2013年12月30日

12/29 第93回天皇杯準決勝と2013年のJリーグの総括というか展望予想の検証の件

ちょうど1年前の同じ日も≒なタイトルですがなにか…

第93回天皇杯・準決勝(12/29)
サッカー横浜FM 2-0 鳥栖(13:06/日産ス/22,630人)
得点者:86' 兵藤慎剛(横浜FM)、90'+4 中村俊輔(横浜FM)
戦評:
横浜Mは終盤の2点で鳥栖を振り切った。後半41分に左から右へと展開して崩し、藤田のパスを受けた兵藤が左足で決めて先制。ロスタイムには中村が加点した。鳥栖は逆襲や空中戦から勝機を探ったが、前線で豊田が抑えられた。

サッカーFC東京 0-0 広島(15:00/国立/26,709人)
      (4 PK 5
(先攻)東京:太田○、森重○、張○、三田×、長谷川×、米本○、石川×
(後攻)広島:青山✕、水本◯、千葉×、西川○、塩谷○、浅野○、野津田○ 
戦評:
 広島が0−0からのPK戦を制した。広島はボール保持で上回ったが、堅守を崩せずに無得点。PK戦ではGK西川が相手のキックを3度止めた。FC東京はカウンター攻撃で好機をつくったが、ゴール前で決め手を欠いた。
天皇杯準決勝はNHK総合とラジオ第1で中継をやっていたので、TVもしくはワンセグの見れる環境下では画像を、クルマもしくは徒歩での移動中はラジオ中継を聴いていたのですが、見れたのは1試合目の後半の兵頭と俊輔のゴールの前後、2試合目は初めの方と延長戦とPK戦。
総括すると、

俊輔△、西川△

以上。←ぉいwww

だけじゃないので、さらに詳しいことはこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 サッカーブログへblogramによるブログ分析(Ser.7394・3266日連続更新)
奈良橋さん(笑)後ろは坂本紘司さん.jpg2013-1-27 名良橋さん.jpg
名良橋さんがマジメに解説してる(〃゜△゜〃)

それはさておき、天皇杯の決勝が横浜Fマリノス対サンフレッチェ広島となった結果、J1で4位のセレッソ大阪がACL出場権獲得(3年ぶり2度目)

これで柿谷さんの人生相談の引き出しがもっと増えますね…

ここで終わりにするのもなんだし、年末ということもあるので、去る2月28日付のエントリーの「(前略)2013年のJリーグ展望みたいなもの」の検証を。

サッカーサッカーJ1優勝(および上位)予想
ずばり、優勝は鹿島アントラーズ本命と予想。
というのも、ACLに出ない分レギュラーシーズンに専念できるから。浦和、柏、広島も優勝候補とは言えますが、ACLで勝ち進むと試合日程がきつくなるのが懸念材料。ということを考慮すると、ACL出場チームの中で早々に予選敗退したチームが対抗になると思います。
それ以外には名古屋とマリノスが優勝争いに絡むかな?
【検証】
 管理人が優勝候補の筆頭に推していた鹿島アントラーズは最終節まで優勝の可能性を残しつつも最終順位は5位。
 ACLに出た4チームのうち準決勝まで進んだ柏レイソルは2012年の6位から10位。初出場のベガルタ仙台は昨年の2位から13位。浦和レッズも3位から6位と、3チームが順位を落としている中、サンフレッチェ広島だけがACLを若手の研修の場として活用した結果、J1では連覇とわね┐(´∀`)┌
野球のアジアシリーズと勘違いしてないか?
 結局、管理人が優勝候補と言ったクラブのうち、柏レイソルと名古屋グランパスは優勝争いに絡みませんでしたね。柏はACLの影響もあるけど、名古屋の方は…
 一方、想定外に良かったチームがセレッソ大阪と後半のアルビレックス新潟と前半のみではアルディージャ大宮。
【ご参考】2013年度J1におけるお金と勝ち点の相関性(pal-9999のサッカーレポート)
サッカー湘南ベルマーレはJ1でどこまで通用するか?
順当な予想では、勝ち点は取れても35〜40前後だと思うので、ギリギリ残留か1年で降格か微妙なところ。
解説者・記者予想でもそんな感じのようですが、去年鳥栖の躍進と、湘南・大分の昇格当てた人いないしね…
目標のACL出場(リーグ戦3位以内か天皇杯優勝)は無理としても、賞金獲得(7位以内)レベルまでの旋風を起こして欲しいと願望するのみ(^_^;)
ともあれ、開幕戦(対マリノス戦)は引き分けで御の字としても、ホーム開幕の鳥栖戦は必勝。序盤で勝ち点を積み重ねるのが肝。

サッカーJ2降格(およびJ1残留争い)予想
今季昇格した3チーム(甲府・湘南・大分)を軸に、昨年最終節で逆転残留できた新潟、常に残留争いに巻き込まれるも後半調子をあげて最終節の1つ前に残留を決める大宮で残留争い。
と予想すると、ありきたりなので、去年のガンバのように想定外のチームが最低1つは出てくると予想。それが、清水なのか磐田なのか、まさかのマリノス、名古屋?鹿島以外のJ2未経験チームにもその可能性はないとも言えないし、川崎も風間さんのやり方がフイットしないと…
鳥栖や仙台も去年が出来すぎで本来の残留争いをしているチームに戻ってくれれば(←あくまでも願望です)
【検証】
 湘南ベルマーレが「ギリギリ残留か1年で降格か微妙なところ」と予想したのは、16位だったので当たりと言えば当たりなんですが…勝ち点は30台に乗せると思ったんで(T_T)
 降格チームは「今季昇格した3チーム(甲府・湘南・大分)を軸に〜」は甲府が15位、大分が最下位だったのでこれは当たり。
 想定外に低迷して降格するチームが最低1チームはあると思っていたその筆頭の「清水なのか磐田なのか」はジュビロ磐田が初の降格ということで当たったと見ていい?それがジュビロ1チームしかなかったんで、ベルマーレも残留できなかったのかと…
サッカーJ2優勝およびプレーオフ進出圏(6位以内)予想
優勝はガンバ本命。対抗は千葉、京都、神戸。
ガンバも序盤はJ2の引きこもりサッカーに苦戦するかもしれませんが、なれてくれば圧倒しだすはず。
それ以外でプレーオフ圏内には、横浜FC、栃木、徳島、岡山、山形あたりも入ってくるのでは?
去年の湘南みたいにまさかの盟主2位自動昇格(°д°)
管理人的には、J1未経験のチームが上がって欲しいので、徳島、岡山、栃木あたりを応援しようかな…
【検証】
 J2は本命ガンバ大阪の優勝で、対抗に推していたヴィッセル神戸が2位、京都サンガFCが3位、ジェフユナイテッド千葉が5位なので、概ね当たり。
 それ以外のプレーオフ圏内では、4位の徳島ヴォルティスは想定どおり。Vやねん・ファーレン長崎の6位はまさかここまで検討するとは想定の範囲外。
 さらに、おたくどうしちゃったの?とうチームはいくつかありますが、(逆フラグが立って)来年ボコボコにされるのも嫌なのでそれ以上のことは言いません。
サッカーJ2残留とJFLからの昇格予想
今年J2に上がった長崎と昨年最終節まで残留争いをした富山、鳥取、岐阜が今年もやばいでしょうね。
一方、JFLではJ2ライセンスが取得できるかできないでモチベーションが変わってくると思いますが、町田、長野、讃岐あたりで昇格争いか?相模原と福島の1年でJFL卒業はかなり難しいのでは?
【検証】
 やっぱりガイナーレ鳥取がorz
 岐阜ちゃんもやばかったけど、JFLでJ2ライセンスが取れた中で2位以内に入ってきたのがカマタマーレ讃岐だけで助かりましたね。
 ところで、J3の話が出て来たのはいつ頃からだっけ?
    ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 サッカーブログへblogramによるブログ分析

DRAMATIC-J 3 「VACATION」


posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 11:18 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。