2011年11月02日

JR東日本都市対抗野球初優勝につき、@yonda4 4480066160[時刻表タイムトラベル (ちくま新書)] 所澤秀樹・著

本題に入る前に、昨日の野球関連のニュースには他に10月度(←これは初)「日本生命月間MVP」受賞者発表もありましたが、東日本大震災の影響で秋に延期された上で会場も京セラドーム大阪に変更された(←現時点での電力事情を考慮すれば東京ドームでやる方がいいと思うけど)第82回都市対抗野球でJR東日本が初優勝と聞いて…
この試合や都市対抗野球全般に関しての詳細はこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
banner_21.gifにほんブログ村 野球ブログへblogram投票ボタン(Ser.5810・2475日連続更新)

これは鉄道関連の本の紹介せなあかんな。

ということで、時刻表タイムトラベル (ちくま新書) [新書] / 所澤 秀樹 (著); 筑摩書房 (刊)
時刻表タイムトラベル (ちくま新書) [新書] / 所澤 秀樹 (著); 筑摩書房 (刊)


要は、昔の時刻表の回顧録的なものです。

著者は管理人よりやや上の世代の人のようですが、管理人自身は「食堂車」も「(寝台車でない)夜行列車」に乗った経験はなく、この本の中で懐かしさを感じるのは(実乗車体験あり)、


電車多層建て急行:アルプス+八ヶ岳+かわぐち(DC急行)
〜小海線から急行・八ヶ岳(確か、小諸→小海まで普通)で新宿まで

電車房総半島循環急行:
〜新宿から内房線経由で安房鴨川まで、同じく外房線経由で安房鴨川まで、帰りも同様
 (実際に乗ったのは、外房→内房の「みさき」と内房→外房の「なぎさ」:165系

の2つくらい。


本所澤秀樹時刻表タイムトラベル」(ちくま新書
懐かしの上野発の夜行列車、あこがれの食堂車でのディナー、夢の世界一周切符!? 昔の時刻表を読みこんで、時間旅行に出かけよう。
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ネット検索が全盛の時代、もはや経路検索に利用されることが少なくなった時刻表。それでも、読み物としての価値は薄れることがない。昔の時刻表を紐解けば、過ぎ去りし日を思い出し、昔話に花が咲く。相当悪かった列車内でのマナー。懐かしき食堂車のカレーライス。戦前の海外までの連絡切符。栄枯盛衰の夜行列車。さあ、時をかける紙上の旅へ。

【目次】(「BOOK」データベースより)
昔の時刻表はタイム・マシーンー「はしがき」に代えて
第1章 タイムトラベル「列車編成」の巻
第2章 タイムトラベル「食堂車」の巻
第3章 タイムトラベル「戦前の鉄道」の巻
第4章 タイムトラベル「多層建て列車と夜汽車」の巻
附章 南宮崎から稚内へ、夜行列車だけで辿る列島縦断珍道中

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
所澤秀樹(ショザワヒデキ)
交通史・文化研究家、旅行作家。1960年東京都生まれ。重電機器設計、輸出事務、広告宣伝、市場調査、ビデオソフト製作、債権管理、医療事務コンサルタント等の職を経て、旅、鉄道を中心とした文筆稼業に専念(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


【ご参考】
新幹線本書と似たようなコンセプトのブログ→タイムテーブル・タイムトラベル〜時刻表歴史館
時刻表世界史―時代を読み解く陸海空143路線 [単行本] / 曽我 誉旨生 (著); 社会評論社 (刊)
banner_21.gifにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogram投票ボタン
Follow ssasachan on Twitterがんばろう日本.jpg

本題とは全然関係ないけど、聞いてみたかったので



posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 05:31 | 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。