2014年11月22日

衆議院解散で12月14日総選挙となりましたが、【2014年検証編・その1】「日下公人が読む2014年〜日本と世界はこうなる」

解散総選挙そのものについての詳しい論評はこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 政治へ人気ブログをblogramで分析(Ser.8047・3,591日連続更新)
選挙のたびに問題となる「一票の格差」の件。格差を完全に解消するには「得票数を国会の議決権に反映させる」(選挙で10万票獲得して当選した議員は10万の投票権を持つ。5万票で当選した議員は5万の投票権しか持たない。)しかないと思うんですが…
憲法第56条
@両議院は、各々その総議員の三分の一以上の出席がなければ、議事を開き議決することができない。
A両議院の議事は、この憲法に特別の定のある場合を除いては、出席議員の過半数でこれを決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。
憲法解釈上は定足数、表決についての各議員が持つ価値は同じであり、議員の得票数や選挙区の投票者数を反映させて、議決権の価値を変更することはできないとされております。どうしても議決権に格差をつけるならば憲法改正手続きが必要になります。
浅尾慶一郎サイトより引用

前振りはここまでにして、この「得票数が多い代議士には議決権を多く与えてもいいのでは」ということも書いてあったこの本の紹介。

日本と世界はこうなる 日下公人が読む 2014年〜

この本は2月上旬に読了していますが、この本の性質的に読書感想文は読了後できる限り早いうちにUPするよりも、2013年版のときのように年末あたりに実際に書いたとおりになっているかどうか検証した方がいいでしょう

(当該エントリーでは、2009年版2012年版も遡及して検証)

本年版の要旨は「まえがき」に記載のとおり、
1.2014年はグロバーリズムからローカリズムへ世界が変わる。
>ウクライナとかバスクとかある程度当たり

2.そのとき多くの国はアイデンティティ・クライシスに襲われる。
>1が当たりなら、そういう方向かな?

3.一番アイデンティティのある大国は日本だから、世界は日本を学ぶようになる。
>これはよくわかりません

4.来年はアイデンティティ・クライシスに起因する混乱と分解が多発する。
>ということで、ひいき目に見て当たりと解釈しましょう


そして、各論では
1.EUで生き残るのはドイツのみ。

2.アメリカは人種戦争。白人比率はあと数年で5割を切る。モンロー主義に戻っていく。

3.中国は言語権別に分解。日本が屈すれば南シナ海は中国の要塞となる。

4.数字ではなく文化・精神・思想・道徳が問題になる。

5.ローカリズムが勝ちエスニシティの時代になる。

6.地方・民族・国の価値が主役になる。

物は言いようで、この表現では何かしら当たっているとも言えるわけですが…

それより(前々から他の著書でも言っている)中国はいつになったら分裂するの?

本日下公人が読む2014年〜 日本と世界はこうなる」(WAC
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
実は、世界は「グローバリズム」から「ローカリズム」に変わる!中国の分解、米国の自信喪失と迷走がはじまる!EUは衰退の一途、残るのはドイツだけ!欧米だけでない、人種問題が世界的な問題になる!安倍外交の画期的な成果が見えてくる!

【目次】
まえがき

第1章 これからの世界情勢──EUは衰退の一途でアメリカ、中国は分裂する
EUで生き残るのはドイツだけ
アメリカでは、人種戦争がはじまる
これから出てくる世界的な問題は、人種問題
言語差、学歴差、階級差
なぜ、また人種差別が問題になるのか
中国の分解要素は、言語と都市戸籍・農村戸籍の問題
三十年周期でとらえても、中国はそろそろ分解する
日本版CIAが必要だ

第2章 日本は米、中、韓とは、どんどん距離を置け
日本はアメリカ、中国とはどんどん離れればいい
日本企業は海外進出しても権益の確保をきちんとやってこなかった
日本は海外で大金を捨ててきた
いまの韓国の対日姿勢は、日本が甘やかしてきた結果
毛沢東は、共産党が政権をとれたのは「日本軍のおかげ」と言っていた
アメリカとは、州とつき合う

第3章 日本は海外に対して「優位戦」を展開せよ
下手に出る「劣位戦」から「優位戦」へ
外務省、経済産業省の官僚に代わって、優位戦ができる人材が必要だ
なぜ日本は海外交渉で劣位戦を続けてきたのか
日本人も中国、韓国の態度にはさすがに腹を立てはじめた
「村山談話の引用は一切止めるべき」と書いた元外務事務次官
外務省はもちろん、日本企業も危機管理が甘い
現地の裏情報がとれるくらいでないと、本当の仕事はできない
ビジネス界から優位戦のできる人材を入れる
オールジャパンの団結をつくるのもビジネスの一つ
日本が国際社会のルールをつくる国になる
すでに安倍首相は「優位戦」を展開している

第4章 財政再建はいくらでも方法がある
財政赤字の諸悪の根源は財務省である
役人には先見性がない
消費税を上げる前にやるべきことはいくらでもある
消費税導入の歴史を振り返って見えてくるもの
財政赤字を言うなら、まず役人が身を慎んでもらいたい
公務員の採用や人事を変える必要がある
社会保障制度はいまのままでいいのか
社会保障制度の淵源は、国家にとって都合のいいもの
社会保障制度は余計で、国民に対して失礼だ
国家に頼るか、自己責任で何とかするか
国家の最適規模を考えなければならない

第5章 これからの日本の課題
 第1節 成長戦略をどうとらえるか
  インフレがいいかデフレがいいかは立場によって違う
  日本はさらに経済成長するほうがいいのか、しなくていいのか
  TPPは是々非々でいい
  技術は必ず移転する
  アメリカは自国の利益を守るためには、あらゆる手段をとる
  いますぐには必要ない不要不急産業が、成長産業
  高齢化を生かせばいくらでも新たな産業は生み出せる
  海外に企業のOB村をつくればいい
  元気な高齢者が社会を変える

 第2節 日本が直面している問題を一挙に解決する
  「スパイ防止法」を持っていない国は、一人前とは言えない
  自衛隊のイメージがよくなり、海上保安庁志願者が増えている
  全国一区の選挙制度にすれば日本は変わる
  落選議員に退職金を五億円出せば、現職議員も賛成する

エピローグ 多様な幸せの時代に

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
日下公人(クサカキミンド)
評論家。日本財団特別顧問。社会貢献支援財団会長。三谷産業株式会社監査役。日本ラッド株式会社監査役。1930年、兵庫県生まれ。東京大学経済学部卒業。日本長期信用銀行取締役、(社)ソフト化経済センター理事長を経て東京財団会長を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【2013年12月発行/2014.2.8読了】

【備忘録】
第1章 これからの世界情勢―EUは衰退の一途でアメリカ、中国は分裂する
・「歴史は繰り返す」の節目は短期では30年、長期では300年、一千年
・ヨーロッパの国々が余裕がなくなったのは、ドイツ以外の国民が働かないから
・人種問題は世界的な問題に。そのとき、日本が世界のためにどうするか主体的に考えないといけない
・中国三千年の歴史は異民族が弱肉強食で隣地に侵入してすべてを奪ったのち、交通の要地に都市を作って住み、周辺を支配した歴史
・今のところ中国のアイデンティティは拝金と反日
岡田英弘著作集 2

第2章 日本は米、中、韓とは、どんどん距離を置け
・経済が大事なら、世界は日本とドイツの真似をするしかない。それ以外では略奪か詐欺で儲けようと方法しかないが、しばらくすればそれも通用しなくなる
・国際競争力をつけたいのであれば、まったく別種の新産業を起こすこと。それを主導するのは東大をトップとする学校秀才ではない

第3章 日本は海外に対して「優位戦」を展開せよ
・日本の指導者がいまだに敗戦国の心理を引きずっていれば、相手国はそこをついてくる
・日本人独自の精神構造「相手の悪口は言わない」「過去は水に流す」「非礼を行う相手はやがて自滅する」「天道が許さない」「こちらが一歩引いた礼儀正しい態度で接すれば、相手も礼儀正しい態度で応対してくれる」などは日本人同士では通用しても、海外では通用しない
・日本人が中国に対して怒りだしたのは毒入り餃子事件あたりから
・すでに安部首相は経済以上の異次元での外交をやっている

第4章 財政再建はいくらでも方法がある
・IMFが「日本は消費税上げて財政再建をしなければいけない」と言っているのは、財務省からIMFに出向した人が言っているのにすぎない
・もともと将来予測は外れやすい←外れた時の言い訳早w
・本当に財政再建が必要なら「徳政令」でもすればいい。日本人はあんまり怒らない
・「直接税は国民と対決関係になりやすいからなるべく間接税で取りたい」と元大蔵省主税課長(当時)の野村が言っていたが、自分もそう思う
・消費税を上げるなら、所得税は下げるべき。
・まともな政府になれば国民はきちんと働いて、自然に税収が増えて、二十年もすれば借金は返せる
・国家は国民に、二十年も三十年も先まで約束するな
・人間集団の規模を小さくすれば、自然に近隣の相互扶助が盛んになって国家の負担は軽くなる

第5章 これからの日本の課題
・日本は水と土がいい。さらに工夫も重ねているから、農業がなくなることはない。(安い輸入品か高くても旨くて安全な国産品を選ぶか)それを選択するのは消費者
・これからの成長分野のキーワード「高齢者用」「男性用」「ペット用」
・新しいものには名前がない
・海外に日本人村を作ればいい
・高齢化社会が進んで、元気な老人が多くなれば、これまでの常識をくつがえすようなことが出てくるのではないか。それが成長戦略につながると思う
・国防強化が戦争を招くというのはイデオロギー的。リアリズムで考えれば、いまは勢力の均衡による平和が必要
・得票数が多い代議士には議決権を多く与えてもいいのでは

【参考書評等】
優位戦思考で「日本を取り戻す」日下公人氏に聞く安倍首相の「アベノポリティクス」
Amazon書評
読書メーター

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogramによるブログ分析


posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:18 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。