2012年11月25日

祝!\サンフレッチェ広島優勝/【兼11/24 J1第33節総括】

まずは、サンフレッチェ広島さん。J1初優勝おめでとうございます

サッカーJ1第33節:11/24(土)14:30〜(広島ビッグアーチ、32,724人)
サンフレッチェ広島 4(3 前半 1)1 セレッソ大阪
          (1 後半 1)
【得点】
(広島)高萩洋次郎(前半17分)、青山敏弘(前半20分)、佐藤寿人(前半42分=PK)、石川大徳(後半5分)
(セレッソ)枝村匠馬(後半16分)
【退場】
(セレッソ)山口 螢(前半40分)←家本仕事した…
【戦評】
 広島が大勝した。前半17分に攻撃の起点をつくった高萩がこぼれ球を右隅に決めた。先制点で勢いに乗り3分後に青山、同42分に佐藤がPKで加点。後半に4点目を奪って勝利を決定付けた。C大阪は前半、攻守ともに機能しなかった。
この試合に関するさらに詳しいことはこちらもご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 サッカーブログへブログランキングならblogram(Ser.6593・2866日連続更新)

ベルサポ的には優勝決定の瞬間にワシが育てた石原直樹がピッチに立っていたことに感慨深いものが…

サッカー界的には、Jリーグ発足20年目にしてオリジナル10【1993年スタート時の10チーム:アントラーズ・レッズ・ジェフ・マリノス・フリューゲルス・ヴェルディ・エスパルス・グランパス・ガンバ・サンフレッチェ】の中で三大タイトル【J1・天皇杯・ナビスコ】に縁のなかった唯一のチームにも初の栄冠がということにもですが。
しかも、(通算6人目かつ日本人監督では松木以来の)監督就任1年目での優勝もさることながら、Jリーグ発足時の選手が監督になってはじめての優勝ということにも、20年という歴史を感じるわけで…
栗山、森保、゙貴裁にはできたのに…なんで、わ…(以下自主規制)
それと、紫の広島が身の丈経営で結果を出したのだから赤い方の広島も続けと…

ということで、J1第33節の全試合の結果
【J1:第33節】(12.11.24)

札幌 0 - 2 横浜FM(17:34/札幌ド/19,587人)
得点者:33' 齋藤学(横浜FM)、50' 齋藤学(横浜FM)
----------
仙台 0 - 1 新潟(14:34/ユアスタ/18,526人)
得点者:17' 金珍洙(新潟)
----------
大宮 2 - 0 磐田(17:33/NACK/12,126人)
得点者:28' 金澤慎(大宮)、57' 渡邉大剛(大宮)
----------
1 - 0 神戸(17:33/柏/12,406人)
得点者:71' ジョルジワグネル(柏)
----------
川崎F 2 - 1 清水(17:33/等々力/19,916人)
得点者:27' レナト(川崎F)、53' 高木俊幸(清水)、74' 矢島卓郎(川崎F)
----------
名古屋 1 - 2 鹿島(14:33/豊田ス/23,892人)
得点者:7' ドゥトラ(鹿島)、25' 増川隆洋(名古屋)、35' ドゥトラ(鹿島)
----------
G大阪 2 - 2 F東京(14:33/万博/19,393人)
得点者:21' 徳永悠平(F東京)、37' 家長昭博(G大阪)、62' 家長昭博(G大阪)、84' 渡邉千真(F東京)
----------
広島 4 - 1 C大阪(14:36/広島ビ/32,724人)
得点者:17' 高萩洋次郎(広島)、20' 青山敏弘(広島)、42' 佐藤寿人(広島)、50' 石川大徳(広島)、61' 枝村匠馬(C大阪)
----------
鳥栖 3 - 1 浦和(14:35/ベアスタ/22,116人)
得点者:45' 豊田陽平(鳥栖)、58' 梅崎司(浦和)、63' 野田隆之介(鳥栖)、78' 豊田陽平(鳥栖)

J1順位表
ゴンがJ1最年長出場したことなど個々の試合に関するさらに詳しいことは、こちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 サッカーブログへブログランキングならblogram

この結果、サンフレッチェ広島の優勝の他に、ベガルタ仙台は2位確定。一歩及ばなかったとはいえ、同地域の野球チームの方はイマイチだったのに対して、3年前まではJ2にいたことを思えば大健闘だと思いますよ。
大健闘といえば、サガン鳥栖がなにげに3位浮上。シーズン開始前は、コンサドーレとともに降格の筆頭候補だっただけに、うれしい誤算。

もっとも、J2でもヴァンフォーレはともかく、ベルマーレとトリニータの昇格を予想した人はほとんどいないと思いますが、今年のサガン鳥栖の姿は、来年のベルマーレだ!!!

一方、下の方は、今節で鹿島アントラーズ、ジュビロ磐田、大宮アルディージャの3チームが残留確定。
大宮の残留力(しかも、最終節の1つ前でいつも決める)恐るべし…
既にJ2降格が決まっているコンサドーレ札幌を除く、残り2つに入る可能性があるのは14〜17位の4チーム。
14位 セレッソ大阪(勝ち点41、得失点差-6、次節ホームで川崎戦)
15位 ヴィッセル神戸(同39、-8、次節ホームで広島戦)
16位 ガンバ大阪(同38、3、次節アウェイで磐田戦)
17位 アルビレックス新潟(同37、-8、次節ホームで札幌戦)
18位 コンサドーレ札幌(同14、4勝2分27敗、得点24、失点84、得失点差-60)←J2降格確定
セレッソは引き分けでも残留確定で、ヴィッセルもホーム最終戦で優勝の決まったサンフレッチェとの対戦になったのは不幸中の幸い?ガンバの相手が8試合勝利なしのジュビロというのはヤバそうな気がするなあ。アルビレックスにしても、道連れにされる危険性もあるわけで…

ともあれ、下位5チームのサポ一同「いいなあ、DeNAと檻と阪神は…。降格の心配せんですんで…」

って言うのもう秋田はゼルビアの次期監督?
Jリーグカード Captain 秋田豊 / J LEAGUE PHOTO


posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 09:55 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。