と2位の直接対決は、ソフトバンクが快勝して先手を取った。2―0の5回、李大浩の3ランで突き放した。大隣は今季初完封で3連勝。

◇西武6―0日本ハム(西武ドーム)
 西武が3連勝。3回、秋山のソロで先制し、5回は浅村の2ランなどで加点した。日本ハムは10安打を放ったが、拙攻で零封負け。

9月16日のセ・リーグ
◇ヤクルト5―3阪神(神宮)
 ヤクルトは6回、飯原の2ランで逆転、8回はバレンティンのソロでリードを広げた。好救援の七條が2勝目。阪神は3連勝を逃した

◇巨人7―1広島(マツダ)
 巨人が逆転勝ち。1点を追う6回に坂本、村田の適時打で3点を挙げ、7回は長野のソロ本塁打で加点。菅野は8回途中1失点で11勝目。

◇中日6―0DeNA(ハマスタ
 中日は1回に高橋周の適時打などで3点を挙げると、9回は森野の適時打と敵失でダメ押し点を奪った。武藤は5回無失点で、初先発勝利。

こちらも個々の試合に関するさらに詳しいことはこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 野球ブログへblogramによるブログ分析

セはDeNAと横浜(4位か5位)、パはロッテ・西武・楽天(4〜6位)の順位は変わるかもしれませんが、あとはそのままなような気が…

セが巨人、パはソフトバンクというのは管理人のシーズン前の予想通りですが、それじゃあ世間の想定どおりで面白くない…

という流れでこの本。

おかしいことを「おかしい」と言えない日本という社会へ

この際なので、巨人中心のセ・リーグはおかしいと言ってみるテスト←単なる負け惜しみともいう

それはともかく、フィフィさんに突破口を開いてもらうまではいいとして、おかしいことを「おかしい」と声を上げて、正しい(あるべき)方向へ変えていくのは日本人自身がやること…

本フィフィおかしいことを「おかしい」と言えない日本という社会へ」(祥伝社

「よくぞ言ってくれた! 」ネットユーザーが快哉を叫んだ、待望のフィフィ初単行本
歯に衣着せぬツイートがネット上で大人気!
エジプトから来た「ファラオの申し子」フィフィが、日本の抱える諸問題に斬りこみます。
なぜ日本人は自国の諸問題にもっと真面目に向き合わないのでしょうか。
原発、メディア、愛国心、性の乱れ、在日外国人問題等、挙げればきりがないほど、たくさんの問題が私たちの周りには存在します。
著者は、声高に議論されない、さまざまな問題について問題提起していきます。
本書は、鋭い国際感覚をもった外国人著者ならではの、社会問題についての日本人への提言書です。
これによって国際社会の中であるべき日本人像が見えてくることでしょう。

第1章―日本人のおかしなところ
・メディアに使われている日本人
・失われる日本人のアイデンティティ
・男女が抱える性の問題

第2章―フィフィを形作るもの
・「人と違う」ことに悩んだ学生時代
・私を支えてくれた三人の恩人

第3章―なぜ私は日本のために意見しているのか
・報道されなかった「アラブの春」の真の姿
・そして「フェイスブック革命」は起こった

第4章―外国人を甘やかす日本というシステム
・優先すべきは日本人学生
・外国人への生活保護支給のおかしさ

第5章―日本人にとって未知のままのイスラム社会
・あなたの知らないイスラム女性
・イスラムの日常生活

第6章―グローバルな視野をもつために
・なぜわれわれは外国語を学ぶのか
・外を知る前に内を知れ

【著者紹介】
フィフィ
1976年、エジプトに生まれる。テレビやラジオのコメンテイターとして活躍中。ニックネームは「ファラオの申し子」。
2歳の時に家族で日本に移住し、大学まで日本の学校で学ぶ。その後日本人と結婚、現在1児の母。
2011年、ジャスミン革命に端を発するアラブの春について書き綴ったブログが世間の注目を集める。
以来ツイッターで国内外の社会問題について舌鋒鋭くつぶやき続けている。
【2013年9月発行/2014.5.25読了】


【備忘録】
第1章―日本人のおかしなところ
1 メディアに使われている日本人
・(著者自身が心がけているのは)問題提起のみのツイート
・問題提起するとき、まず一般論を持ち出すのは当たり前
・原発問題は国家間のビジネスも影響している
・(一部の芸能人は)TVの限界、TVの終焉がやってくるのではということに気付き始めている
・ノーギャラだからこそ「歯に衣着せぬ」発言ができる

2 失われる日本人のアイデンティティ
・「郷に入りては郷に従え」の精神を持たない外国人もいる
・戦争当事国が同じ歴史認識を共有しないのは特別なことではない
・戦後の日本が教わったのはアメリカにとって都合の良い歴史認識

3 男女が抱える性の問題
・「女性は母体である」ことに自覚のない女性が多い
・社会全体で育児を支えていこうという意識が大事

第2章―フィフィを形作るもの
1 「人と違う」ことに悩んだ学生時代
・いじめをする人たちは、無知で、マジョリティとの違いを持つ人に慣れていない
・中学までは外国人であることに悲観的だったものの、成長するにつれて、個性のあることや目立つことはメリットかもしれないと感じるようになり、それどころか人と違うことに味をしめて、外国人であることを有効活用する術を身につけてしまった
・人と違うのは個性、それを活かすのが才能。それに気づかせるのが教育

2 私を支えてくれた三人の恩人
栗原 勇蔵 日本代表 R パニーニフットボールリーグ Panini Football League 2014 02 pfl06-131 - 栗原 勇蔵 日本代表 R パニーニフットボールリーグ Panini Football League 2014 02 pfl06-131 -
・日本の女性は、欧米女性ではなく、日本を支えた日本女性の姿に学ぶべき

第3章―なぜ私は日本のために意見しているのか
1 報道されなかった「アラブの春」の真の姿
・日本のニュースメディアの情報は、欧米メディアが流すものの受け売り
・腐敗しきっていたムバラク政権
・政府は政治に対する国民の関心をそらせるために国民に積極的に娯楽を与えた

2 そして「フェイスブック革命」は起こった
・今の日本は、国民を第一に考えているのか?

第4章―外国人を甘やかす日本というシステム
1 優先すべきは日本人学生
・反日的言動を繰り返す国の若者を多く受け入れることにどれだけのメリットが期待できるのか?
・日本の奨学金制度は名ばかりで、実態は学生ローンそのもの
・外国人への生活保護支給のおかしさ
・自国の若者を大切にしない国は、いずれ滅びる

2 外国人への生活保護支給のおかしさ
・戦時中の事情で得られた権利なら、二世くらいまででいいのでは?
・サイレントマジョリティになるべからず

第5章―日本人にとって未知のままのイスラム社会
1 あなたの知らないイスラム女性
・体毛の脱毛は衛生的事情から
・結婚とは契約、夫婦別姓、一夫多妻(ただし、平等に扱うこと)

2 イスラムの日常生活
・能力に合わせて仕事を配分する分業システムによる「共生」
・豚を食べないのは不衛生だから

第6章―グローバルな視野をもつために
1 なぜわれわれは外国語を学ぶのか
・語学を学ぶ前に、視野を広げて世界を見るような教育から
・必要となればいつからだって身につくもの

2 外を知る前に内を知れ
・まず日本を知った上で、海外の良い物を取り入れるのが筋

おわりに
・日本の未来は日本人が変えていくべき

【参考書評等】
ネオ HIGH PRECISION
なおきのブログ
世界で一番反日なのは!?それは日本人。
ノエトス・トポス〜〜他人を思いやること〜
おかしいことを「おかしい」と言えない日本という社会へ フィフィ テレビで韓流批判・在日朝鮮人批判をぶったところ即時に追放(★阿修羅♪ > 議論31 > 110.html)
フィフィが提唱 社会問題、宗教、性…なんでも表現できるSNS時代の「匿名力」(Business Journal)
【読書】『おかしいことを「おかしい」と言えない日本という社会へ』(togetterまとめ)
Amazon書評
読書メーター

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogramによるブログ分析


posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:34 | 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(2) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

岩田、またも勝てず
Excerpt: 試合の流れとしてはそんなに悪くなかったが。要所要所でバッテリーの注意力や洞察力が足らんかったかな。梅野にはいい教訓になったかもしれん。
Weblog: 虎談巷説 阪神タイガース的日常
Tracked: 2014-09-17 07:24

【阪神】ヤクルトに逆転負け
Excerpt: (神宮) 阪  神000 120 000=3 ヤクルト101 002 01X=5 <投手> (神)岩田−安藤−高宮−歳内 (ヤ)徳山−七條−秋吉−バーネット ○七條2勝1敗 Sバーネット2敗14S..
Weblog: FUKUHIROのブログ・其の参
Tracked: 2014-09-18 12:20
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。