2012年01月14日

内閣改造で消費増税へ態勢強化というので、河村たかし名古屋市長の @yonda4 4344982061[減税論―「増税やむなし」のデタラメ] を読めと

本題に入る前に、昨日は野球関連では財団法人野球体育博物館今年の野球殿堂入りを発表
野球平成24年 野球殿堂入り決定!!(財団法人野球体育博物館殿堂ニュース)

プレーヤー表彰は北別府学氏、(故)津田恒実氏を選出
【参考ブログエントリー:敗戦処理。さんkazuさん

また、サッカー関連では反さんとともに野澤も去りぬ(>_<)【公式発表:湘南ベルマーレ松本山雅】というニュースとか、
ssasachan J1開幕(3/10)は
広島―浦和(広島)
札幌―磐田(札幌)
仙台―鹿島(仙台)
柏―横浜(柏)
大宮―FC東京(大宮)
川崎F―新潟(川崎)
名古屋―清水(名古屋)
鳥栖―C大阪(鳥栖)
G大阪―神戸(大阪)
とわかったけどJ2は?  http://t.co/2XEsdETD at 01/13 10:54

ssasachan (2chの日程スレによれば)J2開幕戦(3/4)
水戸ー横浜FC
千葉ー山形
東京Vー松本
湘南ー京都
甲府ー栃木
岐阜ー鳥取
岡山ー富山
愛媛ー町田
福岡ー熊本
北九州ー徳島
大分ー草津
(来週正式発表予定) at 01/14 04:02
とかの件がありますが、それらに関する詳細はこちらをご覧いただくして、
 ↓  ↓  ↓
banner_21.gifにほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 湘南ベルマーレへblogram投票ボタン(Ser.5956・2550日連続更新)
野田内閣改造で、副総理兼社会保障と税の一体改革・行政改革担当相として党代表経験者の岡田克也民主党前幹事長(58)を起用し、消費税増税を含む一体改革への「不退転の決意」を鮮明にさせた新閣僚一覧】と言うので、管理人としては「これでいいのだ」とは言えるわけないだろ(怒)
国の財政がひっ迫しているのは理解しますが、「増税したとしても消費が委縮して思ったほど税収伸びないよ」という立場から河村たかし名古屋市長の書いた「減税論―「増税やむなし」のデタラメ (幻冬舎新書) 」でも読めよ…
減税論―「増税やむなし」のデタラメ (幻冬舎新書) [単行本] / 河村 たかし (著); 幻冬舎 (刊)

その上で異論があるなら、なぜこの本に書いてあることの方がおかしいのか?

庶民にわかるように説明して下さい(あるいは、反論本の上梓でも可)

本河村たかし減税論 「増税やむなし」のでたらめ」(幻冬舎)
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「日本は財政危機だ。増税しないと破綻する」という話は大ウソだ。今は貯蓄過剰の金余り状態。本当に財政危機なら、経済学的にも国債の金利が高くならないとおかしい。その事実を無視した“増税やむなし論”は、利権を貪る政治家や財務官僚の誤った陰謀的世論操作であり、むしろ昨今のデフレ下でこそ減税が必要なのだ-。市民税10%削減を実現し、公共サービスを向上させた名古屋市長が、日本再生の糸口にもなる減税策の仕組みと成果を堂々展開。

【目次】(「BOOK」データベースより)
まえがき
第1章 国債は「借金」ではなく「財産」である
第2章 減税に財源の心配はいらない
第3章 減税で名古屋の公共サービスは向上した
第4章 議員の家業化をいまこそ見直す
第5章 政治とカネとこれからの日本
減税は全国どこでもできる-あとがき

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
河村たかし(カワムラタカシ)
1948年名古屋市生まれ。旭丘高校、一橋大学商学部卒。家業(古紙回収・卸売業)に従事し、中小企業の辛酸を体験する。93年、衆院選・愛知一区でトップ当選を果たし、以後、計五回連続当選。2009年4月、名古屋市長選に「庶民改革」を掲げて出馬し、当選。市議会による減税否決と、市議会解散請求(リコール)成立後、11年1月に「民意を問いたい」として市長を辞任。同年2月に再選された(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
<2011.3.30第1刷発行/2012.1.3読了>


【備忘録】
まえがき
・増税こそが、日本を破綻させてしまう
〜増税すると国民はますますサイフのひもを締める
〜いまのデフレ不況の中では消費を刺激するような政策が必要

第1章 国債は「借金」ではなく「財産」である
・貯蓄過剰の受け皿が国債、増税やむなしは最悪の政策
・日本国債の金利が上がらないことが、国家財政はまだ危機的でない証拠
・企業でも営業が稼ぎ、総務(管理系)が使う構造になっていても全体として儲かっていればいいように、国家でも役所・議会の赤字部門を上回る稼ぎを民間産業部門がしていればいい。
⇒ゆえに、民間の産業部門にお金を回して、その分以上に稼いでもらえばいい
・民間企業の景気を良くし国全体の経済を持ちあげないと本当の財政戦再建につながらない。
・ギリシャは公務員優遇等の政策で失敗した
・アラート機能を持つ「国債」は平和への道で、強制的に徴収される増税は戦争への道

第2章 減税に財源の心配はいらない
・税金は必ず余るようになっている
・名古屋市では減税分を行政政策でまかなった
・事業仕分けをしても、税金は還元されない
・このデフレ不況を乗り切るためには、減税して民間にお金をまわすことが必要

第3章 減税で名古屋の公共サービスは向上した
・総予算が減ればムダの見直しをするもの

第4章 議員の家業化をいまこそ見直す
・政治家の高給をなんとかしろ
・税金でメシが食える職業は簡単に世襲される。
・カネのない方が優秀な人物が集まるはず

第5章 政治とカネとこれからの日本
・政治のそもそもの役目は、税金を安くすること
・「政権交代」より「議員交代」可能な二大政党づくりへ
・織田信長の「楽市・楽座」が手本

減税は全国どこでもできる-あとがき
・名古屋のように工夫し、職員にも一肌脱いでもらって行政コストを下げれば、減税は全国どこでもできる

>確かに耳触りのいいことばかり言っている感はありますが、
>(既得権益を守りたい)官僚のいいなりになっている人とどっちがマシ?
   ↓  ↓  ↓
banner_21.gifにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogram投票ボタン
Follow ssasachan on Twitterがんばろう日本.jpg

【内閣改造関連エントリー】
クズ議員しかいないんだから、改造してもクズ内閣(エコドライブ日記)
野田「反小沢?」改造内閣発足へ!民主党分裂、政界再編へ繋がるか?西で手ぐすね引く橋下将軍さま(しっとう?岩田亜矢那)および当該エントリーへのトラックバックエントリー
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:18 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

野田改造内閣 5閣僚交代
Excerpt: 野田内閣野田改造内閣、岡田氏を司令塔に…閣僚5人交代(読売新聞) - goo ニュース 今日は13日の金曜日ですがキリスト教徒でない浜爺に何の関係も無いんです。 わははは! 朝のラジオもTVも岡田氏..
Weblog: 王様の耳はロバの耳
Tracked: 2012-01-14 08:11
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。