2013年12月27日

安倍首相が靖国神社に参拝した件を前振りに、「新しい国へ 美しい国へ 完全版」

安倍晋三首相が昨日、東京・九段北の靖国神社に参拝
DSC_3196.jpgDSC_3195.jpg
公明党の山口那津男代表は「賛同できない」と反対したようですが、宗教的観点?
中国韓国が文句を言うのは「知ってた」ですみますが…


アメリカまで(´・ω・`)ガッカリ…
というのは、首相の想定の範囲外?
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 政治へblogramのブログランキング(Ser.7388・3263日連続更新)


もっとも、ジョージタウン大学のケビン・ドーク教授が言うてるように、アメリカのアーリントン国立墓地には、奴隷制度を守るために戦った南軍将校も埋葬されているわけで、ここを歴代大統領が訪れたというだけで「奴隷制度を肯定したことにはならない。同様に靖国神社参拝も、日本が関わった戦争の全面的肯定を意味しない」わけですが…

中国は勝手に尖閣諸島を含む防空識別区域を設定するし…

韓国は相変わらず従軍慰安婦問題で日本を批判しているだけだし…

で、日本まで首相が靖国神社に参拝m9(^Д^)

┐(´∀`)┌ヤレヤレ

といったところなんでしょうが…

ということで、欧米も含め諸外国では安部首相は極右のかかっている危険人物と見られているようですが、この本を読んで本当にそうかどうか判断してみてください。
新しい国へ 美しい国へ 完全版

「新しい国」は国民の皆さんにとって、より「美しい国」になるかどうか?

それは、神のみぞ知る。
20131110 (144).jpg←一応「湘南海神」という神様らすいw

本安倍晋三新しい国へ 美しい国へ 完全版」(文藝春秋 文春新書
3年3ヵ月に及んだ民主党政権から、ふたたび自民党が政権与党に復帰しました。そして総理大臣の重責は安倍晋三氏が再び担うことになりました。戦後では吉田茂以来2人目、64年ぶりの総理の再登板です。長引くデフレからどう脱却するのか、緊張がつづく外交・安全保障問題にどう対処するのか。こうした疑問に答えた月刊「文藝春秋」1月号掲載の政権構想「新しい国へ」は、話題を集めました。本書『新しい国へ−−美しい国へ 完全版』は、2006年に刊行した50万部を超える大ベストセラー『美しい国へ』に、この政権構想を増補した、新装完全版です。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
日本を取り巻く環境は日増しに悪化している。長引く景気低迷、押し寄せる外交・安全保障の危機、さらには少子高齢社会の訪れによる社会保障の拡充。この国のリーダーは今なにをすべきなのか?大ベストセラー『美しい国へ』に、新たな政権構想を附した完全版。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 わたしの原点
第2章 自立する国家
第3章 ナショナリズムとはなにか
第4章 日米同盟の構図
第5章 日本とアジアそして中国
第6章 少子国家の未来
第7章 教育の再生
増補最終章 新しい国へ

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
安倍晋三(アベシンゾウ)
内閣総理大臣。1954年、東京生まれ。93年、衆議院議員当選。自由民主党幹事長、内閣官房長官などを歴任し、2006年、戦後生まれとして初の内閣総理大臣に就任。2012年には第96代内閣総理大臣として、再登板を成し遂げる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【2013年1月発行/2013.12.13読了】


【備忘録(所感を含む)】
はじめに―「闘う政治家」「闘わない政治家」
>「闘う政治家」の例に、英国議会で(ヒトラーとの宥和を進めるチェンバレン首相に対して、野党を代表して質問に立った)アーサー・グリーンウッド議員が対独開戦を政府に迫る歴史的な名演説を行った件を引き合いに出すなんて、なんて好戦的な(・・;)
安倍首相の闘う相手は国民ですか?

第1章 わたしの原点
・「リベラル」とはどんな意味か?(Wiki:自由主義
〜ヨーロッパでは他者の介入を許さない「個人主義」に近く、アメリカでは社会的平等や公正の実現には政府が積極的に介入すべきであるという「大きな政府」を支持する立場
・(安倍晋三氏の立場は)開かれた保守主義
・その時代に生きた国民の目で歴史を見直す
・(父・安倍晋太郎から学んだ大事な教訓)政治家は自らの目標を達成させるためには淡白であってはならない
・たじろがず、批判を覚悟で臨む

第2章 自立する国家
・「日本人に手をかけると日本国家が黙っていない」という姿勢を国家が見せることが、海外における日本人の経済活動を守ることにつながる
・外交というのは、まずメッセージが先になければならない。交渉はその先の問題
・日本を守るということは、その体制の基盤である自由と民主主義を守ること

第3章 ナショナリズムとはなにか
・1964年の東京オリンピックは日本のめざましい経済発展の原動力にはなったが、敗戦により傷ついたナショナリズムの回復はスポーツの分野のみにとどまり、その後も愛国心という言葉へのアレルギーと警戒心は日本人からなくならなかった
・自らのアイデンティティを否定する「地球市民」は国際的には信用されない
・事実、天皇は国民とともに歩んできた〜天皇は他国の王室とは違って富や権力の象徴ではなかった

第4章 日米同盟の構図
・アメリカ外交の伝統3パターン
(孤立主義/国益重視で国際社会に積極的に関与する現実主義/理想主義的・福音主義的な使命感からアメリカ憲法の理念を世界に広めようとする立場)
・アメリカは(理念と合意で形成された)つとめて人工的な国家
・外国の軍隊が国際法の範囲内での「これはやってはいけないが、他はいい」のネガティブリストであるのに対し、日本の自衛隊は「ほかはだめだが、これだけはよい」というポジティブリストに縛られ、政策判断の余地がほとんどない

第5章 日本とアジアそして中国
・中国の頭の痛い問題(都市と農村の格差拡大/環境汚染)〜国民を引っ張っていく精神的な目標のひとつとしての「反日」
・いままで日本のやってきたことを他国にきちんと説明していない
・中国は悠久の歴史と文化をもつ、きわめてチャーミングな国。多くの専門家は恋に落ちる

第6章 少子国家の未来
・子育ての価値は損得を超える
・少子化に対応した、女性や高齢者の活用と労働生産性の向上が必要
・社会保障は人生のセーフティーネット

第7章 教育の再生
・自虐的歴史観にたった教育では国民としての自尊心は育たない(イギリスも)
・教科書の記述にバランスを(負の面だけではなく、正の部分も載せる)
・学力回復より時間がかかるモラルの回復
・三丁目の夕日のアフィリンク挿入

・警戒すべきは格差の再生産


増補最終章 新しい国へ
アメリカは日本経済の復活を知っている
当ブログ書評

・今、問われているのは、交渉する上での総合力(国益を守っていくことができるのかをしっかり見極め、対応)
・市場主義の中で伝統・文化・地域が重んじられる、瑞穂の国にふさわしい経済のあり方を考えていきたい
・日本国憲法の「諸国民の公正と正義に信頼して」は妙な前文
>公正と正義に信頼できる諸国民ってどこの国のこと?
>少なくとも、今回の安倍首相靖国神社参拝に文句言うてる国ではないことは確か…


【ご参考】
取り戻せ、日本を。 安倍晋三・私論」【当ブログ書評

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogram投票ボタン


posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:17 | 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(7) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

安倍晋三首相、靖国神社を参拝 米政府は失望
Excerpt: 安倍晋三首相は政権1年を迎えた12月26日午前、東京・九段北
Weblog: ネット社会、その光と影を追うー
Tracked: 2013-12-27 09:11

A級戦犯合祀以降、昭和天皇は靖国参拝をやめ、今上天皇も参拝をしない。安倍晋三にはその意味がわかるまい&靖国参拝のその夜に、報道各社の政治部長が安倍晋三と会食。お恥ずかしい限りだ。
Excerpt:  ああ、やってくれたか。レレレのシンゾーの靖国参拝である。ここまで来ると、もう手
Weblog: くろねこの短語
Tracked: 2013-12-28 07:00

正念場
Excerpt:  安倍首相は26日午前、靖国神社参拝を強行する。いや、もうしたかも知れない。株式市場では、国際関係悪化を嫌って売り材料となっている(ロイター)。塾頭は小泉首相時
Weblog: 反戦塾
Tracked: 2013-12-28 07:31

★安倍首相が靖国神社に参拝・・・早速中韓が反発
Excerpt: 安倍首相が靖国神社に参拝 政権1年、就任後初  <安倍晋三首相は政権発足から1年となる26日午前、靖国神社に参拝した。首相による靖国参拝は平成18年8月の小泉純一郎首相以来、7年4カ月ぶり。首相は第..
Weblog: スナフキン・レポート♪
Tracked: 2013-12-28 07:42

◆安倍首相が靖国神社を参拝・・・・・なぜ騒ぐマスコミ等当然のことに・・・特に米国に失望した
Excerpt: 【AFP=時事】安倍晋三(Shinzo Abe)首相が26日午前に靖国神社(Yasukuni Shrine)を参拝したことについて、在日米国大使館は同日午後、「米国は失望している」とする声明を発表した..
Weblog: 癒(IYASHI)
Tracked: 2013-12-28 11:45

安倍首相が靖国神社参拝…第1次内閣含め初
Excerpt:  安倍首相は26日午前、東京・九段北の靖国神社を参拝した。  首相在任中の参拝は、第1次内閣を含めて初めてで、現職首相としては2006年8月15日の小泉首相以来7年4か月ぶりの参拝となる。首相は参拝..
Weblog: ぼけ〜〜〜っと人生充電記!
Tracked: 2013-12-28 17:59

安倍首相、靖国参拝
Excerpt: 安倍晋三首相が26日、靖国神社に参拝した。 現職の首相参拝は小泉以来7年ぶり。    【送料無料】靖国に祀られざる人々 [ 田中健之 ]価格:1,890円(税込、送料込) なぜこの時期なのか。 多くの..
Weblog: りゅうちゃん別館
Tracked: 2013-12-29 00:14
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。