2012年01月03日

箱根駅伝往路と高校サッカーと小田原の海岸にクジラが打ち上げられた件を前振りに、@yonda4 4163742204[日本復興計画] 大前研一

まずは、昨日の「第88回東京箱根間往復大学駅伝往路(2日、東京・大手町―神奈川・箱根町芦ノ湖駐車場=5区間108.0キロ)の件。【往路結果(PDF)】
ssasachan / スーパーサウスポーあさちゃん。
(柏原君応援歌) 箱根の山にかけろ♪ 気合いで駆け抜けよ♪ 誰もお前を止められぬ♪ 柏原突っ走れ♪【音声】←東洋大学先輩の某プロ野球選手のHMの替え歌 at 01/02 12:37


CBと東洋大柏原選手.jpg2009.5.5鎌ヶ谷スタジアムにて管理人撮影
(上の写真右の)東洋大学柏原竜二選手の5区4年連続区間賞(しかもラストは記録更新)にはアッパレ!というしかありませんが、その5区を最後に走った東京農業大学の津野浩大選手ゴールできるかどうかわからないうちに中継を打ちきった日テに喝!ですね。
  ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン(Ser.5934・2539日連続更新)

結局、先頭の東洋大・柏原選手から40分以上遅れてゴールにたどりつきましたが、競技者の健康確保の件もさることながら、その後の第90回高校サッカー選手権大会の中継【2回戦鹿島学園(茨城)1-2 國學院久我山(東京B)@柏の葉】もLiveではなかったんだからなんとか融通きかせることができなかったのかな?という思いも…

その高校サッカーですが、(管理人の地元)神奈川県代表の桐光学園は12/31の1回戦では、初芝橋本(和歌山)にPK勝ち
昨日の2回戦では米子北(鳥取)に5−1の圧勝
3回戦は連戦となって今日12時5分から三ッ沢で尚志(福島)と。
ここで勝つと、準々決勝は5日に埼スタで桐生第一(群馬)−奈良育英(奈良)の勝者と対戦。以後、7日の準決勝(国立)、9日の決勝(国立)と最後までつながっていきますように…

その他、高校サッカーに関する関連情報はこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
banner_21.gifにほんブログ村 サッカーブログへblogram投票ボタン

それ以外の神奈川県関連ではこのニュースにびっくり(@_@;)
1月2日午前6時ごろ 神奈川県小田原市の海岸に、体長約6メートルのクジラが打ち上げられているのが見つかりました。(ANN NEWS)


ssasachan / スーパーサウスポーあさちゃん。
神奈川県小田原市の海岸に、体長約6メートルのクジラが打ち上げられているのが見つかりました。 http://t.co/R4EKGfO4 小田原市は、処分方針が決まるまでクジラを海岸にとどめておくということです。>って、箱根駅伝復路6〜7区から流れてくる見物客多そうかな? at 01/03 05:56
ということもさることながら、東海地震の前兆?説にはガクガク((((;゚Д゚)))))))ブルブル!!!
【追記:1月4日5日も現地でそのままになっているのを確認済


ということで、前振りが長くなっちゃいましたが地震つながり?で、昨年3月11日に発生した東日本大震災からの復興策を緊急上梓したという、大前研一・著「日本復興計画 Japan;The Road to Recovery」の紹介を。
日本復興計画 Japan;The Road to Recovery [単行本] / 大前 研一 (著); 文藝春秋 (刊)

それにしても、「計画停電」って、いったいなんだったんでしょうね?

電力需給に関しては、総量を抑えることよりもピーク時の電力使用量が供給を超えないよう需要を分散させることが肝だということは、東電自身が毎年夏に宣伝していたはずなのに…

おかげさまで、休日を変えたり、勤務時間を早めたり、現場は混乱したものの、結局ブラックアウトは起こらず…

個人的には、ゴールデンウィーク後半の休日(5/3〜5)がなくなって東京ドームの兎虎戦の参戦はかなわず。その代わり仕事は進んだし、代わりに設定された休みの間にナゴドのオールスターと(甲子園の雨天中止によりさらに振替で)生ベルタソ→新大阪から九州新幹線「みずほ」初乗り→熊本KKWINGのベルマーレアウェイ戦+生くまモンも見れたし、どちらかといえばかえって良かった面の方が多かったですかね…

本大前研一日本復興計画文藝春秋
東日本大震災からわずか2日後の解説映像が大評判になり、YouTubeでの再生は125万回を超えました。それもそのはず、大前氏はMITで原子力工学の博士号を取得、日立製作所で原子力プラントを設計していたのです。さらに国家コンサルタントとしての視点から、復興の財源、エネルギー問題、外交政策など緊急提言します。

なお、大前氏は印税を一切放棄、売上げの12%は被災地救援に寄付されます。まずは私たちから「新しい、もっと強い日本」への第一歩を。

<目次>
第1章 これで原子力の時代は終わった
第2章 三分の二に縮小する生活
第3章 日本復興計画

<著者情報>
大前 研一
1943年福岡県生まれ。早稲田大学理工学部卒業後、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号を取得。マンハッタン計画に携わった科学者が多数在籍していたマサチューセッツ工科大学(MIT)大学院に移り、原子力工学科で博士号を取得。日立製作所に入社し、原子炉プラントの設計に携わる。72年、マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク入社。日本支社長、アジア太平洋地区会長を務める。92年に政策市民集団「平成維新の会」を設立する以前から、日本国の設計ビジョンを提言
※本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです
(2011.4.28発売/2011.11.11読了)


【備忘録】
はじめに
・3.11を境に日本が変わったのではない、日本の危機はその20年前から続いて来ているものだ

第1章 これで原子力の時代は終わった
・原子炉というものは、非常用・バックアップ含め、考えられうるすべてが電気を前提にしている
・今回の汚染レベルでは、早期に洗い流してしまえば、それほどの害は起こらないと思う
・原発を六基も同じ敷地に並べておくのはリスクが高すぎる〜住民対策がやりやすいだけ
・消費税を1年間だけUP
・東電の取締役以上に、原子力の現場からのたたき上げがいないのが問題〜現場の把握がしにくい

第2章 三分の二に縮小する生活
・東電内部では原子力は日陰の身
・原子炉を冷やし続けるのは3年から5年〜特殊な布テントで覆うべし
・これで日本には原子力技術者はいなくなり、技術の伝承も途切れるだろう
・計画停電の愚
〜コンピューターで動く現代社会では一瞬でも止めたらダメ、難しい地域を避けて弱者に集中、節電より集中排除、ピークカットにはサマータイム・選択週5日など他の策あり
>夏の甲子園中止はさすがにやりすぎだろう
・被災地の定義は難しいが被災者のための増税なら国民も甘受するだろう


第3章 日本復興計画
・津波と地震と原発の3点セットは、日本とカリフォルニアしかない〜今回の事故分析をしっかりすれば、他国ではすすめても問題ない。
・今回のケースでは「現場の知恵」が不足していた
・計画停電の愚
⇒停電の目的はピークの需要を下げることなのに、1日2〜3時間順番で電気を止めるのでjはその目的がはっきりしない
・原発は国主導で進められてきた。やりたがる電力会社はない
・この20年間で貧乏になり続けているのは日本だけ
・日本でも街並み規制は地域主導でやるべし
・一部の地域ブロック主導でやってみて、本格的な道州制に移行
・持家、マイカー、教育に金をかけるな
最後は自分自身が頼みの綱

banner_21.gifにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogram投票ボタン
Follow ssasachan on Twitterがんばろう日本.jpg
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 10:23 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(2) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

箱根駅伝2012往路 駒澤大学は4位 首位東洋大と6分以上の差
Excerpt: 箱根駅伝2012往路、駒澤大学は4位でした。首位東洋大と6分以上の差が尽きました。
Weblog: つらつら日暮らし
Tracked: 2012-01-03 11:11

競技者の“生命”を第一に考えて欲しい
Excerpt: ***************************** 「東農大・津野、意識朦朧でゴール/箱根駅伝」(1月2日、共同通信) 第88回東京箱根間往復大学駅伝・往路(2日、東京・大手町―神奈川..
Weblog: ば○こう○ちの納得いかないコーナー
Tracked: 2012-01-03 12:13
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。