2012年08月28日

前田敦子AKB48卒業の件を前振りに、@yonda4 4062169029[47都道府県の戦国 姫たちの野望 詳細地図・系図・戦国大名総覧]

前田、大島、篠田といえば、AKB48よりカープの投手の方を先に思い出す管理人です。
前田さん卒業と言って、
琢朗だけじゃなかったっけ?とまでは勘違いはしませんが(^^ゞ

ちなみに、管理人の推しメンはまりこ様って、誰も聞いてないって(^^ゞ
▼代引&送料無料▼ACE ProtecA LUGGNA LIGHT エース プロテカ ラグーナライト【容量84L】【滞在目安7泊〜10泊程度】【軽量スーツケース】【篠田麻里子 CM出演】【かわいい】【人気】【02215】
banner_21.gifブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン(Ser.6414・2777日連続更新)

で、前田敦子のAKB48卒業後の行く先、言い方を変えれば「野望」は?ということで、本題の「47都道府県の戦国 姫たちの野望 詳細地図・系図・戦国大名総覧」の件へ。
47都道府県の戦国 姫たちの野望 詳細地図・系図・戦国大名総覧 (The New Fifties) [単行本(ソフトカバー)] / 八幡 和郎 (著); 講談社 (刊)

ちなみに、前田敦子は千葉県出身、大島優子は栃木、まりこ様は福岡。

本八幡和郎47都道府県の戦国姫たちの野望」(講談社
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
あなたのふるさとにも知られざる「お江」や信長がいた。ふるさとの武将と姫たちの夢と野望の行方は?大河ドラマでは絶対にわからない歴史の内幕と武将データを満載。

戦国時代の女性は決して貞潔でつつましやかではなかった。宣教師ルイス・フロイスはいう。「日本では処女の純潔は少しも重んじられず、それを欠いても名誉も失うこともなければ結婚もできる」。姫たちの中には、武器をとって戦場に立つものもあれば、権謀術数に長けたものもいた。信長、秀吉、家康などの英雄たちと同様に姫たちも天下盗りの大望を抱いていたのである!

【目次】(「BOOK」データベースより)
プロローグ ヨーロッパ女性より自由だった戦国の女性たち
第1章 「江」一家の読む戦国年表
第2章 海道一の弓取りは誰かー東海・北陸
第3章 武士のふるさとは東国ー関東・東北
第4章 上洛をしただけでは天下は盗れずー畿内・中国・四国
第5章 南蛮船が運んできた世界への夢ー九州
第6章 歴史シミュレーション戦国時代と江戸時代ーもし浅井三姉妹が徳川家康に勝っていたら日本と世界はこうなった

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
八幡和郎ヤワタカズオ
1951年、滋賀県大津市に生まれる。東京大学法学部を卒業。フランス国立行政学院(ENA)留学。国土庁長官官房参事官、通商産業大臣官房情報管理課長などを経て、評論家・テレビコメンテーター、徳島文理大学大学院教授などを務める。現在の政治や経済についての豊富な経験から歴史の謎を鋭くユニークに分析する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
<2011年06月発売/2012年6月読了>


【備忘録】
プロローグ
・早すぎる輿入れは結婚前提の養子縁組
・当時は女だけではなく、男も政略の中で結婚相手を決められていた
・世界中どこの国でもつい最近までは同じ。自分の意思で結婚相手を決められるのは一般庶民くらいなもの
・側室だからって扱いがぞんざいだったわけじゃない。正室と対等でもないが…

第1章 「江」一家の読む戦国年表
・信長は破天荒で前例を気にしなかったと見られているが、意外なほど歴史を研究し生かす政治家
・武田信玄の上洛は天下取りよりも、徳川の領地(三河・遠江)目当て
・信長が足利将軍を追放した後は、平清盛のように朝廷の権威を直接に活用する路線に切り替え
・天皇は日常業務で忙しく制約が多いので、上皇になって権力を維持して、贅沢に暮らしていたほうがよかった
・秀吉は織田家の血を引く者を後継者にしたかったと考えれば、茶々を側室にしたのも理解できる
・家康にとって目障りだった浅井三姉妹〜日本を儒教国家化し女性を社会から排除

第2章 海道一の弓取りは誰かー東海・北陸
・豊臣家の団結は。ゴッドマザーたる大政所と寧々のチームワークによって保たれていた
・いつの時代でも戦争に集団自決はつきものだが、本当に死にたくなくても、誰かが「皆で死のう」といったとき、それに抗することは難しい。
・(信長が家康に武田家と内通していた信康の処分を求めたかどうかの真偽は定かではないが)家康と長男信康との間に深刻な対立があったのは確か

第3章 武士のふるさとは東国ー関東・東北
・鎌倉は室町時代にも関東公方の本拠地として栄えていたし、北条早雲も再興したいと思っていたが、結局江戸時代にわずかながらの寺社の復興がなされて現在に至る

第4章 上洛をしただけでは天下は盗れずー畿内・中国・四国
・阿国の頃の出雲大社は朱塗り

第5章 南蛮船が運んできた世界への夢ー九州
・細川忠興のガラシャへの歪んだ愛
・巫女による祭政一致と琉球王国

第6章 歴史シミュレーション戦国時代と江戸時代ーもし浅井三姉妹が徳川家康に勝っていたら日本と世界はこうなった
・「何も変わらないのが理想」の徳川の天下を盤石にした理由は家康の長生きのみ
・鎖国による体制を揺るがす変化の芽を摘み取ろういう政策は、世界の発展から遅れを取り、他のアジア地域の植民地化をもたらした

あとがき
・ドラマはあくまでもドラマ。史実に忠実ではない。

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogram投票ボタン


posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:00 | 神奈川 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>管理人の推しメンはまりこ様

私もです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E4%BB%81%E7%94%B0%E5%AF%9B%E5%92%8C

あと、彼女の高校時代の同級生の
白仁田に頑張ってほしいです。
Posted by FUKUHIRO at 2012年08月28日 12:52
>FUKUHIROさん
コメントありがとうございます。

白仁田はまずはプロで1勝ですね。
Posted by 管理人 at 2012年08月29日 05:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。