2011年09月13日

「中秋の名月」の画像を前振りに「ヤクルトラッキー7の「東京音頭」の前奏・間奏の件

昨日は旧歴8月15日の「中秋の名月」ということで、まずは自分ちから撮った画像を3点ほど。

左の画像は広角24mm、右の画像はプレミアムズーム18.8倍(Max)で
20110913_中秋の等倍.jpg20110913_中秋の名月23倍.jpg←3点ともクリックすると拡大します。
20110913_中秋の名月UP.jpg←こちらはデジタルズーム併用で最大限拡大した画像から黒い部分をトリミング
実際に撮ったのは明け方ということは置いといて…


他に関連画像月そのものに限らず)をUPしている人のブログはこちらからもご覧いただくとして、
   ↓ 
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン(Ser.5710・2427日連続更新)

で、本題のヤクルトスワローズ ラッキー7の「東京音頭」の前奏・間奏の件

自分でやってて言うのもなんですが、ヤクルト−阪神戦なのになんで「くたばれ読売」?

で、(巨人戦を除く)他の試合でも似たようなもんなのか?

自分が生観戦した例では、2009年4月8日のヤクルト−中日戦のライトスタンド

前奏で例のセリフを言ってますね。最後の方で(応援団らしき人の)「今、戦っているのは(中日だから、クタバレ讀賣とは言わないように)」が聞こえますが…

一方、2010年10月3日のヤクルト−横浜戦のレフトスタンドから

反応が鈍い…

ヤクルトがビジターだった2010年8月13日の阪神−ヤクルト戦(京セラドーム大阪)では、

関西のスワローズファンはクタバレ讀賣♪やらんのね。

自分の経験知だけではなんなので、ようつべで「東京音頭 ヤクルト」をキーワードに検索をかけると、

最近ではヤクルト側は「東京ヤクルト」になったんですね。

もっとも、2年前のスワローズが勝てば、CS進出決定の超満員の神宮球場で行われた大一番や、

CSの中日戦では、

(「くたばれ」という言い方が上品でないことは置いといて)「くたばれ!目の前の対戦相手!」は自分的には違和感感じない。自分が反対側にいたら「くたばれ!ヤクルト!」と言い返しますが、これは直接対決しているんだから当然のこと…

ということで、ヤクルトの応援団は「くたばれ讀賣」に代えて「東京ヤクルト」を定着させたいようですが、(阪神ファンが対戦相手の投手降板時に歌う「蛍の光」同様)長年の習慣ってなかなか抜けないようで…

ただ、第三者的な立場で見ると、(阪神の応援団が読売戦以外で「クタバレ讀賣!そ〜れいけいけ!」とう言うのに違和感を感じるのと同様に)対戦相手以外の他のチームに言及するのはやっぱりおかしいとは思います。

他の方の見解はこちらで
  ↓  ↓
banner_21.gifにほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへblogram投票ボタン
悪たれ巨人 (全22巻)漫画全巻セット【中古本】【中古】afb
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 08:26 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。