2013年03月29日

プロ野球開幕の日に空気を読まず?、@yonda4 4022510374[戦力外通告 第2の人生を生き抜く男たち]

いよいよ本日2013年のプロ野球開幕。
プロ開幕戦カード及び予告先発
<セ・リーグ>
野球巨人−広島(18:00 東京ドーム)
巨 宮國椋丞/広 バリントン

野球ヤクルト−阪神(18:00 神宮)
ヤ 館山昌平/ メッセンジャー

野球中日−DeNA(18:00 ナゴヤドーム)
中 吉見一起/デ 藤井秀悟

<パ・リーグ>

野球西武日本ハム(18:00 西武ドーム)
西 岸 孝之/日 武田 勝


野球ロッテ−オリックス(18:15 QVCマリン)
ロ 成瀬善久/オ 金子千尋

野球ソフトバンク−楽天(18:30 ヤフオクドーム)
ソ 攝津 正/楽 則本昂大
今日から西武ドームでもWi-Fiが使えるようになったとかの関連情報は、最近docomo Wi-Fiも導入した甲子園球場での選抜高校野球の件も含めてこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 野球ブログへblogramによるブログ分析(Ser.6841・2990日連続更新)

現行URLになってから、野球の比重が少なくなってきた当ブログですが、2005年以降阪神戦の公式戦+日本シリーズ+CSレビューは(他の試合との一括処理を含め)毎試合やってきているので、今年も継続するつもりです。
ただし、質は保証の限りではありません(^_^;)

それはともかく、こんなワクワクする日に空気を読まず?こんな本の紹介を(^_^;)

戦力外通告 第2の人生を生き抜く男たち

取り上げられた選手は、濱中治(阪神−オリックス−ヤクルト・現野球解説者)、平下晃司(近鉄−阪神−ロッテ−オリックス・現料理店経営)、古木克明(横浜−オリックス・現素浪人?)、河野友軌(横浜・現バッティングセンター&野球塾所属)、黒田哲史(西武−巨人−西武・現西武コーチ)、福盛和男(横浜−近鉄−楽天−MLB−楽天・現会社取締役)香川伸行(南海・ダイエー/現講演活動&少年野球指導者)の7名。このうち、河野さんだけは現役時代の記憶がなくて、黒田さんは野球選手としての活躍より新山千春のダンナという印象の方が強いですね。

ちなみに、この本では浜ちゃんが離婚した後コンビニ弁当を買っているところをどんさまに見られてその後トレードに出されてしまったことは書かれてません…

本遠藤宏一郎TBSテレビ「バース・デイ」取材班戦力外通告 第2の人生を生き抜く男たち朝日新聞出版
華やかな仕事であるプロ野球選手。しかし、そこには戦力外通告という厳しい現実が待っている。むしろプロ野球に入団したほとんど選手が若くして第2の人生を歩みことになる。首を宣告されたときの葛藤、新しい人生への挑戦のドラマとは。10年を迎える同名の番組から感動的な選手をピックアップ。オリジナル取材を試みて新しい知られざるエピソードを引きだした珠玉の1冊。
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
人生の底を見た男は強い!クビになっても、年齢を重ねても、若い頃の夢を追い求めるプロ野球選手たちの感動のドラマ。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1章 タイガースの四番という重責を越えて−濱中治
2章 退路を断った一世一代の大勝負−平下晃司
3章 格闘技というまわり道からの挑戦−古木克明
4章 少年に野球の楽しさを教えたい−河野友軌
5章 二軍コーチの仕事を支えた出会い−黒田哲史
6章 元メジャーリーガーの次なる人生−福盛和男
7章 夢をくれたドカベンの新たな夢−香川伸行

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
遠藤宏一郎(エンドウコウイチロウ)
1963年大阪生まれ。同志社大学卒業後、タレントプロダクションに入社。タレントのプロデュースだけでなくテレビ、ラジオ、舞台の制作にかかわった後、独立。制作プロダクション(有)オーラを設立、代表に就任。現在は、執筆業の傍ら、シカゴマラソン日本事務局の運営なども行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【2012年12月発行/2013.3.6読了】


【備忘録】
1章 タイガースの四番という重責を越えて−濱中治
阪神時代の濱中0703OP戦.jpg070401濱中あっと大阪ド.jpg←阪神時代の画像
0803オリックス時代の濱中.jpg←オリックス時代(2008年3月20日開幕戦@西武ドーム
宜野座にて清原さんにあいさつする浜ちゃん.jpgヤクルト時代の画像は沖縄キャンプでの練習試合前
・関西では、テレビやスポーツ新聞などのスポーツ系マスコミは、やはり阪神タイガースのニュースが大きなウェイトを占めている。ゆえに、関西地区で阪神OBというのはとても大きなメリット
>西岡も福留も来たがるわけだ…
・小学生の頃から肩を痛めていたとか、浜ちゃんのおかんがまったく面識のない箕島高校の尾藤監督の自宅に電話して息子の進路相談をした件とか…
・解説者生活は選手時代より忙しい

2章 退路を断った一世一代の大勝負−平下晃司

・元々日南学園の調理科。最初は卒業後は飲食関係に就職するつもりだったが。甲子園に出たことでドラフトで指名されるようになった
・遠征やらなんやらで外食の機会が多く、味覚も鍛えられた
・元野球選手が店を始めれば最初の一度は義理で来てくれる
・リピーターを作ることが大事(平下さんの店には桧山さんがよく来るらしい)
・最近では元プロ野球選手の店だと知らずに来る人も増えてきた。そういう人たちに野球の魅力を伝えたい

3章 格闘技というまわり道からの挑戦−古木克明2011.11.12 オンエア
横浜時代の代打古木(.jpg←横浜時代の画像発見2006.5.5阪神戦最後のバッター)
元Bs古木.jpg2009年11月25日合同トライアウト@神宮
・プロレス用のトレーニングをしたおかげで、バッティングも良くなっていたデーブのステマ?
・挫折を経験して、人の喜びや痛みが以前よりずっと強く感じられるようになってきた

4章 少年に野球の楽しさを教えたい−河野友軌2012.04.21 オンエア
アーデルバッティングドーム」〜埼玉初、硬式も打てる雨天対応型バッティングセンター。元プロ野球選手が教える野球塾もやっています。

・「子供にもっと厳しく」とクレームを言う親もいるし…

5章 二軍コーチの仕事を支えた出会い−黒田哲史
・新山千春の「に」の字もない…


6章 元メジャーリーガーの次なる人生−福盛和男
・ふくもるの21球

・自分の理想が高いためか、ついつい自分を卑下した形で表現してしまう


7章 夢をくれたドカベンの新たな夢−香川伸行

ドカベン香川.jpgそっちの香川じゃない(^^;)
・浜ちゃん同様、母は強し…
・南海選手時代は門限を破らなくて怒られた件Σ(゚д゚lll)

あとがき−”人”の魅力が人生を切り開く
・(この7人は)プロ野球で生き残るにはあまりにも「いい人」ばかり
・しかし、人は優しさを持つがゆえに、意図せずとも「運命の人」を引き寄せるのではないか


【ご参考】
クビを宣告された男達の人生。プロ野球の光と影『戦力外通告』(エキレビ!)

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 野球ブログへblogram投票ボタン


posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:12 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。