2014年01月26日

NHK籾井勝人新会長就任会見の件を前振りに、坂東忠信「静かなる日本戦区」


NHK籾井会長会見の主なやりとり(朝日)
――慰安婦を巡る問題については。
 戦時中だからいいとか悪いとかいうつもりは毛頭無いが、この問題はどこの国にもあったこと。

――戦争していた国すべてに、慰安婦がいたということか。
 韓国だけにあったと思っているのか。戦争地域にはどこでもあったと思っている。ドイツやフランスにはなかったと言えるのか。ヨーロッパはどこでもあった。なぜオランダには今も飾り窓があるのか。

――証拠があっての発言か。
 慰安婦そのものは、今のモラルでは悪い。だが、従軍慰安婦はそのときの現実としてあったこと。会長の職はさておき、韓国は日本だけが強制連行をしたみたいなことを言うからややこしい。お金をよこせ、補償しろと言っているわけだが、日韓条約ですべて解決していることをなぜ蒸し返すのか。おかしい。

――会長の職はさておきというが、公式の会見だ。
 では全部取り消します。

――取り消せない。
 会長としては答えられないが、それだとノーコメントばかりになるから「さておき」と言って答えた。

・慰安婦問題「蒸し返されるのはおかしい」 籾井NHK会長会見要旨(産経)
【慰安婦問題】
 慰安婦は、今のモラルでは悪い。僕はいいと言っているのではない。しかし、そのときの現実としてあった。この2つを分けないと分かりづらい。個人的見解だが、韓国だけではなく、戦争地域に僕はあったと思う。ほかの地域になかったという証拠はない。ドイツにもフランスにも、ヨーロッパにはどこでもあっただろう。この問題は、韓国が日本だけが強制連行したように主張するから話がややこしい。それは日韓基本条約で国際的には解決している。それを蒸し返されるのはおかしい。
安倍総理のおメガネにかなった人を選んだから、こういう発言は想定の範囲内?
   ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 政治blogramによるブログ分析(Ser.7448・3293日連続更新)


ということで、この本の作者なら「(より)まともな人がNHKの会長になった」と評価するんでしょうかね?
静かなる日本戦区
表紙が萌え系なのは何を狙っているのか(汗)


ちなみに、今回の東京都知事選挙では田母神候補を応援してます。
天・地・人で選ぶ、東京都知事選候補者。坂東忠信 オフィシャルブログ

そして、この方の本では以前これを読んだんですが…
当ブログ書評
それから2年半。著者が危惧してきたことは徐々に現実に((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

それに仲井真さんも気づいたのかもしれませんね?

急遽、普天間基地の辺野古への移転容認。

でも、名護市長選の結果次第では、白紙に戻って、結局普天間からなし崩し的に米軍撤退。

でも、ホンマに沖縄独立なんてあるんかいな?

ともあれ、中国(という国)には油断も隙もならず、日本国憲法前文でいう「平和と正義を愛する諸国民の公正と正義に信頼して〜」の「平和と正義を愛する諸国民」には該当しないから(以下、本書をお読みください)…


【ご参考】
[ 迷惑 ] Baidu IMEをアンインストール・削除する方法(ヨッセンス)
[ 迷惑 ] hao123がアンインストールできない!? 削除する方法はこちら。(ヨッセンス)

本坂東忠信静かなる日本戦区」(青林堂
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
日本人が知らない中国の思惑を徹底暴露!!

【目次】(「BOOK」データベースより)
1章 沖縄が危ない
(尖閣活動家の証拠作り/中華社会はいつも「超限戦」/国防動員法 ほか)
2章 日本人が知らない中国の思惑
(沖縄ではなく「琉球」/琉球国復国運動基本綱領とは/琉球国復国運動基本綱領 ほか)
3章 中国の日本侵略を手引きする日本国内の左翼
(ごく身近にいる左翼/左翼活動家の目的は?/国際化の後手を踏む日本 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
坂東忠信(バンドウタダノブ)
警視庁巡査を拝命後、交番勤務員、機動隊員、さらに刑事から通訳捜査官となり、在日中国人犯罪者・関係者の取調べにあたる。勤続18年で退職後、県警部外通訳を経て、在日中国人犯罪の実態を描いた「通訳捜査官」で作家デビュー。現場体験と語学と情報人脈を活かし、中国問題関連本を多数発表。ブログやメルマガ、講演で、犯罪発生率の高い反日外国人の脅威と日本の課題を訴えている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【2013年7月発行/2014.1.12読了】

【備忘録】
1章 沖縄が危ない
・中華社会はいつも「超限戦」
〜中華社会においては、生きることがすなわち戦いであり、毎日が掟破りの生存競争
・国防動員法(Wiki
中国 国防動員法の準備か?(日本や世界や宇宙の動向)
櫻井よしこ「中国『国防動員法』の脅威を認識せよ」
中国の「国防動員法」について(教えてgoo)
中国「国防動員法」その脅威と戦略と
・(日本の左に偏りがちな方々が取り上げない)チベットでは、無抵抗なお坊さんたちが多数殺害されている
チベット白書 チベットにおける中国の人権侵害
民主党の「沖縄ビジョン」の危険性
日本が中国の「自治区」になる
・いわゆる平和主義者は理想を実行しますが、その先に発生する問題をまったく見てないし、現実化しても解決する能力がない

2章 日本人が知らない中国の思惑
・沖縄ではなく「琉球
琉球国復国運動基本綱領とは
(原文の載っていた「http://www.cfdd.org.cn/」は今はつながらない)
第七条: 琉球共和国の言語は琉球言葉、中国語、日本語の三大語群があって、
琉球共和国の政府と各州政府は中国の台湾省、福建省東南の方言の語族の琉球言葉と中国語が間近なことを政府の言語にして、政府の提唱は中国語の共通語を推進します。同時に中国語、日本語、英語は民間の通用する言語です。琉球共和国の文字は漢字、日本語の2種類の文字があります。琉球共和国の政府と各州は琉球の歴史の伝統の使う漢字によって政府の文字で、すべての国家機構と国有の企業、社会の機関の文字の資料は規定の国家の政府の文字を使います。漢字、日本語、英文は琉球共和国の民間の通用する文字です。琉球の全区域は繁体の漢字を使います。
・仲間を団結させるには言語を統一し、敵を分断するためには言語の壁を作ることが、多民族国家を一党独裁の中央集権化するためには必要。しかし、これは民族のアイデンティティを喪失させ、愚民化し、隷属化に導く
〜子供は中国語を学校で教えられるが、高年齢者はわからないまま
沖縄「自立」への道を求めて 基地・経済・自治の視点から
・沖縄の基地反対運動は報じる一方で、1992年11月17日の天皇皇后両陛下の沖縄行幸啓の際の沖縄県内の歓迎の様子は報じられない。


3章 中国の日本侵略を手引きする日本国内の左翼
沖縄独立のすすめ [単行本] / 吉田 孝一 (著); 文芸社 (刊)沖縄独立のすすめ
・左翼活動家の皆さん、沖縄を独立させた後どうするのですか?
Yahoo!知恵袋:沖縄県民は結局どうしたいのでしょうか?
・左翼活動家にあるのは、国家への反逆心と「日帝」への恨み〜負の想念が原動力
日本は中国人の国になる
・「正直者がバカを見ない」という公平社会を目指すなら、犯罪発生率の高い外国か来る外国人と日本人との差別化は絶対に必要
・「差別」という言葉自体は悪い状態を示す言葉ではなく、評価を踏まえた区別を指す
〜国際社会に国家があるかぎり、税金を納め続けてその国に骨を埋める本国人と、途中参加でその国に帰属しない外国人には、公正な差別が必要
【在日特権】「重大な犯罪につながりかねない」―通称(通名)に潜む「犯罪インフラ」になる危険性
・被害者意識で箔をつけたい朝鮮民族

当ブログでは2冊まとめて紹介
戦争の記憶 記憶の戦争 韓国人のベトナム戦争
ライタイハンとは(ニコニコ大百科)
ひと目でわかる「日韓併合」時代の真実
・「反日的」ということは「反日本社会的」ということであり、それだけ「反社会的」な犯罪者に重複する部分を多少持ち合わせている
・真の国際化に必要なのは「住基カードの携帯義務」
日本の奨学金はこれでいいのか! 奨学金という名の貧困ビジネス
・天下りじいさんと工作員の巣窟となる大学
・「スパイ天国・日本」の覚悟
無防備国家・日本 侵略、テロ、工作活動、外国人犯罪、全てに弱いスパイ天国
暴かれた9.11疑惑の真相
・国家は工作員に死ぬ瞬間まで工作員であることを全うさせなければいけない
・スパイ同士がいつも対立しているわけではなく、スパイ同士の情報交換が戦争を防止している面もある
・私たちはこうした非情な世界の情報戦の中にいることを自覚しながら、むしろその利用方法と対抗策を考えなけれないけない時代に生きている
・(日本での)北京語の運転免許試験の問題点〜被害に合うのは、間違いなく日本国民
(事故に対応できない/通訳が足りない/違反切符に署名が取れない/譲りあい運転が見につかない/運転免許証記載内容が怪しい/車検も自賠責も手続きしない/車は乗り捨てられる)
・中国の歴史を見ると、王朝が転覆するときに大きな働きをするのは「宗教」
子どもと語る「菜根譚」
日本佛光山・東京佛光山寺 星雲大師プロフィール
この夏は星雲大師に注目!(坂東忠信オフィシャルブログ 2013.7.13)

・日本の「反核」は単に「戦いたくない」だけで、必ずしも反米や民族対立にはつながっていない
・実は中国共産党が一番恐れているのは、台湾人と日本人が連携して台湾が独立し、東シナ海が封鎖されてしまうこと
・表面しか見ない日本人が、目先しか見ない中国人の生存本能に振り回されていることを自覚する人がまだ少ないのは、すでに彼らのしかける「超限戦」の一つである「心理戦」が成功し戦果を挙げているから
・新らしい国防の概念〜「国家防衛」+「国家防犯」「国家防災」
・時と場所と敵に応じた防衛がなければ、国は滅びる
日本を守るには何が必要か

【参考書評等】
杜父魚文庫ブログ
Amazon書評
読書メーター
人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogram投票ボタン


posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:03 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

〔籾井慰安婦発言〕NHKが政府喧伝・国営放送化するのなら放送法を改正し受信料は不要とすべし!
Excerpt: 昨年から主に大河ドラマの感想記事で書いて来ている通り、 NHKは安倍ポチに手をつっこまれて、すっかりその手下、 代官として籾井勝人とかいうコンピューター屋のおっちゃんが送り込まれてきた。 ポチの命令..
Weblog: しっとう?岩田亜矢那
Tracked: 2014-01-29 11:25
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。