2012年02月24日

.@yonda4 4794217706[世界一空が美しい大陸 南極の図鑑] 武田康男

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン(Ser.6038・2591日連続更新)
世界一空が美しい大陸 南極の図鑑
世界一空が美しい大陸 南極の図鑑 [ハードカバー] / 武田康男 (著); 武田康男 (写真); 草思社 (刊)

旅行好きな自分でもさすがに「南極」まではいけません。

実は、海外もアジアしか行ったことがないんですが(^_^;)

なので、こういう本を上梓していただきありがとうございました。

と著者ならびに草思社に感謝しましょう。

本武田康男[文・写真]「世界一空が美しい大陸南極の図鑑」(草思社)
オーロラは当然美しいのは想像できますが
空の色・雪結晶・蜂の巣岩・霜など
自然の作り出したものばかりで
こんなさまざまな姿を南極は見せてくれるのかと
感動しました。

細かい解説もあり、読んでいると南極に行きたくなってしまいます。(うきうきこーんさん 40代・愛知県大府市 男4歳)

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
南極でしか見ることのできない現象を、170点以上の美しい写真で、科学的な解説とともに紹介する。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 空
(ゆらめくオーロラ/あまりに美しい朝焼け・夕焼け/景色が歪む!蜃気楼/雪結晶のコレクション/氷の粒がつくる光の現象 ほか)
第2部 地表
(南極の手つかずの地面/ブリザードがやってくる/雪面と霜の不思議/氷山ができてから消えるまで/過酷な南極にやってくる動物たち)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
武田康男タケダヤスオ
1960年生まれ。東北大学理学部地球物理学科卒業。高校教諭。気象予報士。日本気象学会会員。日本自然科学写真協会会員。第50次日本南極地域観測隊員として、2008年末から2010年春まで昭和基地などで観測業務に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

【2010.8.2第1刷発行/2012.1.31読了】


【備忘録】
・南極の「極」は1つじゃない⇒南極点、磁南極(方位磁石のSが示す方向)、地磁気南極
・朝焼け・夕焼けが美しいのは、空気中に浮かぶ微粒子が少ないせい
・何度も見える「グリーンフラッシュ(緑閃光)」
・南極での写真撮影の留意点
⇒修理も新規購入も不可/雲母片がカメラのレンズ可動部に入ることによる故障/寒冷地ゆえのバッテリーの持ちの悪さ/ブリザードなど
・雪が溶けないのに消えていく(雪や氷から一気に水蒸気になる昇華)
・海の中は栄養豊かな恵まれた世界
・南極の動物は人間を警戒しない

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogram投票ボタン
Follow ssasachan on Twitterがんばろう日本.jpg

開幕(3/4)まで(たぶん)毎日デイリーエントリーの最後に(たまには冒頭)掲示しておきます。

関連情報はこちらからも。
  ↓  ↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ 湘南ベルマーレへblogram投票ボタン
タグ:南極
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:30 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。