2013年07月05日

7月4日のプロ野球の件などを前振りに、@yonda4 4797371188[本当は謎がない「幕末維新史」 幕府再生はなぜ失敗したのか?]

まずは、参議院選挙公示の件。

Owly Images←この中から誰を選べと?
とは言っても、候補者のことをよく知れば気が変わるかもしれないけど、今のところ神奈川県選挙区、比例区とも誰に投票するかは決めてません。

そして、2013年6月度「日本生命月間MVP賞」の発表。
セ・リーグ
打者:ウラディミール・バレンティン(東京ヤクルトスワローズ)【3度目】
投手:能見篤史(阪神タイガース)【2か月連続4度目】

パ・リーグ
投手:東北楽天ゴールデンイーグルス 田中将大投手【2か月連続9度目】
打者:福岡ソフトバンクホークス 長谷川勇也外野手 【初受賞】

そして、昨日のエントリーでネタにした「和田監督の不倫がバレンティンてんねん(^_^;)」の件、記事の内容はこちら(しっとう?岩田亜矢那「〔阪神タイガース〕和田豊監督の不倫相手「モノマネの女王・星奈々」と本家・松田聖子の始球式」)に詳細が書いてありますが、要は「不倫して、別れた女が(慰謝料もらえなかったから)逆ギレして、相手男性を一方的に悪者に仕立て上げる」という内容。もっとも、一番悪いのは聖子ちゃんの代用品で済ませようとした和田監督だけど、さっそく現場(正確には裏方)に影響が出たようで(^_^;)
となれば、試合の結果もやる前から見えていた

7月4日のセ・リーグ
中日6―2広島(ナゴド)
 中日が連敗を3でストップ。8回2死一、二塁から荒木の二塁打で逆転し、さらにルナの2ランなどで突き放した。広島は4連勝を逃した。

巨人1―0阪神甲子園
 巨人が3連勝。6回、ボウカーの右犠飛で挙げた1点を継投で守り切った。宮国は4月23日以来の3勝目。2併殺と拙攻の阪神は3連敗

◇DeNA7―0ヤクルト(ハマスタ)
 DeNAは先発の須田がプロ初完封。1回、ブランコの2点適時打などで4点を先制、その後もモーガンのソロ本塁打などで加点した。

7月4日のパ・リーグ
◇西武7―2オリックス(京セラドーム大阪
 西武は交流戦明け初の連勝。1点を追う2回、単打5本で3点を奪い逆転。早めの継投で逃げ切った。2番手の4年目・岡本洋がプロ初勝利。

◇楽天8―4ロッテ(Kスタ宮城)
 楽天は4連勝で首位ロッテに並んだ。ジョーンズが2打席連続の2ランを放つなど計12安打で8点を挙げ、6投手の継投で逃げ切った。

日本ハム4―3ソフトバンク(ヤフオクドーム)
 日本ハムの大谷が6回途中まで1失点に抑えて2勝目。3回に大引、稲葉の連続適時打で先行し、継投で逃げ切った。ソフトバンクは5連敗。
個々の試合に関するさらに詳しいことはこちらをご覧いただくとして、
   ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ人気ブログをblogramで分析(Ser.7038・3088日連続更新)


文句を言うのはここまでにして、前向きに…
とは言っても、たかが一ファンにできることには限界が…

戦術論とかはプロに任せればいいので、自分はなんか和田監督はじめ首能陣に読んで欲しい本でも探します。

本当は謎がない「幕末維新史」 幕府再生はなぜ失敗したのか?
「幕府再生」を「阪神再生」と置き換えればいいかな(^_^;)

ただこの本。
新書のページ数としてはそれほど多いわけではないと思うし(約270ページ)、字もそんなに小さいわけでもないのに読むのがしんどいのがなんでやろ?

八幡和郎の日本史観を考証(2ちゃんねる)に書かれているように、

・本人の思い込みが激しすぎるから?
・江戸時代を肯定的・好意的評価してる論者の意図を(八幡氏本人が)根本的に理解しているとは思えない批判ロジックだから?
・論理の飛躍が多いのが残念過ぎるから?

ともあれ、物の見方は色々あるということを改めて再認識しただけでも読む価値はあるのでは?

もっとも、この方。結構、アンチがいるようで…

「本当は恐ろしい江戸時代」の文献(森林ジャーナリストの「思いつき」ブログ)

本八幡和郎本当は謎がない「幕末維新史」ソフトバンク新書
大好評「本当は」歴史シリーズの幕末維新篇。
幕末の志士たちは、そのとき、なぜあのような行動に出たのか?

なぜ幕府をそのままにしての改革ではいけなかったのか? なぜ尊皇派と攘夷派に分かれたのか? なぜ会津は最後まで幕府側だったのか?
幕末・維新史の疑問の多くは、当事者が置かれている立場を正しく客観的に理解しないことから生まれる。
彼らの政治的・経済的・ 社会的状況を正しく知れば、だいたいのことは合理的に、明快な説明が可能だ。
いわば、志士たちの立場や価値観からして、すべて「当たり前」の行動が積み重なり、維新へと動いたのだ。

本書では、幕末・維新の志士たちが、なぜそのような行動を取ったのかを明らかにしながら、本当の幕末・維新の姿を読み解いていく。
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
なぜ坂本龍馬は暗殺されたのか?尊皇攘夷のスローガンから新しい時代が生まれた理由は?幕府改革はどうして挫折した?会津や新撰組の悲劇はなぜ起きた?世界史上でまれに見る大事件といわれる明治維新を成功させた志士たちの「成功の方程式」と、天下泰平の絶頂からわずか10年あまりで滑り落ちた江戸幕府の「失敗の本質」がいま明らかに。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 天下泰平の絶頂から衰退は始まった
第2章 黒船リスクを「想定外」にした徳川官僚組織
第3章 関ヶ原のリベンジと薩長土肥
第4章 新撰組は警察に雇われたヤクザ
第5章 坂本龍馬は会津に殺された
第6章 明治維新が世界史的事件であったわけ

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
八幡和郎(ヤワタカズオ)
1951年滋賀県大津市生まれ。東京大学法学部を卒業後、通商産業省(現経済産業省)に入省。フランスの国立行政学院(ENA)留学。大臣官房情報管理課長、国土庁長官官房参事官などを歴任後、現在、徳島文理大学教授をつとめるほか、作家、評論家としてテレビなどでも活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【2012年9月発行/2013.6.16一応読了】



【備忘録】
第一章 天下太平の絶頂から衰退は始まった
・松平定信の「綱紀粛正と倹約」を主体とする経済政策は(地方レベルではさておき)全国的にはうまくいくはずがない。←今の日本も同じ
・上杉鷹山はそれに「殖産興業」「人材登用」「藩校設立」を加え、4点セットにして展開したが、当時薩長土肥はじめほかの藩でもやっていた政策
・水野忠邦:いつの時代でも、外交や国内の体制論について優れた国家観を持つ政治家に限って経済は苦手な人が多い(最近では中曽根氏〜バブル発生)

第二章 黒船リスクを「想定外」にした徳川官僚組織
・海防の観点から見ると江戸は脆弱。世界の主要国家で首都が港町というのはほとんどない。
>ロンドン、ワシントン、パリ、北京…
・雄藩連合構想は、今で言う地方分権・道州制みたいなもので、当時の時代背景を考えると中央集権化しないと外国につけ入れられやすくなるだけ

第三章 関ヶ原のリベンジと薩長土肥
・島津斉彬は八方美人。久光の方こそ決断力があった。だたし、カリスマ性がなかった
>和田豊は八方美人な上、決断力もカリスマ性も欠如?
1億払った人と8000千万円払わなかった人の差?
>かといって、反社会的勢力に金を渡していいわけありませんが…


第四章 新撰組は警察に雇われたヤクザ
・坂本龍馬は天皇を中心に日本の独立と統一を守ろうとした
・徳川慶喜が頼りとした孝明天皇の死で立場を弱くしたのは事実だが、健在だったとしても慶喜のような頭脳明晰だが他人に理解しにくい性格の人物が天下の支持を得たかどうかは疑問
・アウトロー集団の新選組や背後の会津は京都市民から支持されていなかった。
・会津藩の人間はひとりひとりは有能なのに、組織としてはうまく動かなかった


第五章 坂本龍馬は会津に殺された
・最後の将軍より初代大統領になりたかった徳川慶喜〜開発独裁者
過度の成功は失敗の元
>原さん油断せんかな…
・龍馬の妻は長州にいたのだから、長州に逆らえるはずがない
・慶喜が龍馬の案に乗ると、会津や新選組の立場がない
・現代人に理解できない「錦の御旗」の威力
・戊辰戦争の間、会津でも地元民衆は冷ややかだった。むしろ、官軍の味方をしたほど〜官軍を率いていた板垣が四民平等でなければ国は守れぬと、自由民権運動に転じた動機

第六章 明治維新が世界史的事件であったわけ
・篤姫にしても、新島八重にしても、大河では綺麗な女優さんが演じるからいいイメージを持っちゃうけど、実際は(うわなにをするやめqあwせdrftgyふじこlp)
・御三家の尾張藩まで勤皇派へ
・関東や東北では情報不足で会津の道連れにされたとも…
・東京遷都はなし崩し的になったものの。正式決定ではなかった
・廃藩置県も47都道府県の名称も全国だいたい同じような基準で決められ「官軍」「賊軍」は関係ない
〜旧国を基本。(「藩」はサイズが違いすぎたり、飛び地が多かったりして近代的な行政制度の基準には不適当)
〜東北は「陸奥」「出羽」だけでは大きすぎたから分割しただけで、戊辰戦争に負けたことは関係ない
〜現に、薩摩藩の一部も宮崎県に分割されている

本当は恐ろしい江戸時代

本当は恐ろしい『古事記』・『日本書紀』


【参考書評等】
【日本史】史実 幕末維新史(通勤時間の本は何にする?)
Flowers In The Dirt (buchiblog)
読書メーター
人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogram投票ボタン
Follow ssasachan on Twitterがんばろう日本.jpg


posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:05 | 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(4) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

暴力団の勝ち
Excerpt: 札幌宮城長野横浜富山金沢21日間の日本半周ツアーを終え1度もマウンドに上がる事なく1軍にいただけの白仁田寛和が登録を抹消されて・・・今成を外野起用するから、捕手の清水誉...
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
Tracked: 2013-07-05 08:43

【阪神】巨人に連敗
Excerpt: (甲子園) 巨 人000 001 000=1 阪 神000 000 000=0 <投手> (巨)宮國−マシソン−山口−西村 (神)スタンリッジ−安藤−福原 ○宮國3勝3敗 S西村2勝2敗20S ●..
Weblog: FUKUHIROのブログ・其の参
Tracked: 2013-07-05 08:52

ミスミスで讀賣戦、痛恨の連敗・・・
Excerpt: 2人揃って「ミニ護摩行キャンプ」にでも是非・・・。 ■2013.07.04 @阪神甲子園球場         123 456 789 計  ジャイアンツ 000 001 000 1 ―..
Weblog: 虎に、酔う。 by三重版
Tracked: 2013-07-05 09:48

スタンリッジ見殺し、読売に僅差で連敗
Excerpt: 白仁田を落として清原を登録。藤浪をサンデー晋ちゃんに戻すのにいったん抹消すると思ってたので意外だった。代わりが清原というのも意外に思っていたが、これは山口コーチが清水と間違えて登録したんだとか。選手登..
Weblog: 虎談巷説 阪神タイガース的日常
Tracked: 2013-07-05 19:53
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。