2013年12月09日

12/8 祝!徳島ヴォルティスJ1&カマタマーレ讃岐J2昇格\(^o^)/

一方、2009年〜2011年までのルールなら自動昇格、2004年〜2008年のルールならJ1の16位のチームとのJ1・J2入れ替え戦だったはずの京都サンガF.C.は2年連続涙を飲むことに(T_T)

サッカー2013J1昇格プレーオフ決勝戦(12月8日15:30キックオフ@国立競技場・23266人)
京都サンガF.C. 0(0 前半 2)2 徳島ヴォルティス
         (0 後半 0)
【得点】
千代反田 充(前半39分)、津田知宏(前半43分)
【戦評】
 徳島が四国初のJ1昇格を決めた。勝利が必要という条件だったが、序盤から動きが悪く、京都に主導権を握られる苦しい展開に。しかし、前半39分にセットプレーから千代反田が先制点をマークする。これで落ち着きを取り戻し、2トップへ効果的なロングボールを供給。攻撃の形を作り出すと、同43分には津田が追加点を決め、前半で2点のリードを奪う。後半は攻撃のギアが上がらない相手に対し、試合巧者ぶりを披露。強固な守備ブロックを形成し、無失点で勝利を挙げた。

管理人的にもNHK BS1の中継を見てたのは後半30分くらいからで得点シーンはリプレイとサンデースポーツで見た程度なので、この試合に関するさらに詳しいことはこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 京都へにほんブログ村 サッカーブログ 徳島へblogramによるブログ分析
(Ser.7352・3245日連続更新)

そして、時系列的にはこっちの方が先に始まっていた(この名称でやるのは最初で最後の)J2・JFL入れ替え戦第2戦。
サッカーガイナーレ鳥取 0 - 1 カマタマーレ讃岐(13:04/とりスタ/KAZZさんヤマ☆タマさんはじめ6,313人)
【得点者】20' 高橋泰(讃岐)
【退場】藤田浩平(後半9分〜イエロー2枚)

【戦評】
 180分間の激闘を制し、讃岐が1勝1分で念願のJ2昇格を決めた。自陣からのロングボールを多用していた第1戦とは対照的に、この日はパスワークで3バックの両脇を狙う。スタイルチェンジに戸惑う相手を尻目に、緩急を付けた攻撃で主導権を握った。木島のPKは杉本に阻まれたが、その直後に高橋がクロスに合わせ、先制点を奪取。数的不利となった後半は防戦一方となるも、虎の子の1点を守り抜き、歓喜の瞬間を迎えた。対する鳥取は昇格3年目にしてJ2から陥落。シーズンを通してスタイルを確立できなかったことが明暗を分けた。
この試合に関しては、リアルタイムではTwitterのTLや速報サイトを見て確認し、サンデースポーツでダイジェストを見た程度なので、さらに詳しいことはこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 讃岐へにほんブログ村 サッカーブログ 鳥取へblogramによるブログ分析


ヴォルティスにしても、カマタマーレにしてもこうならないようにクラブ関係者の皆さん頑張ってください。


posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 10:12 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。