2014年03月01日

今日からJリーグ開幕ですが、久々の読書感想文「逆説 明治維新 書き換えられた近代史」榊原英資

本題に入る前に、今日からJリーグ開幕。天気があんまりよくないようですが…
当ブログでは既に「2014年のJリーグ展望」として「J1編」と「J2&J3編」をUPしてますので、ここでは新たな見解を述べません。
なので、さらに詳しいことはこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 サッカーブログへblogramによるブログ分析(Ser.7516・3327日連続更新)

2014J1第1節(開幕戦)】
[3月1日開催分]
14:00 仙 台 - 新 潟(ユアスタ)
14:00 甲 府 - 鹿 島(国 立)
14:00 名古屋 - 清 水(豊田ス)
14:00 C大阪 - 広 島(ヤンマー)
14:00 鳥 栖 - 徳 島(ベアスタ)
15:00 柏 - FC東京(柏)
19:00 G大阪 - 浦 和(万博)
[3月2日開催分]
13:00 横浜M - 大 宮(日産ス)
16:00 川 崎 - 神 戸(等々力)

【3月2日開催・2014J2第1節(開幕戦)】
13:00 東京V - 松 本(味スタ)
13:00 岐 阜 - 讃 岐(長良川)
14:00 磐 田 - 札 幌(ヤマハ)
15:00 水 戸 - 大 分(Ksスタ)
15:00 横浜FC - 愛 媛(ニッパ球)
15:00 岡 山 - 富 山(カンスタ)
15:00 北九州 - 京 都(本 城)
15:00 熊 本 - 福 岡(うまスタ)
16:00 千 葉 - 栃 木(フクアリ)
16:00 湘 南 - 山 形(BMWス)
16:00 長 崎 - 群 馬(長崎県立)
今日、明日開催のJ1&J2開幕カードの時間と場所を記載しておきます。

で、Jリーグも22年目となり、それなりの歴史的蓄積を重ねてきましたよね。
キングカズがまだ現役なのがレジェンドですが…

という流れで、本題は歴史関連本。

逆説 明治維新 書き換えられた近代史 誰が、いまの日本をつくったのか

著者の専門分野は国際金融や国際経済ですが、本人はつねに「歴史」にも強い関心を持っていたとか。

それは、現実をしっかり分析するためには視野を縦横に広く取っておかなければならないとかねてから思っていたから。

「横」に広く取るというのは「グローバル」にものを見ること

「縦」に広げるというのは「歴史的経緯」を踏まえて現状を分析すること

この2つの軸に基づく視点が大事なことはよくわかりました。

それと、「歴史(通説)は勝者が書く」ということも…

本榊原英資逆説 明治維新 書き換えられた近代史」(日本文芸社
守旧派・幕府が、開明派・薩長に敗れたというのがこれまでの明治維新のとらえ方だが、真実は、開明開国派であった幕府が、攘夷を口実にする守旧派・薩長にクーデターを起こされたという実像を暴き、江戸時代から脈々と続き、現代日本を作り上げたものや、人々を解き明かす。経済評論家の榊原英資が著す、従来と違う、敗者の視点から見たもうひとつの日本近代史。
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
敗者の視点からみた日本・近代史の真実!外圧と闘い、いまの日本の礎を築いた人々の実像に迫る!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 開国を決断した徳川幕府こそ開明派だった
第2章 思想対立ではなく党派対立から頓挫した「開国政策」
第3章 尊皇攘夷論はいかにつくられたか
第4章 薩長同盟に隠された真の狙い
第5章 攘夷から再び開国に転じた日本の進路
第6章 敗者の目からみた明治維新の真実
第7章 四〇年の遅れを取り戻すための富国強兵政策
第8章 実は明治維新を準備し、新政府を支えたのは幕臣だった

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
榊原英資(サカキバラエイスケ)
1941年、東京都生まれ。東京大学経済学部卒業後、大蔵省に入省。ミシガン大学で経済学博士号取得。IMFエコノミスト、ハーバード大学客員准教授、大蔵省国際金融局長、同財務官を歴任する。為替・金融制度改革に尽力し、「ミスター円」と呼ばれる。1999年、退官後、慶應義塾大学教授、早稲田大学教授を経て、青山学院大学教授、財団法人インド経済研究所理事長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【2013年6月発行/2014.1.19読了】

【備忘録&所感】
まえがき
・日本の歴史的特徴
1.歴史が始まって以来、他国・他民族に一度も征服されたことがない
>太平洋戦争終結時の進駐軍は?
2.日本ほど長いこと平和を維持した国も他にあまりない
3.民族的・文化的同質性が高く、極めて穏やかな社会環境を維持し、人々の親和性も他国に比べ際立って高い
4.かっては中国文明、明治以降はヨーロッパ文化を移入し、次第にそれを自家楽籠中のものにしユニークな日本文化を作ってきた
・歴史をしっかり踏まえるということは現在の経済、社会状況を分析するために極めて重要

第1章 開国を決断した徳川幕府こそ開明派だった
・歴史は勝者によって描かれるので、多くの人たちは薩摩や長州が開明派で幕府がこれに抵抗をしていたかと思いがちですが、事実はまったくその逆。幕府側は長崎等を通じてアヘン戦争などの国際情勢についての知識は持っていたが、天皇周辺には情報が希薄

第2章 思想対立ではなく党派対立から頓挫した「開国政策」
>つい最近の日本政界でも、親小沢一郎か反小沢かで対立があったり、歴史は繰り返すよね…

第3章 尊皇攘夷論はいかにつくられたか
・過激な攘夷思想がテロリズムまで正当化(寺田屋事件
池田屋事件〜新選組が京都を火災から救い、テロを未然に阻止したことは事実として認識されなくてはならないでしょう

第4章 薩長同盟に隠された真の狙い
・日本に四度あった鎖国時代
1,遣唐使廃止(894年)〜平治の乱(1159年)
2.元寇(1274年文永の役・1281年弘安の役)〜日明貿易の再開(勘合貿易開始1404年)
3.徳川幕府の鎖国令(1636年)〜ペリー来航(1853年)
4.日露戦争集結(1905年)〜第二次世界大戦終了(1945年)
〜いずれの場合も国際的混乱に対応して日本が内向きに転じ、中国や欧米との接触を大きく減らしていった時代
〜前の時期に移入した外国文化を咀嚼しつつ、日本独自の文化を育てていった時代
〜それぞれの間の時代は「動乱の時代」
・日本人の鎖国メンタリティが攘夷の風潮となっていく
>近頃の嫌韓・嫌中も同じ流れ?
・倒幕の大きな力となったグラバーの暗躍〜ワイロは一銭も使ったことがない。相手側もそういうことをした人はいない(立派な日本のサムライ根性でやった)
グラバー家の最期 日英のはざまで
・グラバーの武器取引の裏にいた坂本龍馬
龍馬の黒幕 明治維新と英国諜報部、そしてフリーメーソン 歴史ノンフィクション
・倒幕目的よりも互恵的経済取引だった薩長同盟〜武器を薩摩藩名義で購入し長州へ。長州からは食料を薩摩へ

第5章 攘夷から再び開国に転じた日本の進路
・薩摩も長州も外国(主に英国)と戦ってみて改めて「攘夷」だけではかなわないと開国&強兵へ
・政策判断として正しかったのが幕府、誤っていたのが朝廷と薩摩、長州
・いつの時代でも「革命」のエネルギーはしばしば不合理な大衆感情から生まれることが少なくない
・明治維新を可能にしたのは、日本中に急速に拡大していった鎖国メンタリティよ攘夷のエネルギー

第6章 敗者の目からみた明治維新の真実
・開国を決断実行したのは徳川幕府であって、明治政府の中核を占めた朝廷や薩摩・長州ではない

第7章 四〇年の遅れを取り戻すための富国強兵政策
・官僚制度、大学制度を整備した伊藤博文
・尊皇攘夷から尊王開国へ〜政策的には幕府の正しさが証明され、権力闘争では幕府が敗北
・「尊皇攘夷」とは、ただ幕府を倒すための口実
・「昭和維新」は攘夷権を東アジアに拡大したもの
・尊王攘夷はいつの時代でも日本では大衆受けのするスローガン

第8章 実は明治維新を準備し、新政府を支えたのは幕臣だった
・福沢諭吉は勝海舟を「幕府を明治政府に売り渡し、さらに自分はその新政府に仕えるという二重の背任行為をした」と批判しているのは、福沢本人の勝への妬みに近いように思える
(福沢自身は薩長藩閥と対立し、新政府内での出世の道が閉ざされたので、言論界へ進出せざるを得なかった)
・幕末の動乱は日本の植民地化の危機だった。タイも王室は維持されたものの、事実上イギリスの強い統制下にあった
・徳川慶喜、勝海舟らが幕府内の抗戦派を抑え、官軍に恭順を誓ったのが結果として日本の植民地化の危機を回避した
・産業革命を経ずに長い間平和な時代を過ごしてきた日本が工業力や軍事力で遅れていただけで、人々の豊かさという点では、日本はヨーロッパより進んでいたさえ言えるのでは?
江戸時代の遺産 庶民の生活文化
・少なくとも第二次世界大戦までは江戸の文明は欧米化の影響を受けながらもかなり残っていたのでは(村落共同体:庄屋・組頭・百姓代が仕切っていたシステムや長子相続を基本とする直系家族など)
・ライフスタイルが大きく変化したのは実は第二次世界大戦後
・日本はその文化、伝統を継承しながら、維新で富国強兵策に踏み切り、欧米による植民地化を避けた〜明治維新は統治システムの変革ではあったが、社会構造や国民生活を大きく変えたわけではない
・開国維新に成功して世界有数の豊かな成熟国家となった日本の課題は、今後、この環境・安全・健康の面での日本の優位をいかに維持し、それを世界に発信し貢献していくかということ


【ご参考】
商売の合間にひっそりと記録するためのブログ
(衆議院議員・維新の会)中山成彬氏のfacebookから
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogramによるブログ分析

なお、「2014ベルマーレクイーンのインターネット投票」は既に終わってしまいましたが、非公式には開幕戦のキックオフの時間(16時)まで引っ張ります。

3月2日山形戦タイムスケジュール」によれば15時発表予定のようですが…


posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:11 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。