2011年09月28日

9/27のACL全北−セレッソ戦とプロ野球とイチロー200本安打もうムリポの件を前振りに、@yonda4 4072742988[イチローのバットがなくなる日―「アオダモ」を巡る渾身のルポルタージュ]

昨日は家に帰ってから、ニッポン放送のヤクルト−阪神戦の中継を聴きながら、TVでは何を見ようかとNHK BS1【ホークス−日ハム戦】・BS-TBS【横浜−巨人戦】・BS11【楽天−西武戦】とまずは野球中継を見てみたら、自分の望まない経過になっていたので、他のチャンネルを見てみたらBS朝日でACL準々決勝【全北−セレッソ戦】が後半キックオフ開始のところで0-1とセレッソ1点ビハインド。少なくとも引き分けで準決勝にすすめることは知っていたので、セレッソの方を応援しつつ見てたんですが、結局は1−6と大敗
何も同一資本系列同一地域(セ)の野球チームにならわんでもorz

セ・リーグ
◇巨人4―1横浜
 巨人の新人沢村は低めへの制球がさえ、7回1失点で9勝目。5回に坂本、藤村の連続犠飛で勝ち越した。横浜は6年連続のBクラス決定。

◇中日5―4広島
 中日が接戦を制し、貯金を再び10とした。9回、ブランコの中前適時打で勝ち越し、最後は岩瀬が締めくくった。広島は3連勝ならず。

ヤクルト8―4阪神
 ヤクルトが一発攻勢。1回は畠山の左越え2ラン、6回は川端の右越え満塁本塁打で勝ち越した。3年目の日高が、好救援でプロ初勝利。

パ・リーグ
◇ソフトバンク10―1日本ハム
 ソフトバンクのホールトンがリーグトップに並ぶ16勝目を挙げ、優勝マジックは5。日本ハムは攻守に覇気がなく、引き分けを挟み8連敗。

◇西武7―1楽天
 西武が9年ぶりの10連勝で、6月5日以来の勝率5割。2回に浅村の2ランで先行。6回にフェルナンデスの2点二塁打などで突き放した。

◇オリックス6―4ロッテ
 オリックスが4連勝。1回にT―岡田、バルディリスの連続適時打で先行するなど2回までに5点を奪った。ロッテは7年ぶりの10連敗。

セレッソの試合の件も含め、さらに詳しいことはこちらもご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
banner_21.gifにほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 サッカーブログへblogram投票ボタン(Ser.5740・2442日連続更新)
今回はイチローの11年連続200安打達成には残り2試合で17本が必要と絶望的(←虎のCS入りも?)になったことを受けて、イチローのバットがなくなる日―「アオダモ」を巡る渾身のルポルタージュ (主婦の友新書)の紹介を。
イチローのバットがなくなる日―「アオダモ」を巡る渾身のルポルタージュ (主婦の友新書) [新書] / 長谷川 晶一 (著); 主婦の友社 (刊)

小雨アオダモWikiから
アオダモ(青梻、学名:Fraxinus lanuginosa f. serrata)とはモクセイ科トネリコ属の落葉広葉樹である。雌雄異株。別名:コバノトネリコ、アオタゴ。
アオダモのアオの由来は雨上がりに樹皮が緑青色になること、枝を水に浸けて暫くすると水が青い蛍光色になること、高級感を出すために黒墨に加えて青墨を作るための着色剤として利用されたこと、青い染料に利用されたことによるといわれる。

利用
材質は堅く強いが粘りがある。そのため曲げることができ、このような特質を生かしてさまざまな用途で使われた。
日本では木製のスポーツ用品の材料、とくに野球で使われる木製バットの原料として知られる。他にスキー板やテニスのラケットなどにも使用される。日本でのバット材としての需要は年間20万本以上あり半数は輸入材で国産材のほとんどはアオダモである。計画的な植林・伐採が行われなかったことから、バットに適した高品質な材の確保が困難になっている。2000年には行政、野球関係者、バット生産者が一体となってアオダモ資源育成の会が発足、資源を確保するための取り組みが行われている。

Yahoo知恵袋から
アオダモはしなりがよくききます。
メープルは反発力が強いです。
ホワイトアッシュは球離れが遅い(球をバットにくっつけて飛ばすかんじ)選手が使用します。


ともあれ、この本によれば、アオダモは少数派になっているようで…

本長谷川晶一「イチローのバットがなくなる日
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
世界のイチローのバットには秘密がある。驚異的なしなりと粘りが魅力の「アオダモ」材。しかし、そのアオダモが今絶滅の危機にある…。バットのために命を賭した男たちがいた。世界のヒーローに隠れた、無名のヒーローたち。彼らがいたから、イチローの大記録がある。2010年三度目の旅で、著者が知った衝撃の現実とは。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 「どうして、こんなことに…」-2010年夏
第1章 アオダモは死なず-2006年早春・その1
第2章 アオダモの再生-2006年早春・その2
第3章 アオダモを取り巻く異変-2008年夏
第4章 そして、三度目の北帰行-2010年夏・その1
第5章 あの日の若木が…-2010年夏・その2
第6章 機械がバットを作る-2010年夏・その3
第7章 いつか来た道-2010年夏・その4
第8章 「三度目の旅」を終えて-アオダモの今後
終章 雨の神宮球場にて-名もなきヒーローの奮闘

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
長谷川晶一(ハセガワショウイチ)
1970年生まれ。早稲田大学卒業後、出版社勤務を経てフリーランスに(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


【備忘録】
第1章 アオダモは死なず-2006年早春・その1
・イチローがメジャー入りする際、今まで愛用していたアオダモから米国産のホワイトアッシュに変えてはみたものの、結局アオダモの方がフィーリングが良かったと再び愛用。現在に至る。
・一流の人の方が道具を大事に使う

第2章 アオダモの再生-2006年早春・その2
・アオダモは一番粘り気があって箸には最適
・限りある資源を大事にするのがモノに対する礼儀

第4章 そして、三度目の北帰行-2010年夏・その1
・仕入れ値が高いのに売値が安い。まったく採算の取れないのがアオダモの木
・アメリカの木とは品質で、中国の木とは価格で勝負にならない

第6章 機械がバットを作る-2010年夏・その3
・アオダモよりメイプルの木の方がバットに使われてくるようになった
・アオダモは育ちにくい。
・今やアイダモを愛用している選手は、イチロー以外はアライバくらい

第7章 いつか来た道-2010年夏・その4
・イチローの好むアオダモは日高山系もの
・ミズノは使命感でアオダモのバットを作り続ける
・今の大学生、社会人の選手はほとんどメイプルを使っている
・昔はトリネコやヤチダモからアオダモへ移行の流れがあった

第8章 「三度目の旅」を終えて-アオダモの今後
・ヤクルト青木選手もアオダモからメイプルへ移行(堅い素材でより強い打球を打ちたい)

終章 雨の神宮球場にて-名もなきヒーローの奮闘
・アオダモの使命はイチロー引退とともに終わってしまうのか?


banner_21.gifにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogram投票ボタン
Follow ssasachan on Twitterがんばろう日本.jpg
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:25 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(3) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【2011 公式戰】 ● 阪神 4−8x ヤクルト (神宮) ●福原 /借金3。
Excerpt: 福原がピンチを作り、榎田が滿壘ホームランを被彈。
Weblog: 仙丈亭日乘
Tracked: 2011-09-28 07:50

阪神対ヤクルト 第1試合 神宮
Excerpt: あひゃ〜! やっぱり負けてるッ! Σ( ̄□ ̄|||)
Weblog: 猫爪の三日月。
Tracked: 2011-09-28 09:08

【阪神】首位・ヤクルトに逆転負け
Excerpt: (神宮) 阪  神103 000 000=4 ヤクルト300 005 00X=8 <投手> (神)スタンリッジ−渡辺−藤原−福原−榎田−西村−小嶋 (ヤ)村中−日高−押本− ...
Weblog: FUKUHIROのブログ・其の弐
Tracked: 2011-09-28 15:41
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。