2012年02月16日

.@yonda4 4492043640[東京思い出電車旅―のんびりと自由時間の街歩き]

本題に入る前に昨日の湘南ベルマーレは厚木市荻野運動公園でブラウブリッツ秋田と練習試合を行い1−2で負けたようですが、結果はともかく、現地で見てたbellmarelifeさんひろさんの報告によれば内容も悪かったようで(^_^;)
さらに詳しいことはこちらもご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ 湘南ベルマーレへblogram投票ボタン(Ser.6022・2583日連続更新)

そういえば以前クラカンで真壁社長が2010年に厚木市荻野運動公園で公式戦を計画していたところJ1に上がったのでその計画は消えたとか言ってたことを思い出しましたけど、ウチの方からだと伊勢原市と厚木市の境界にあるとはいえ、平塚競技場3月からBMWス)の方が近いんですよね。

それはさておき、管理人自身は昨日所用で東京方面に電車で出かけたので、(業務のことは基本的にブログでは書かない方針ゆえ)そのからみで「東京思い出電車旅 のんびりと自由時間の街歩き」の紹介を。
東京思い出電車旅 のんびりと自由時間の街歩き|野村正樹|東洋経済新報社|送料無料
まずは、著者の野村正樹さんのご冥福をお祈りしたします。
かねてより肺がんで闘病中でございましたが
野村正樹は去る 2011年3月13日15時32分、66歳6カ月にて旅立ちました。


で、この本は書きおろしとしては最後の作品のようです

しかも、昭和30年代の写真と今を比べるなんてよっぽど昔から写真が趣味な人でないとそうそうできるものではないですので、かなりの貴重な作品かと

管理人自身も最近の写真ならありますが…


第一景 渋谷道玄坂
・東京の地下鉄の二大絶景
「地下鉄なのに地上や高架を走る区間があること」「デパートの建物の3階に駅があること」
DSC_1659.jpgDSC_1660.jpg【管理人が昨日撮影】

>青ガエルこと緑色の東急電車(初代5000系)の記憶はかすかにあります。玉電は覚えてないけど…
DSC_1649.jpgDSC_1650.jpg←ハチ公前の東急5001号【管理人が昨日撮影】


第二景 新宿西口ターミナル
〜昭和30年代は小田急も京王も地上ホームから電車が出てたらしいです。それと、都電杉並線は現在の丸の内とほぼ同じ経路。
DSC_1677.jpg←今は高速バスが【管理人が昨日撮影】


第三景 銀座通りと東京タワー
1329290691351.jpg20120215160020-231.jpg←今の銀座アップルストアと銀座二丁目メルサ【管理人が昨日撮影】
DSC_1050.jpgF1013468.JPG
【東京スカイツリーは本書と関係ありませんが比較のため掲載】

>著者自身は神戸出身で、六甲山という天然の展望台があったため、タワーにはさほど関心がなかったようですが、管理人は高いところが好き。今住んでるのも7階建てマンションの最上階の富士山が見える角部屋だし…

第五景 山の手・私鉄沿線めぐり
〜田園調布と成城学園前
〜Googleのストリートビューはのぞき見に過ぎない
〜富士山が見たい
DSC_1297.jpg←画像は狛江付近を通過するロマンスカーの車窓から撮影した富士山

第六景 多摩川と隅田川
RIMG0051-2.jpgDSC_1294.jpg
管理人自身の手持ちの画像に、丸子橋付近の画像は下からのはありますが、登戸付近の画像は電車から撮ったもののみ

第七景 荒川線・途中下車の旅
F1011171.JPG
荒川線って、かなり昔に面影橋から三ノ輪橋まで乗り通したことがあったんですが、早稲田−面影橋間はずっと未乗車だったんです。その区間を乗り通したのがつい最近なんですよね。

本野村正樹東京思い出電車旅 のんびりと自由時間の街歩き」(東洋経済新報社

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
昭和30年代に撮影した古き東京の鉄道写真を手掛かりに訪ね歩く東京八景。地方から上京し、この街に住み、家族を持ち、子供を育て、終の住処として暮らす東京移民が、過ぎし日の中に置き忘れていた東京の追憶がよみがえる。

【目次】(「BOOK」データベースより)
プロローグ 一枚の古い写真から
第1景 渋谷道玄坂
第2景 新宿西口ターミナル
第3景 銀座通りと東京タワー
第4景 赤坂見附交差点
第5景 山の手・私鉄沿線めぐり
第6景 多摩川と隅田川
第7景 荒川線・途中下車の旅
第8景 武蔵野散歩
エピローグ 友と家族と歩く歳月

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
野村正樹(ノムラマサキ)
作家、日本推理作家協会会員、日本ペンクラブ会員、日本文芸家協会会員。1944年神戸市生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。1967年サントリー入社。営業部、宣伝部、マーケティング部等で活躍。1986年に『殺意のバカンス』で推理作家デビュー。1995年独立し、マーケティング、広告、生き方、トレンド、世代論、都市論、推理小説などの著作・講演活動に専念。著書に『嫌なことがあったら鉄道に乗ろう』(日本経済新聞出版社、交通図書賞受賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【2010.1.15発行/20121.1.23読了】


人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogram投票ボタン
Follow ssasachan on Twitterがんばろう日本.jpg
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:11 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。