2013年07月19日

フレッシュオールスターの件を前振りに、@yonda4 402331112X[ぞっこん鉄道今昔: 昭和の鉄道撮影地への旅]

本題に入る前に、昨日の「プロ野球フレッシュオールスターゲーム2013秋田県立野球場こまちスタジアム)」の件
あきたこまちST.jpgこまちスタジアム200607.jpg
(お断り:画像は2006年7月9日同所で開催のヤクルトー阪神戦にて管理人撮影)
7/18(木)フレッシュオールスター(開始 18時02分・試合時間 2時間15分・入場者 6,026人)
イースタン 000 002 122|7
ウエスタン 000 001 000|1
【投手】
(イ)上沢(日)、公文(巨)、徳山(ヤ)、○中崎(西)、伊藤(De)、増田(西)、木村(ロ)−田村(ロ)、下妻(楽)
(ウ)東浜(ソ)、岩本(神)、金田(神)、戸田隆(広)、●戸田亮(オ)、飯田優(ソ)、辻(中)、星野(ソ)−山下(ソ)、伏見(オ)
【本塁打】
(イ)加藤(ロ)1号2ラン(6回、戸田亮)、石川(日)1号ソロ(8回、辻)
【戦評】
 イースタンは六回に加藤の右越え2ランで先制。七回は三好(楽)の適時打、八回は石川のソロなどで2点を加え、九回にも石川の犠飛などで2点を追加した。
 ウエスタンはドラフト1位ルーキーの東浜が先発で2回無失点と好投したが、打線が4安打で得点は西田(神)のタイムリーのみと振るわなかった。
管理人自身中継そのものは見てなくて、その後のスポーツニュースで東浜の好投と加藤のホームランとキー太とC☆Bくらいしか見れてないので、さらに詳しいことは東京ドームで開催中の第84回都市対抗野球大会の件も含め、こちらをご覧いただくとして、
    ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 野球ブログへblogramによるブログ分析(Ser.7066・3052日連続更新)

この件を前振りに持ってきたのは、フレッシュというのが、こちらの本の中身と対照的だったからで…

ぞっこん鉄道今昔 昭和の鉄道撮影地への旅

この本の中で取り上げられた場所についての自分自身の経験値は(昭和時代に限らず)

・奥羽本線 板谷峠〜1990年台前半に山形新幹線で通過
・信越本線 碓氷峠〜昭和時代に軽井沢、小諸や長野への行き帰りに急行「信州」や特急「そよかぜ」で通過
・信越本線 横川駅〜急行「信州」乗車の際に、駅で補助機関者を連結している間の時間待ちで「峠の釜めし」も購入。
・東北本線 上野駅〜過去多数利用
・東急世田谷線 下高井戸駅
Setaden7.JPG2006年1月
・山手線 原宿駅(過去多数)
・中央・総武線 四ツ谷駅(過去多数)〜通っていた大学の最寄駅
新2号館17階から四ツ谷駅方向.JPG
・東海道新幹線 東京駅(過去多数)
D1001800.JPG2008年8月13日新大阪→東京間乗車・終点にて撮影)
・長野電鉄 朝陽駅(2012年8月14日
20120814134814-236.jpg←すれ違い電車待ち
・上田電鉄 別所温泉(1回見ただけ)
・小海線 高岩、信濃川上(昭和時代に小海線乗車中に停車した駅)
・呉線 天応(2010年8月広島⇔呉間乗車時に通過)
F1012328.jpgF1012327.jpgF1012326.jpg
・鹿児島本線 門司港駅(2006年3月21日クルマで前を通り過ぎただけ
門司港駅.jpg
・長崎電気鉄道 長崎駅前(高校の修学旅行にて)
・南阿蘇鉄道 白川鉄橋(1997年1月に乗車中に通過)

ここで使っている画像は昭和のものでないことは置いといて…

本櫻井 寛(写真・文)「ぞっこん鉄道今昔」(朝日新聞出版
アサヒカメラ本誌に2006年1月から現在も継続中の人気連載「ぞっこん鉄道」をオール4色で単行本化。鉄道写真家の第一人者である櫻井寛が、中学から大学時代に撮影した鉄道写真の思い出の撮影地を再訪し、当時と同じポイントで撮影いた写真とともにその移り変わりを懐かしむ。
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
中学生時代、父親の二眼レフ「リコーフレックス」で撮り始めた故郷の鉄道風景。それから三十数年後、鉄道写真家、櫻井寛が思い出の地を再訪問する鉄道旅紀行。

【目次】(「BOOK」データベースより)
北海道・東北(宗谷本線・塩狩峠ー日本最北鉄道の美しい峠/留萌本線・恵比島ー地名も魅力だった北海道 ほか)
関東(上越線・湯桧曽ー懐かしい鉄研時代の合宿地/日鉄鉱業羽鶴線・葛生の1080号ー36年前と同じ姿の英国紳士 ほか)
中部(磐越西線・日出谷ー今も定期運行されているSL/北陸本線・筒石ートンネルになった思い出の駅 ほか)
関西・中国(関西本線・加太越えー万博をパスして撮影した大築堤/嵯峨野観光鉄道・保津峡ー廃止からよみがえった人気観光鉄道 ほか)
四国・九州(宇高連絡線・高松桟橋ー夜の高松港をデジタル撮影/鹿児島本線・門司港駅ー九州が外国のように思えた日 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
櫻井 寛(サクライカン)
1954年長野県生まれ。写真家を目指して日本大学芸術学部写真学科に進む。卒業後、出版社写真部勤務を経て、1990年にフォトジャーナリストとして独立。1994年『鉄道世界夢紀行』で第19回交通図書賞を受賞。取材した国は86か国、海外渡航回数は210回以上を数える。日本写真家協会、日本旅行作家協会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【2012年8月発行/2013.5.13読了】

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogram投票ボタン
Follow ssasachan on Twitterがんばろう日本.jpg


posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 07:07 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【フレッシュオールスター】ウエスタン、イースタンに完敗
Excerpt: (秋田) イースタン000 002 122=7 ウエスタン000 001 000=1 <投手> (イ)上沢〔日本ハム〕−公文〔巨人〕−    徳山〔ヤクルト〕−中崎〔西武〕−    伊藤〔DeNA〕..
Weblog: FUKUHIROのブログ・其の参
Tracked: 2013-07-19 08:31
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。