2013年03月07日

侍ジャパン、キューバに敗れ1次ラウンド2位通過の件を前振りに、@yonda4 4041102375[「処方せん」的読書術 心を強くする読み方、選び方、使い方]

昨晩のWBC1次ラウンドA組最終戦のキューバ対日本戦は6−3でキューバの勝ち
野球>3/6 キューバ−日本(ヤフオクドーム、19:10、26860人)
日  本 000 000 003|3
キューバ 001 101 03x|6
【投手】
(日本)大隣●、田中、沢村、森福、今村−阿部、相川
(キューバ)ペレス○、ゲバラ、カスティーヨ、N・ゴンサレス、イグレシアス、ヌニェス、ガルシア−サンチェスレオン、モレホン
【本塁打】
(キューバ)トマス1号ソロ(3回、大隣)
【戦評】
 日本は投手陣が踏ん張りきれず、打線の反撃も遅かった
 先発大隣は三回にトマスに先制ソロを許し2番手の田中は代わったばかりの四回に先頭打者から2連打されて1失点。沢村も1点を失い、0−3の八回は今村が3ランを浴びた。
 攻撃は九回に3点を返したが、0−2の六回一死一、三塁を逃すなど途中まで攻めあぐねた。
この試合だけに関して言えば、日本がキューバに完敗したといっていいでしょうが、既に2次ラウンド進出を決めている、キューバと日本にとってはこの試合は2次ラウンドでオランダと台湾のどっちと先に対戦するかの決めるだけの試合。この結果、2次ラウンド(東京ドーム)では、キューバはオランダと、日本は台湾と3月8日(金)の初戦で対戦することになったわけですが、観客動員的には日本−台湾戦が金曜日のナイターでかえって良かったじゃん。
と、負け惜しみ(^_^;)
それに、この試合も含め1次ラウンドで貧打など色々な課題があぶりだされたことで2次ラウンド以降の戦いに活きるじゃないんでしょうか
と楽観的にとらえましょう。
昨晩の試合は内川が腰の違和感で大事をとって欠場しましたが、今度の金曜日までは体調を取り戻してくれることを前提に、1次ラウンドで調子のよかった内川、中田、糸井のクリーンナップに組み換え、慎之介と長野は(東京ドームなら入っていたという当たりが結構あったことも考慮の上)守備に専念させるために打順を下位に、そして井端と本多のニ遊間とするなど打順を次のとおりに組み替えてみたらいかがでしょうか。

4本多
6井端
DH内川
3中田
9糸井
7角中
8長野
2阿部
5松田

ほかの方の見解はこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログをblogramで分析(Ser.6797・2968日連続更新)

選手や監督、コーチの皆さんにこの本をお勧めしましょう。
「処方せん」的読書術  心を強くする読み方、選び方、使い方 (oneテーマ21) [新書] / 奥野 宣之 (著); 角川書店(角川グループパブリッシング) (刊)「処方せん」的読書術 心を強くする読み方、選び方、使い方/奥野宣之・著

管理人自身も知らず知らずのあいだに、これらの要素を取り入れた読書をしているのかな?

体系化しようとする気はあんまりないけど…

当ブログで書評シリーズが高い比重を占めているのは、本はほとんど図書館で借りるので、その本に何が書いてあるのか「備忘録」を残す意味合いがメインですが、本の感想を深く掘り下げることはあんまりないので、単独でエントリー化するより、別の案件とセットでエントリー化しているわけで…


本奥野宣之「処方せん」的読書術 心を強くする読み方、選び方、使い方」(角川Oneテーマ21
生きづらい現代にこそ求められる自分だけの「心に効かせる」読書法

【内容】
長引く不況、リストラや就職難、リアルやネット上での人間関係……。この「生きづらい」時代を乗り越えるために、速読でも多読でもない、全く新しい"心を鍛える"方法論としての読書術を紹介する。

【目次】
序章 生きづらい時代だから本を読む
 心が強くなければ生きていけない
 「自分だけは大丈夫だ」と思っていた
 「豆腐のようなメンタル」だった
 「やりたいこと」とやらねばならないこと」
 「書店通い」で心を取り戻す
 「メンタルに効かせる読み方」がある

第一章 不安をしずめる読書――鎮静剤
 「ためになる本」には気をつけろ
 下を向いて歩く自由もある
 清濁併せ飲む好奇心を持つ
 「想像以上の苦痛」に振り回されないために
 「本屋探検」で不安をうっちゃる
 「本屋の棚めぐり」で平常心を取りもどす
 ノウハウ書があるなら考える前に買う
 書評より「自分で選んだ本に出てくる本」
 古典は「心を強くする本」の大本命
 「古典を読んでいる自分」という優越感も大切
 心の非常事態は古本屋でやりすごす
 いろんな人がいる、いていいのが図書館
 ゆっくり読む、読み切ろうとしない
 小説から「ぐっとくる光景」をストックしておく
 平常時に作っておく「私選メンヘル文庫」
 落ち着きたいときは文庫本を一ページ書き写す

 ■不安をしずめるためのオススメ書籍

第二章 前向きな気持ちを起こす読書――気付け薬
 大人も伝記を読めば火が点く
 「冒険本」には現代人の生きるヒントがある
 自分で考えるためのアジテーション本
 自己啓発書は「栄養ドリンク」と思え
 「人生相談」には必ずあなたがいる
 「自分を挑発する本」持っていますか?
 将来が楽しみになる「衝動買い置き」
 背表紙を見ることで気分を変える
 本棚の中に「神棚」を作る
 「悪」の行動力に学ぶ

 ■前向きな気持ちを起こすためのオススメ書籍

第三章 折れない心を作るための読書――栄養剤
 たまには「他人なんてどうでもいい」と考える
 自分本位に考えるための「特別な読書体験」
 『坊ちゃん』で人間関係を考えなおす
 本から「面白がる姿勢」を学ぶ
 「できないかもしれない」という気持ちに勝つための歴史本
 歴史は学ぶより楽しむ
 歴史から「折れない軸」を作る
 「肉筆」ならもっと支えになる
 自分だけの「読む理由」が必要
 人名辞典で自分のモデルにしたい人を探す
 テンションを維持する「洋物ビジネス書」
 気持ちが落ちかけたときは、もっと暗部を見つめる
 強い人間のエピソードを集める

 ■折れない心を作るためのオススメ書籍

第四章 自分を取り戻すための読書――体質改善
 考えに詰まったときの「リセット本」
 気を休める本は「趣味」の棚で漁る
 自然に思いをはせるための本を持つ
 大型本で視点の動きに変化を
 思考のアプローチを変えるための名言辞典
 あえて理解しがたい考えに触れる
 子供向けの本でこっそり童心に返る
 ゼロから考えるための座標軸になる本
 週に一度は「こもり読み」で考える
 定期購読は心の命綱
 通過儀礼としての読書

 ■自分を取り戻すためのオススメ書籍

第五章 もっとメンタルに効かせるための工夫
 感動は共有するな
 読書ノートは主観的な言葉を書く
 手帳に「今日開いた本」をメモする
 「常備薬」として私家版名言集をつくる
 年輪のように「読んだ痕跡」を残す
 本を「お守り」として身につける
 「大きい」より自分にとって「ちょうどいい」書店を探す
 愛読書に出会うための第一歩は「ほしい物リスト」
 たまには「一気買い」でマンネリを破る
 「わからない」という状態を楽しもう
 あえて「こだま」に乗ることのメンタルへの効用
 「読む環境」と「読む内容」を読み合わせる
 本との結びつきを強める「お参り」

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
奥野宣之(オクノノブユキ)
1981年大阪府生まれ。同志社大学文学部でジャーナリズムを専攻後、出版社、新聞社勤務を経て、独自の情報整理術を公開した『情報は1冊のノートにまとめなさい』(Nanaブックス)で著作デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【2012年5月発行/2013.1.21読了】


【備忘録】
序章 生きづらい時代だから本を読む
・何よりも必要なのは心の強さ

第一章 不安をしずめる読書――鎮静剤
・自分の心をメンテナス〜自分のために読む
・私小説〜他人の不幸に癒されることもある
・正しい不安〜心配する事で正しい判断ができたり、身の安全が図れること
・想像上の不安〜考えても仕方なかったり、自分だけではどうにもならないこと。対策してもタカがしれているようなこと
・図書館は、誰をも拒まない空気が貴重
 
第二章 前向きな気持ちを起こす読書――気付け薬
・世間や社会で認められないことであっても、その中に自分だけの意味を見出す
・人からどう思われようと、試して効果のあるものは使えばいい

第三章 折れない心を作るための読書――栄養剤
・その個人だけに絶対的な価値をもつものは、共有できない
・夏目漱石の「坊ちゃん」には、どこにでもあるありふれた問題のアラカルトがある
・人間関係の悩みは解決しすぎようとはしない
・人間はいいこともすれば悪いこともする
 
第四章 自分を取り戻すための読書――体質改善
・タイトルで食わず嫌いをしない
・老子・荘子/角川書店
老子・荘子 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス 中国の古典) [文庫] / 野村 茂夫 (著); 谷口 広樹 (イラスト); 角川書店 (刊)
 
第五章 もっとメンタルに効かせるための工夫
・感動は共有したら減る
・自分の心のなかに絶対的にあった価値観が、人の感想と比べることで、陳腐なものになってしまう

【参考書評】
段ボール箱の中身
一条真也オフィシャルブログ
純金積立と自己投資
活かす読書
人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogram投票ボタン
Follow ssasachan on Twitterがんばろう日本.jpg


posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 05:26 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(4) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

キューバに完敗
Excerpt: 内川が腰の張りで大事をとって欠場。あまりにも故障者が多すぎる。故障していない選手はことごとく打てないし。どうなってるんや、今大会の侍たちは。
Weblog: 虎談巷説 阪神タイガース的日常
Tracked: 2013-03-07 21:00

【WBC】侍ジャパン、キューバに敗れ、1次ラウンドは2位
Excerpt: (福岡ヤフオクドーム) 日  本000 000 003=3 キューバ001 101 03X=6 <投手> (日)大隣〔ソフトバンク〕−田中〔楽天〕−    澤村〔巨人〕−森福〔ソフトバンク〕−   ..
Weblog: FUKUHIROのブログ・其の参
Tracked: 2013-03-07 23:57

ふやける 〜WBC第1R・A組、日本対キューバ〜
Excerpt: 0−3 とリードされた8回表の 日本の攻撃が終わったところで
Weblog: 貮×貮+壹
Tracked: 2013-03-08 05:21

初の「完敗」から盛り返せ!〜第3回WBC第1ラウンド 日本vsキューバ〜
Excerpt: 「2013ワールドベースボールクラシック」1次ラウンドA組、3月6日、野球日本代表「侍ジャパン」は、キューバと福岡・ヤフオクドームで対戦。 すでに2次ラウンド進出を決めているチーム同士の対戦となった試..
Weblog: 大阪、おおさか、OSAKA(桜&虎&鉄版)
Tracked: 2013-03-08 09:56
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。