2013年08月28日

8月27日のプロ野球の件を前振りに、@yonda4 486471097X[良識派 vs 常識派で徹底分析 これが日本経済<<世界「超」最強>>の仕組み]

まずは、昨日のプロ野球の結果から。
8月27日のセ・リーグ
◇広島8―1DeNA(マツダ)
 広島は追いつかれた直後の8回、天谷の安打から好機を作り、敵失の間に勝ち越し。さらに松山、赤松の連続二塁打などで突き放した。

◇巨人4―0阪神東京ドーム
 巨人は1回村田の2ランで先行し、4回には高橋由の本塁打などで加点。零封リレーで3連勝。内海は11勝敗れた阪神は先発・スタンリッジが試合をつくれず連勝は4で止まり今季17度目の零敗 orz


中日10―8ヤクルト(神宮)
 2回までで計10四球の乱戦を中日が制した。クラーク、井端の本塁打などで得点。ヤクルトもバレンティンの2本塁打で追い上げたが及ばず。

8月27日のパ・リーグ
ロッテ6―0ソフトバンク(ヤフオクドーム)
 ロッテが連敗を3で止めた。2回に6安打を集めて5点を先取。援護を受けた大谷は7回途中まで好投。ソフトバンクは新垣の乱調が響いた。

◇オリックス4―0楽天(京セラドーム大阪)
 バルディリスの犠飛で先制したオリックスは5、7回に平野恵の適時打で加点。新人松葉は3カ月ぶりの4勝目。楽天は4連勝ならず。

◇西武4―3日本ハム(札幌ドーム)
 西武が競り勝った。1点を追う7回に浅村の左越え2ランで逆転し、継投で逃げ切った。日本ハムは継投に失敗し、連勝が5で止まった。
個々の試合に関するさらに詳しいことは、こちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 野球ブログへblogramによるブログ分析(Ser.7146・3142日連続更新)
バレンティンはよっぽどのことがない限り、日本記録(シーズン55本塁打)更新するでしょうね。
バレンティン最強。と無理やりこじつけてこの本。

これが日本経済《世界「超」最強》の仕組み 良識派VS常識派で徹底分析 なぜ日本は世界とこれほど違うのか

要は、お金を貯め込まないで使える人はどんどん使って景気を盛り上げていきましょう。

そして、お金を落とすなら、海外ではなく、国内から先にね。

というのがポイントの1つと理解。


そして、「結果ではなく原因で語れ」

円高やデフレは結果であって、なんでそうなるかの原因まで語れと…

和田監督聞いてる?!

本三橋貴明岩本沙弓良識派 vs 常識派で徹底分析 これが日本経済《世界「超」最強》の仕組み なぜ日本は世界とこれほど違うのか」(ヒカルランド
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
20年デフレの最大の問題点は、物価下落以上の所得の減少。民間は国内に投資しても儲からないと思っている。誰もお金を使わない今だからこそ、政府は内需を喚起するために、行動を起こさないといけない。安倍政権に突きつける「日本国民の、日本国民による、日本国民のための経済処方箋」。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 どうしても日本を破綻させたい人々の仕組み/財務官僚・経済学者の欺瞞を喝破する洞察力!
第2章 デフォルトに向かわざるを得ない仕組み/日本だけがなぜ別か!?
第3章 グローバリズムは壮大な失敗/国境も国家も文化もなくして世界が成り立つわけがない!!
第4章 為替と金融の本当の仕組みがわかれば、世界がわかる/基軸通貨の資格があるのは「日本円」だけ!
第5章 日本経済はすでに世界最強/平和主義国家・日本の再生は目前!
第6章 20年デフレ脱却はまず内需から/わかり切ったことをやらない官僚・政治・経済界の怪

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
三橋貴明(ミツハシタカアキ)
経済評論家・中小企業診断士。東京都立大学(現:首都大学東京)経済学部卒業。外資系IT企業、NEC、日本IBMなどを経て2008年に中小企業診断士として独立。経済指標など豊富なデータをもとに経済を多面的に分析する。単行本執筆と同時に、雑誌への連載・寄稿、各種メディアへの出演、講演活動など多方面で活躍している

岩本沙弓(イワモトサユミ)
大阪経済大学経営学部客員教授。1991年より日・加・豪の金融機関にてヴァイス・プレジデントとして外国為替、短期金融市場取引を中心にトレーディング業務に従事。銀行在職中、青山学院大学大学院国際政治経済学科修士課程修了。日本経済新聞社発行のニューズレターに7年間、為替見通しを執筆。国際金融専門誌『ユーロマネー誌』のアンケートで為替予想部門の優秀ディーラーに選出。単行本、連載、雑誌の執筆の他、参議院公聴会、政治フォーラム、学術講演などで主に国際金融市場における日本の立場を解説(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【2013年2月発行/2013.6.24読了】


【備忘録】
はじめに
・アベノミクスは日本では81年ぶりのデフレ対策
・レーガノミクスとはインフレ対策

第1章 どうしても日本を破綻させたい人々の仕組み/財務官僚・経済学者の欺瞞を喝破する洞察力!
・財務省は(適正性とかの審査が面倒くさいから)とにかく公共事業が嫌い(三橋)
・デフォルトの3パターン(外貨建て負債・行政不安・インフレ)。日本には3つともない(三橋)
・日本国債は日本円と等価。こんなの国の借金じゃない(岩本)

第2章 デフォルトに向かわざるを得ない仕組み/日本だけがなぜ別か!?
・ユーロの3つの思想(中央銀行の独立・財政均衡主義の憲法化・為替レートの固定相場)
・今の日本は「家族麻雀」をやっている状態(親【政府】の負けがこんでいるから、子【国民】から借りている)(岩本)
・スイスは結構怖い国。治安はいいが、相互監視によるところが大きいし、住む人にはしんどい(岩本)
・大幅な円安誘導は所得が上がらない中で物価が上がるだけ(岩本)
・日本国債を売っても、それで得た日本円をどうするのか?結局、日本国内で運用するしかない(三橋)

第3章 グローバリズムは壮大な失敗/国境も国家も文化もなくして世界が成り立つわけがない!!
・サムソンの純利益の半分は配当金でアメリカはじめ海外へ。その分、韓国国内は損する(三橋)
・日本のマスコミの言っていることは基本的にウソだという仮説に基づいてデータを調べるとだいたいそのとおり(笑)(三橋)
・「誰得?」というアプローチが一番わかりやすい(岩本)
・変動相場制は米国の借金踏み倒しの道具(三橋)
・世界大恐慌の原因は、金本位制よりも資本移動の自由によるものが大きいのでは?(三橋)
・グローバル投資家vs国家。これが民主主義における戦いの最終局面(三橋)
・デフレの一番の怖さは、人が死ぬこと〜デフレ脱却のために戦争で政府支出拡大(三橋)
・IMFには日本の財務官僚がかなり天下りしている。「日本は消費税を上げるべき」と言っている場合英語版を読めば、日本人の名前が書いてある。(三橋)

第4章 為替と金融の本当の仕組みがわかれば、世界がわかる/基軸通貨の資格があるのは「日本円」だけ!
・政府の円高対策は結果自体に原因を求めるやり方(三橋)
・中央銀行制度が発生した意味は「通貨の回収」にある(三橋)
・小泉政権時の大量の為替介入(30〜40兆円)はイラク戦争に使われた(岩本)
・負債だけが増えていくわけない。政府の資産については口をつぐんでいる?(三橋)
・デフレで国がつぶれるとは?(三橋)
1.リストラを続けたら人が減り技術がだんだんなくなり供給力不足に陥る
2.デフレで失業率が上がり、社会的に閉塞感が満ちていく(過去にナチスドイツの台頭の例)

第5章 日本経済はすでに世界最強/平和主義国家・日本の再生は目前!
・実体経済にはまだまだ進化の余地がある。金融方面のイノベーションはもう勘弁だが(三橋)
・遊びの部分も必要。無駄とか経済合理性だけでなんでも削っていいものではない(三橋)

第6章 20年デフレ脱却はまず内需から/わかり切ったことをやらない官僚・政治・経済界の怪
・企業が海外進出したら、税金取れないじゃん(三橋)
・金融緩和をしてもその資金が内需に向かわないと意味がない(三橋・岩本)
・債権国、経常収支黒字国、自国通貨建の国はデフォルトしない。財政均衡主義は政府への不信からのもの(三橋)
・デフレと少子化はまったく関係なし。併存しているのは日本だけ(三橋)
・少子化で生産人口が減少すれば、生産能力が落ちて物価は上がるはず(岩本)
・ケインズは「デフレのときは公共投資を拡大し、インフレになったら減らせ」と言っているだけ(三橋)
・なるべく痛みを少なくして、皆さんがきちんと所得を確保できるようにするのを考えるのが経済学者の本来の役目(岩本)
・経済=経世済民。自然災害が頻発する以上、建設産業を各地に残さなければいけない(三橋)
・企業は利益追求集団なので収益のために弱者を切り捨て、強者だけで競争原理の中でやっていくというのはわかる。だからこそ、守るべきところをつくるというのが政府の役目(岩本)
・守るべきところの決め方はマトリックス。公共性と自国の産業としての強さの2象限だけでも(三橋)
・かっての国内の大手家電メーカーのリストラは、技術者の持っている技術が韓国や中国に流出して、その会社の首を締めることに(岩本)
・関西の人は意外と橋下さんに否定的(岩本)
・国民の所得(GDP)を増やすことに注力すれば、勝手に税収は増えていき、財政健全化する(三橋)

【参考書評等】
河西 高明 BLOG
経済まねきねこ株銘柄情報
人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogram投票ボタン

本の話はここまでにして、最後に昨日東京ドームのレフト側で見てた人の所感から。





文句を言いたければ、試合が終わった後にいくらでも言えばいいと思うけど、試合中はあかんよね。
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへにほんブログ村 野球ブログ 巨人へ人気ブログをblogramで分析
  ↑  ↑  ↑
ところで、巨人ファソには逆に最後まで強気な人が多いような…

  
  


posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:03 | 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(3) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

大事な試合で読売に完敗
Excerpt: ホームランを打った時のベンチ前のあの決めポーズがグラティ(Gratiii)と命名された。こんな事で記者会見なんて大げさ過ぎるやろと思っていたが、一部の批判する人たちに対して、対戦相手をバカにしてるので..
Weblog: 虎談巷説 阪神タイガース的日常
Tracked: 2013-08-28 07:39

あ〜、ここ一番で弱いタイガース・・・
Excerpt: 初回が全てでしたね。 ■2013.08.27 @東京ドーム         123 456 789 計  タイガース  000 000 000 0 ――――――――――――――――――..
Weblog: 虎に、酔う。 by三重版
Tracked: 2013-08-28 09:13

【阪神】巨人に完封負け&明日、観戦します
Excerpt: (東京ドーム) 阪 神000 000 000=0 巨 人200 200 00X=4 <投手> (神)スタンリッジ−ボイヤー−加藤−久保 (巨)内海−マシソン−西村 ○内海11勝5敗 ●スタンリッジ..
Weblog: FUKUHIROのブログ・其の参
Tracked: 2013-08-28 12:29
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。