2013年04月23日

日本プロ野球選手会が今季の日本選手の平均年俸を発表した件を前振りに、@yonda4 442223028X[西鶴に学ぶ: 貧者の教訓・富者の知恵]

管理人的には誰がいくらもらっているかということはあんまり関心はないんですが…
ということなので、多すぎるとか、少なすぎるとかの評価はこちら方面にお譲りするとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 野球ブログへblogramによるブログ分析(Ser.6892・3015日連続更新)

銭の話を前振りにもってきたというのは、この本につなげるためだけなんです。
西鶴に学ぶ: 貧者の教訓・富者の知恵 [単行本] / 中嶋 隆 (著); 創元社 (刊)西鶴に学ぶ 貧者の教訓・富者の知恵

この本にも書かれているとおり、西鶴の作品には今にも通ずるものが…

というか、著者がそうなるように説明しているんですけどね…

本中嶋 隆西鶴に学ぶ 貧者の教訓・富者の知恵」(創元社
江戸時代の文豪・井原西鶴の作品には、混迷の時代を生きる現代人への貴重な教訓が詰まっている。今、学ぶべきこそは西鶴。しかし、古典講読は容易ではなく、西鶴独自の難解な表現も数多い。そこで、当代気鋭の研究者であり小説家でもある著者が、つとめて平易に、わかりやすく、時に楽しく読み解いて、その核心となる要点を伝える。遠い時代の遠い人々の生きざまが、現代社会の実感をも伴って腑に落ちる、知的好奇心をそそる読み物。

【目次】
はじめに
第一章 金が金を儲ける
第二章 金銀が町人の氏系図
第三章 不況こそチャンス
第四章 商売のコンプライアンス
第五章 人間は欲に手足のついたもの
第六章 貧にては死なれぬもの
第七章 長者に二代なし
第八章 富貴は悪を隠す
第九章 金儲けほど面白きものはなし
おわりに

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
中嶋 隆(ナカジマタカシ)
1952年、長野県生まれ。早稲田大学大学院博士課程修了。大谷女子大学専任講師、横浜国立大学助教授を経て、早稲田大学教育学部教授。小説『廓の与右衛門控え帳』(小学館)で第八回小学館文庫小説賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【2012年2月発行/2013.2.18読了】


【備忘録】
はじめに
・西鶴は、高いところから読者を説教するような作家ではない

第一章 金が金を儲ける
・そもそもこの世で、借金の利息ほど恐ろしいものはない
・出資者がいなければ儲けられないことを自覚して、まず資本を集めることが商人の才覚
・商人の信用は、律儀な生活と地味な服装から得られる。そして、信用は演出するもの

第二章 金銀が町人の氏系図
・楽して金を儲けようと思うな。まず地道に貯めて、それから大胆に投資すべきである
・なりふりかまわず元手(事業資金)を稼げ。そして、儲けることにためらいを持つべきではない

第三章 不況こそチャンス
・商売成功の条件
@販売形態に応じた効率的な店舗
A顧客ニーズに即応した多様な販売サービスの提供
B商品知識の豊富な専門従業員
C高品質・廉価商品の大量販売(←ここまでが西鶴が描いている)
D仕入れと在庫管理の合理化(←これを足すとユニクロやしまむら)
・江戸時代は子が罪を犯すと親も罰せられる連座制が採られていたので、なくなく勘当する例が多かった
・不景気なときほど金儲けのチャンスがある。世間の人と発想を変えてみるべきだ
・マーケットに応じて、熟達した人材をいかに早く育てるかが、成功の秘訣
・金儲けのチャンスはどこにでもある。まず、他人の話を丁寧に聞け。当人でさえ気づいていないチャンスがあるかもしれない

第四章 商売のコンプライアンス
・貿易には、正直で誠実に対応することが第一
・お客様は家族です
・蓄財には、人間性への自覚が必要

第五章 人間は欲に手足のついたもの
・欲の世の中でも、いざというとき頼れるのは、社会や企業の隣人コミュニティ

第六章 貧にては死なれぬもの
・人の嫌うことに着目してみると、思いがけないアイデアが生まれる
・働き盛りには精一杯働いて、老後は心身を労せず、楽しみを極めるのが良い
・奉公人(社員)は、労働力であると同時に将来の起業家である

第七章 長者に二代なし
・過度の教育は、後継者をダメにする
・正直で保守的な経営が必要なこともある
・経営者は、孤立の中で自己の感性を信じなければならない

第八章 富貴は悪を隠す
・己の悪事を自覚していれば、思いやりが生ずる
・金儲けには「かわいらしさ」が必要
・非情な拝金主義者を社会は許容しない

第九章 金儲けほど面白きものはなし
・結婚は、一代に一度の商いごと、この損取り返しのならぬこと、よくよく念を入るべし
・江戸時代の商家の結婚では、嫁入り道具は嫁の財産。持参金は夫側の財産(家が破産しても、嫁入り道具が妻と家族を護る手段)
・金儲けは人生の縮図
・善意でカモフラージュされた人の欲心は、金儲けの種になる
・能率と堅実、これが経営の基本

【参考書評】
お金学
雑食系読書記
忘却散人ブログ
人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogram投票ボタン
Follow ssasachan on Twitterがんばろう日本.jpg


タグ:西鶴
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 05:00 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

魔窟ナゴドで惨敗
Excerpt: この9連戦を前にコンラッドが2軍落ち。ファーム戦に出場したが3タコ1エラーと精彩を欠く内容。このまま消えて言ってしまうんかなあ。プレースタイルは嫌いやないので頑張って這い上がって来て欲しい。
Weblog: 虎談巷説 阪神タイガース的日常
Tracked: 2013-04-24 20:53
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。