2014年05月22日

マー君レギュラーシーズン無敗記録ストップの件を前振りに、5月21日のセ・パ交流戦+α

連勝もいつまでも続くもんじゃないし…

野球5/21 カブス6−1ヤンキース
さらに詳しいことはこちらをご覧いただくとして、
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 野球ブログへblogramによるブログ分析(Ser.7678・3409日連続更新)
動画
というのだけLiveで見れた昨日のセ・パ交流戦の結果。
5月21日のセ・パ交流戦
ソフトバンク2―1広島(ヤフオクドーム)
 ソフトバンクが接戦を制した。同点の8回無死一、三塁、今宮の左前適時打で勝ち越した。広島は2番手の永川勝が粘れなかった。

ロッテ9―6ヤクルト(QVCマリン)
 ロッテが3連勝。クルーズの2打席連続適時打、加藤の3ランなどで2回までに8点を奪い、主導権を握った。ヤクルトは石川が乱調だった。

◇中日4―3日本ハム(札幌ドーム)
 中日が連敗を4で止めた。同点の6回、2死から連打で一、三塁とし、大島の左前適時打で勝ち越し。5投手の継投で逃げ切った。

◇巨人4―3西武(西武ドーム)
 巨人は2点を追う9回、2死満塁から村田の走者一掃の3点適時打で逆転。抑えのマシソンが1点を守り切った。西武は5投手の継投実らず。

阪神7―6オリックス(京セラドーム大阪
 阪神が競り勝った9回2死からゴメスが左越えに勝ち越しのソロを放った好救援の安藤が2勝目。オリックスの連勝は6で止まった。

◇楽天―DeNA(コボスタ宮城・雨天中止)
個々の試合に関する詳しいことはこちらをご覧いただくとして、
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 野球ブログへblogramによるブログ分析
ということで、この試合の詳細スコア。
野球5月21日(水)18:01〜 オリックス−阪神・2回戦(1勝1敗、京セラドーム大阪、3時間57分、34039人)
阪 神 201 003 001|7
オリックス 020 040 000|6
動画ダイジェスト
【投手】
(神)榎田、鶴、加藤、安藤、呉昇桓−鶴岡、清水
(オ)東明、マエストリ、比嘉、馬原、佐藤達−伊藤、山崎勝
【責任投手】
(勝)安藤19試合2勝1敗
(S)呉昇桓19試合1勝11S
(敗)佐藤達21試合1勝1敗1S
【本塁打】
(神)新井貴2号2ラン(6回、比嘉)ゴメス8号ソロ(9回、佐藤達)

(オ)安達3号3ラン(5回、鶴)
得点経過
1回表:鳥谷 1アウト3塁の1-0から先制タイムリーヒット、マートン 2アウト2塁の3-2からショートへのタイムリー内野安打で計2点(オ0-2神)
2回裏:安達 センターへタイムリーツーベース、榎田(投):暴投で計2点(オ2-2神)
3回表:鳥谷 1アウト2塁の1-1からライトへのタイムリーツーベース(オ2-3神)
5回裏:ペーニャ ショートゴロの間、安達 2アウト1,3塁からレフトスタンドへの勝ち越し3ランホームランで計4点(オ6-3神)
6回表:坂 ショートゴロの間新井貴 左中間への同点2ランホームランで計3点(オ6-6神)
9回表: ゴメス 1-0からレフトスタンドへのホームランで阪神勝ち越し(オ6-7神)
【戦評】
 阪神が逆転で乱打戦を制した。一回に鳥谷の適時打などで2点を先行。3−6の六回は代打・新井貴の2ランなどで同点。九回にはゴメスの8号ソロで勝ち越した。安藤が2勝目、呉昇桓は11セーブ目。オリックスは一度は3点リードするも逆転負け。6連勝で止まった。
NHKのニュース9で放映された時点では安達の3ランまでで、試合が終わったことにはなっておらず。報道ステーションまでは見てはいないし、翌朝も新井さんとゴメスのHR映像しか見れなかったので、この試合に関するさらに詳しいことはこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへにほんブログ村 野球ブログ オリックスへblogramによるブログ分析
  ↑  ↑  ↑
安達も含め、3ホームランともよく飛んだね。京セラドーム大阪も空調アシスト入ってる?

最後に、昨日のナビスコカップは結果のみ。
5月21日(水) 2014ヤマザキナビスコカップ
<A組>
F東京 2 - 3 清水(19:00/味スタ/8,749人)
得点者:8' 高木俊幸(清水)、18' エドゥー(F東京)、21' 大前元紀(清水)、57' ノヴァコヴィッチ(清水)、87' エドゥー(F東京)

G大阪 2 - 1 鹿島(19:03/万博/8,103人)
得点者:4' 倉田秋(G大阪)、72' ダヴィ(鹿島)、80' 米倉恒貴(G大阪)

神戸 3 - 2 鳥栖(19:04/ノエスタ/3,850人)
得点者:42' 松村亮(神戸)、54' マルキーニョス(神戸)、89' 播戸竜二(鳥栖)、90'+3 森岡亮太(神戸)、90'+4 播戸竜二(鳥栖)

<B組>
大宮 0 - 2 名古屋(19:02/NACK/4,681人)
得点者:61' 田中マルクス闘莉王(名古屋)、83' 矢野貴章(名古屋)

3 - 0 新潟(19:04/柏/5,517人)
得点者:9' 田中順也(柏)、34' 茨田陽生(柏)、58' 渡部博文(柏)

徳島 1 - 4 甲府(19:01/鳴門大塚/3,574人)
得点者:5' 水野晃樹(甲府)、20' クリスティアーノ(甲府)、25' 大崎淳矢(徳島)、45'+3 水野晃樹(甲府)、90' 福田健介(甲府)
個々の試合に関する詳しいことは(2013年度のJ1、J2各クラブ(3月決算の柏、磐田を除く)の経営情報開示の件も含め)こちらいただくとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 サッカーブログへblogramによるブログ分析
これ以上の掘り下げは処分が決まってからにしますが、相手を貶めても自分たちが上がるわけではないのに(^_^;)


posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 07:22 | 神奈川 ☔ | Comment(0) | TrackBack(1) | 野球全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

<NPBセパ交流戦>マリーンズは連日の乱打戦を制して連勝(追記:田中将大投手連勝ストップ)
Excerpt: 勝ちました。
Weblog: つらつら日暮らし
Tracked: 2014-05-22 19:19
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。