2013年05月03日

5/2のプロ野球の件と日本国憲法改正についての所感を前振りに、@yonda4 4062180901[日本人と韓国人 「タテマエ」と「ホンネ」 -「韓流知日」を阻むもの-]

まずは、昨日のプロ野球の結果から。
5/2のパ・リーグ
ソフトバンク7―5西武(ヤフオクドーム)
 ソフトバンクは6回、長谷川の適時打と敵失で同点とし、ラヘアの2点適時打で勝ち越した。西武は7カード連続の勝ち越しならず。

◇日本ハム9―1楽天(Kスタ宮城)
 日本ハムは3回、陽岱鋼、中田の適時打、アブレイユの犠飛で4点を先行。9回はホフパワーが満塁本塁打した。楽天は借金3に逆戻り。

◇ロッテ6―2オリックス(京セラドーム大阪
 ロッテは1回、井口の犠飛で先制。3回に2点、4回は4短長打を集め3点を奪い、前半で勝負を決めた。藤岡は1カ月ぶりの白星で2勝目。
管理人自身はヤフオクとKスタ宮城の試合をTVでチラ見した程度なので、個々の試合に関するさらに詳しいことはこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 野球ブログへblogramによるブログ分析(Ser.6912・3025日連続更新)
NHK BS1とTOKYO MXで同じ試合を中継せんでも…
そのヤフオクドームの試合。自分が見た段階では5−3で西武がリードしていたんですが、終わってみれば俺達(゚O゚)
それと、BS TwellVで見たKスタ宮城は見てるだけで((((;゚Д゚))))
そして、今日は「憲法記念日」ということで、

この本自体はまだ読んでませんが、一応大学は法学部を出ているんで「憲法」は必修科目だったんです。
とは言っても、かなり昔の話だったので教授がどういう立場だったか忘れてしまいました(๑≧౪≦)てへぺろ

個人的には、個人情報保護に関する規定の追加やIT社会への対応など時代に合わない部分は改訂してもいいとは思っているんですが、自民党の「日本国憲法改正草案」【PDF】は、改正草案第3条(国旗及び国家)なんて、スタジアムで旗振っている人と、球場で六甲颪歌ってる人に「なんやそれ!?」と突っこまれそうな悪寒(^^;
そこはともかく、全体的にキッツイなそれって印象ですね。
→ご参考:“全体主義”への回帰(ば○こう○ちの納得いかないコーナー)

ところで、現行憲法の前文の「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して」の「平和を愛する諸国民」ってどこの国のこと?
→ご参考:今年の憲法記念日は・・・(XtaSEA WORLD)「血」と「理」と「日本国憲法」(門田隆将ブログ「夏炉冬扇の記」)

という皮肉を込めてこの本の紹介へ。

日本人と韓国人「タテマエ」と「ホンネ」 「韓流知日」を阻むもの

真実というか、落としどころは足して2で割るところにある?

本朴一日本人と韓国人「タテマエ」と「ホンネ」〜「韓流知日」を阻むもの〜」(講談社
【内容紹介】
竹島衝突のカギは「ズワイガニ」、新たな韓国大統領・初の女性宰相の素顔。
こじれる日韓問題解決のために日本人が知るべきマル秘話!

竹島問題で緊張と関心が高まる日韓関係、そして2012年12月には韓国で大統領選、日本で総選挙が行われ、日韓の亀裂がさらに深まるのか、双方がこれまでの軋轢を乗り越えて新たな関係を築けるのか、大いに注目が集まる。なぜ韓国は竹島にこだわるのか、韓国の反日感情に潜む、日本で報じられない日本政府の失策、漁業現場の食い違い、新大統領候補の知られざる素顔など、これからの日韓関係を考える上での基礎知識を、在日コリアン経済学者・朴一が簡明に説く。

【目次】
I 竹島・独島紛争の基礎の基礎
Q1 そもそも竹島ってもともとは日韓どっちのものだったの?
Q2 竹島の最大の「資源」はズワイガニってホントなの?
Q3 なんで韓国は「竹島の日」にカッカするの?
Q4 なんで最近まで竹島問題は噴火しなかったの?
Q5 なんで韓国の大統領はいきなり竹島に行っちゃったの?

U 日韓の歴史認識はなぜいつまでも食い違うのか
Q6 従軍慰安婦問題って、とっくに解決済みなんじゃないの?
Q7 なんで日本の教科書に韓国はあれこれ言ってくるの?
Q8 靖国神社に首相が参拝することに、韓国はいつまで怒り続けるの?
Q9 韓国人が戦争で日本のために戦ったってホントなの?
Q10 日韓は竹島紛争が起こる前までは仲がよかったの?

V 日本人と韓国人は仲がいいのか悪いのか
Q11 「日本人は韓国人が嫌い」ってホントなの?
Q12 日本の韓流ブームは韓国人が意識的に作り出したの?
Q13 韓国人には日本のことを好きな「親日派」はいないの?
Q14 韓国には日本のような「日流ブーム」はないの?
Q15 韓国も中国と同じようにしつこく「反日教育」をしているの?

W 日本と韓国の新しいリーダーは「日韓相克」を乗り越えることができるのか
Q16 なぜ韓国は竹島問題に、わざわざ天皇陛下を持ち出すの?
Q17 日本が国際司法裁判所に提訴して、ホントに勝てるの?
Q18 米国やヨーロッパ諸国は竹島問題をどんな風に見ているの?
Q19 日本が韓国に経済制裁をして、どれくらい効果があるの?
Q20 韓国の新しい大統領は日本と仲良くしたいの? ケンカしたいの?

あとがき

【著者紹介】
朴一 (パクイル)
1956年、兵庫県尼崎市に生まれる。在日コリアン三世。同志社大学大学院博士課程修了。商学博士。大阪市立大学大学院経済学研究科教授。数多くのテレビ、ラジオ番組に出演。在日問題や日韓、日朝経済について独自の視点から提言する。専攻は朝鮮半島の地域研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【2012年12月発行/2013.2.20読了】


【備忘録】
はじめに
・在日韓国人って、日本人でもなければ韓国人でのない位置づけ
・日韓をより良好な関係に導くためには、両国間の健全な葛藤は必要であるが、不毛な論争はお互いの対立感情を煽るだけである

I 竹島・独島紛争の基礎の基礎
・竹島の最大の資源は「ずわいがに」
・李承晩政権がクーデターにより倒された段階では韓国経済は低迷
・政権を取った朴正朴煕大統領は日本からの資金提供に期待して、日本と妥協。竹島問題も一旦棚上げ
・今後、韓国大統領の竹島(独島)訪問は、日本における首相の靖国神社参拝と同じような愛国心を試す踏み絵になるでしょう

U 日韓の歴史認識はなぜいつまでも食い違うのか
・アジア女性基金は、慰安婦問題を日本政府の責任から日本国民の責任にすりかえるもの
・守る気はないもの(教科書の「近隣諸国条項」)をいつまでも残しておくのは、歴史教科書問題をこじらせるもとになる
・「日韓歴史共同研究委員会」はお互いに言いたいことを言っているだけ
・いっそのこと、両国の見解を記述した教科書を副読本にして、両国の学校に配った方がいいのでは
大切なのは過去の人がなにをやったかではなく、今生きるわれわれに何ができるかを考えること
・靖国神社には韓国・朝鮮人の戦争犠牲者も二万人以上が祀られている
・太平洋戦争は一部の軍事ファシストが引き起こしたもので、大多数の日本国民はむしろ被害者
・個人の信念を貫くことで、国家全体の利益にどういう作用を及ぼしているのかを考えるもの国の最高責任者である首相の大事な資質
・在日韓国人の軍人とは、韓国側にとってみれば日本のために戦った裏切り者。日本にとっては厄介者
・私たちが今すべきことは、老境を迎えた元慰安婦・在日韓国人の軍人らの戦争犠牲者に対し、人道的見地から何ができるか。そして、失意の中で死んでいった者たちの名誉をどうやって回復するか。それを考えること

V 日本人と韓国人は仲がいいのか悪いのか
・「マンガ嫌韓流」は、韓国側から見れば差別と偏見に満ちた虚偽の羅列としか読めない。いわゆるトンデモ本
・在日特権なるものはまったくの事実無根
・韓流ブームは、韓国映画・TV界の過去にヒットした日本の映画やドラマの徹底的な研究による「冬のソナタ」のヒットから。音楽分野もターゲットを若い女性に設定するなど芸能界のしたたか戦略
・「親日派」とは反民族的な裏切り者のこと、日本に好意を寄せる人は「知日派」
・韓国小説には歴史や民族など重いテーマが多く、社会や家族が描かれていない。日本小説は個が表れ、心理描写が繊細で完成に訴える。これが韓国の若者から絶対的な支持を得られた(村上春樹や吉本ばなな)
・韓流が「冬のソナタ」ブームをきっかけに激流のように日本を襲った一大事件だとすれば、日流が知らず知らずのうちに入り込んだ「日常の一部」

W 日本と韓国の新しいリーダーは「日韓相克」を乗り越えることができるのか
・韓国人にとって、昭和天皇の戦争責任が問われないのは納得がいかない
・竹島(独島)問題をICJに訴えて日本は勝てるのか?韓国側のロビー活動の方がさかん。既に英文の論文の数では韓国側の方が多い。某外務省OBも従軍慰安婦問題で日本が反省していないとの印象を植え付けることに成功しつつあり、勝てる見込みは極めて低いと…
・諸外国では「歴史を直視しない日本」というイメージが拡大されている
・自由貿易協定では韓国の方が進んでいる。日本も積極的にグローバル競争に打って出れば、EUのように政治的メリットも享受できるのでは?
・大事なのは日韓両国にどのような政権が誕生しようとも、領土や歴史問題の葛藤が、これまで育んできた経済と文化の交流の阻害要因になってはならないこと。そのためにも、お互いに利用しあえる経済、文化などの実生活での互恵関係を、今までと同様に築くことが何よりも重要

【参考書評】
ヨッシィー☆のとことん前向きなブログ 

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogram投票ボタン
Follow ssasachan on Twitterがんばろう日本.jpg


posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 07:01 | 神奈川 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラックバック及び自記事の紹介、有難う御座いました。

自民党の「日本国憲法改正草案」、ネタとしては突っ込み所が結構在って面白いのですが、実際に此れが施行されるとしたら、笑ってはいられない代物^^;。

此方の記事で取り上げられている「第3条(国旗及び国家)」も1項は未だしも、2項の「日本国民は、国旗及び国家を尊重しなければならない。」なんて事を態々書かれると、此の「尊重」の解釈が行き過ぎれば「国旗の前を通り過ぎる時には、絶対に頭を垂れなければいけない。」という事になり、延いては「頭を垂れなければ逮捕する。」なんて事にも成り兼ねない。実際にそういった時代が在った訳ですから。

他国で在ろうと自国で在ろうと、其の国旗を棄損したりするのは、自分もどうかと思う。でも、態々法律に「尊重」なんていう抽象的な表現をするのは、結局「心」を縛る事になりそうで怖いです。

又、思いっきり突っ込みを入れたいのは「第20条(信教の自由)」に付いて。草案では行き成り「国は、いかなる主教団体に対しても、特権を与えてはならない。」と記していますが(此の文言事態は、現行の憲法にも在るけれど。)、「だったら宗教団体に適切な課税を早くしろよ。此れこそ、特権じゃないのか?」(http://blog.goo.ne.jp/giants-55/e/7256f86f5782aa89740d0d28f48ff84a)と言いたいです(笑)。
Posted by giants-55 at 2013年05月03日 11:27
>giants-55さん
コメントありがとうございます。

国旗と国歌の件はともかく、宗教法人への税金減免はある意味特権を与えていることになりますよね。
Posted by 管理人 at 2013年05月03日 22:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。