2014年02月08日

ソチ五輪開会式の件を前振りに、川辺謙一「図解・首都高速の科学」

夜中に目が覚めたら、ちょうどソチ五輪の開会式が始まるところだったんで、日本が出てくるまで中継見ようとしたら、なんと最後に出てくる開催国ロシアのひとつ前とわね。
結局、このエントリー更新時刻まで起きてました(^^;)
androidapp/729797140208051519-511512802.png
五輪がアウディになってしまったとか、おひとりさま参加が14か国とか、マスコットがかわいくないとか、その開会式の模様は逐次Tweetしてましたが、さらに詳しいことはこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 スポーツへブログランキングならblogram (Ser.7474・3306日連続更新)
渋滞したら料金割高にするって、6年後の東京五輪までに首都高をはじめとする交通網整備をどげんかせんとあかん。まずはこの本で現状分析から。

図解・首都高速の科学 建設技術から渋滞判定のしくみまで

第1章の都心環状線と第3章の羽田・横羽線&湾岸線、第5章の中央環状線の解説がどっかで読んだことがあるような文体…
川島令三東京圏通勤電車どの路線が速くて便利か

それはさておき、管理人自身の首都高速の経験値は、

🚗都心環状線(全線・内回り&外回りとも)
🚙1号上野線、羽田線(全線)
🚗3号渋谷線(全線)
🚙4号新宿線(全線)
🚌5号池袋線(竹橋JCT→美女木JCT)
🚗6号向島線、三郷線(全線)
🚙9号深川線(全線)
🚗11号台場線(全線)
20131123_日の出桟橋→東京ビックサイト水上バス (21).jpg
🚙湾岸線(全線)
2013-11-18 レインボーブリッジ.jpg
🚌中央環状線(葛西JCT→西新宿JCT、小菅JCT→堀切JCT)
🚗神奈川1号横羽線(全線)
🚙神奈川2号三ツ沢線(全線)
🚗神奈川3号狩場線(全線)
🚙神奈川5号大黒線(全線)
🚗神奈川6号川崎線(全線)
🚌埼玉・川口線(川口JCT→江北JCT)

一方、出入りしたランプ・ICは、
用賀、渋谷、高井戸、美女木、川口、三郷、湾岸市川、空港中央、空港西、平和島、大黒、大師、生麦、横浜東口、みなとみらい、横浜公園、石川町、山下町、新山下、幸浦、並木、阪東橋、永田、狩場

PAは用賀、平和島、加平、千鳥町、芝浦、大師、
D1007628.JPGD1007629.JPG←大黒。

📖川辺謙一図解・首都高速の科学」(講談社ブルーバックス
内容紹介
日本の道路技術のショーウィンドウ
1962年、東京オリンピックに先立って開通した首都高速道路。制約の多い都市部に建設するため、首都高速には常に最先端の道路技術が導入されてきた。そこから日本や世界に広まった技術も少なくない。2020年に再び開かれるオリンピックに向けて、新たな段階に入った首都高速の建設・運営・保守の舞台裏を余すところなく解説する。

<目次>
第1章 首都高速の原点=都心環状線
 1-1 ヨーロッパに続く高速道路
 1-2 「日本初の高速道路」は無料だった
 1-3 都心環状線はなぜ片側2車線でつくられたのか?
第2章 首都高速ネットワーク
 2-1 首都高速はなぜ生まれたか
 2-2 首都高速道路の誕生
 2-3 ネットワークの拡大
第3章 建設技術の発展=羽田・横羽線と湾岸線
 3-1 首都高速の「都市間輸送区間」
 3-2 住宅地を走るための工夫
 3-3 横浜の都市高速道路
 3-4 長大橋梁と海底トンネル
第4章 交通管制システム
 4-1 渋滞をどう検知するのか?
 4-2 交通管制室と道路情報提供
 4-3 交通障害への対応
第5章 新しい首都高速=中央環状線
 5-1 特殊な高架橋と橋梁
 5-2 中央環状線の地上区間
第6章 山手トンネルの技術
 6-1 山手トンネルはどうつくられたか
 6-2 山手トンネルのふしぎ
 6-3 中央環状品川線
第7章 ジャンクションと立体構造
 7-1 JCTの基本構造
 7-2 首都高速の特殊な立体構造
第8章 首都高速の維持管理と未来
 8-1 首都高速の特徴
 8-2 首都高速を守る技術
 8-3 渋滞を減らせるか
 8-4 無料化は実現するか
 8-5 首都高速の海外展開

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
川辺謙一(カワベケンイチ)
1970年、三重県生まれ。交通技術ライター。東北大学工学部卒、同大学院工学研究科修了。化学メーカーに入社、半導体材料などの開発に従事。2004年に独立し、雑誌・書籍に数多く寄稿。高度化した技術を一般向けに翻訳・紹介している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【2013年11月発行/2014.1.13読了】


【備忘録】
第1章 首都高速の原点=都心環状線
・首都高速と駐車場をセットで建設して、道路交通を改善するため、高架下に駐車場も経営(日本橋兜町駐車場など)


第2章 首都高速ネットワーク
・骨格となる3環状、9放射(都心環状線は含まない)
・首都高速都心環状線は両周りできるが、その後建設された阪神高速1号環状線では一部区間、名古屋高速都心環状線は時計回りの一方通行

第3章 建設技術の発展=羽田・横羽線と湾岸線
・ノージョイント化やジョイント部分の改良で「タタン」という音を低減
・高機能舗装で騒音を小さく

第4章 交通管制システム
・色分けされた渋滞情報
(路線上では5段階)
40Km/h〜 自然流(白)、30〜40Km/h 軽混雑(黄)、20〜30Km/h 重混雑(橙)、10〜20km/h 軽渋滞(赤)、10Km/h未満 重渋滞(紫)
日本道路交通情報センター首都高のHPでは3段階
40Km/h〜 順調(白)、20〜40Km/h 混雑(黄)、20km/h未満 渋滞(赤)
〜通行止めの区間や、閉鎖中の出入口は黒

第5章 新しい首都高速=中央環状線
箱崎ロータリー
〜TCATが箱崎になったのは、成田へのルート上、東京駅から2キロ程度、川を埋め立てた場所で用地が確保しやすかったのが理由
・小松川の7号線との交点にJCT建設中(7号千葉方面⇔中央環状埼玉方面)
・小菅JCT−堀切JCT間の6号線との重複区間〜渋滞が発生しやすい。4車線化拡張工事(外回りは完了、内回りは2017年度完成予定)

第6章 山手トンネルの技術
・中央環状・西新宿JCTは中央高速方面へ行き来できるのみで都心方面へは行けない
(都心の混雑緩和のため)
・大橋JCTはどの方向にもいける(そのために、いつも混んでるが…)
・大橋JCT以南はジェットファンで換気

第7章 ジャンクションと立体構造
・鳥栖JCTの混雑はクローバー型で織り込み交通があるため
・ループ線とPAが一体となった加平出入口
・平面交差点がある美女木JCT
かって首都高速の江戸橋JCT(昔は江戸橋インターと言っていました)には、環状線外回りと、上野線の上りの合流付近に信号があった(本書には記述なし)

第8章 首都高速の維持管理と未来
・管理人的に期待しているのは横浜環状北線(生麦−第三京浜)と横浜環状北西線(第三京浜−東名高速)

【参考書評等】
読書人の雑誌『本』より/『図解・首都高速の科学』著:川辺謙一 首都高速は「走る展望台」
轍のあった道
Amazon書評
読書メーター
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogramによるブログ分析


posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 02:58 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(4) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ソチ冬季五輪開幕 でも開会式でアクシデントも発生(追記:北方四島)
Excerpt: 始まったか。
Weblog: つらつら日暮らし
Tracked: 2014-02-08 16:59

★ソチ五輪・・・開会式
Excerpt: 五輪開会式・・・今回も、一生懸命さは伝わってきたけど感動ってほどではないかな?(汗こちらの感性が低下したのかしら?そうそう!中国選手団!立ち止まってたのは習さんが見えたから?どこでも&ldqu..
Weblog: スナフキン・レポート♪
Tracked: 2014-02-08 19:43

〔ソチオリンピック〕開会式 日本選手団の入場は史上初の最後から2番目 「現代のバッハ」の演説長過ぎ!
Excerpt: 各国選手の入場行進はロシア語のアルファベット順で行われているので 日本」のロシア語表記Японияは当時のIOC加盟国の中で最も後に位置する表記であり、 オリンピック史上初めて日本が開催国1つ前に行進..
Weblog: しっとう?岩田亜矢那
Tracked: 2014-02-09 01:09

首都圏、阪神圏の高速道路、混んでいたら料金割増
Excerpt:  国交省は、都市部の高速道路の渋滞を減らすため、混雑の度合いに応じて料金を設定す
Weblog: たべちゃんの旅行記「旅のメモ」
Tracked: 2014-02-16 08:00
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。