2011年10月21日

.@yonda4 4309271235[FM雑誌と僕らの80年代--『FMステーション』青春記]

本題に入る前に、阪神の次期監督の件。外部招へいだと時間かかるし、早く決めたいのならこの選択肢しかないんでしょうね

ssasachan / スーパーサウスポーあさちゃん。
レッズがユースの監督をトップの監督にしたのに倣えば、吉竹じゃないのか?去年のサンガかよ(加藤久→秋田豊(コーチからの昇格)) RT @47news: 速報:プロ野球阪神の次期監督に和田豊打撃コーチの昇格が有力。関係者への取材で判明。 http://t.co/ciZjVtVE at 10/21 05:04

もっとも、ベイスターズの身売り問題同様、
これではあかんという筋からの割り込みが入るかもしれないしね…
ということや、甲子園がガラガーガ記録更新だったり、ノムケンがセ・リーグ奪三振記録に気付かずをマエケンを交代させてしまった(←カープファンの皆さんOJTだと思って辛抱しとってやwww)ことなど昨日のプロ野球の試合に関する詳細はこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
banner_21.gifにほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへblogram投票ボタン(Ser.5786・2465日連続更新)

和田さんやノムケンもこの本を読んだら青春時代思い出すかな?ということにからめ、恩蔵 茂・著「FM雑誌と僕らの80年代--『FMステーション』青春記」(河出書房新社)の紹介を。
FM雑誌と僕らの80年代--『FMステーション』青春記 [単行本(ソフトカバー)] / 恩蔵 茂 (著); 河出書房新社 (刊)

FM雑誌を頼りに「エアチェック」してた頃が懐かしい。

という管理人も、和田さんやノムケンと同世代(^_^;)

だいたい、今の30歳代より下の人は「エアチェック」って何?それおいしいの?

という感じではないかと…


という管理人も、エアチェックを盛んにやっていたのは、「貸しレコード屋」が通学圏内に出来る前だったし、だいたいその「貸しレコード屋」にしても、数年で「レンタルビデオ&CDショップ」に変わりましたしね。

著者は、「FMステーション」の元編集長で、本書はその思い出を中心に色々と書いてあるものなのですが、管理人自身は1970年代後半は「FMレコパル」を愛読してたものの、1981年に「FMステーション」が創刊してからはそっちの方を愛読するようになりました。
DSC_0470.jpg←FMステーションに付いていたカセットレーベルで装飾したカセットテープがまだありました。

本恩蔵 茂FM雑誌と僕らの80年代」(河出書房新社
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
レコードもオーディオも高価だったあの頃、FMとラジカセこそが、音に飢えた若者たちの音楽入門だった。80年代の伝説的雑誌『FMステーション』元編集長が語る、百花繚乱の音楽シーンを駆け抜けたFM雑誌の青春記。

【目次】(「BOOK」データベースより)
はじめに-かつてエアチェックとFM雑誌の時代があった
第1章 FM放送が始まった-エアチェック時代の前夜
第2章 こちらFMステーション編集部-後発FM雑誌のドタバタ奮闘記
第3章 FMと番組表とカセットテープ-音楽をエアチェックする時代
第4章 FMステーションの黄金時代-ステーション読者の思い出のために
第5章 音楽メディアの変貌-CD登場、ビデオ規格戦争、FM多局化
第6章 黄金期の終焉-すばらしき“ラジオ・デイズ”
あとがき-FM雑誌の読者に花束を

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
恩藏 茂(オンゾウシゲル)
1949年東京生まれ。慶應義塾大学ドイツ文学科卒業。元『FMステーション』編集長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
<2009.9.20初版発行/2011.9.9読了>


【備忘録&各章ごとの所感】
第1章 FM放送が始まった-エアチェック時代の前夜
>そういえば、エアチェックやってた頃は、NHK FMとFM東京しかなかった
>大学時代は遠距離通学だったので、(カセット)ウォークマンは必携でしたね。
>とは言っても、最初に買ったのは違うメーカーのラジオ付きのだったし、2台目もSONYながらもスピーカー付でウォークマンブランドではなくて、実際にSONYウォークマン買ったのは社会人になってから、カセットが3機。
>MDの導入は2003年とかなり遅め。しかも、SHRAPだし(^_^;)
>今はワンセグウォークマンだしね(A-919とX-1060:ともに製造中止)
>テープもノーマル(TYPET)、クローム(ハイポジション・TYPEU)、フェリクローム(TYPEV)、メタル(TYPEW)と4種類ありましたね。
>ラジカセは最初はAIWAのステレオ→SONYのシンセサイザーチューナー付→三洋MR-U4
>いわゆるコンポーネントステレオと呼ばれるものは、最初はTechnics(現パナソニック)のアンプとレコードプレーヤーと小型スピーカーのセットで始まって、パイオニアのチューナーとSONYのカセットデッキとCDデッキを足して、その後引っ越したときに、SONYのフルコンポ(LIBERTYシリーズ)
>今のマンションに引っ越した時にそのコンポは譲って、DENONのミニコンポ
>2003年以降SHARPのAuviシリーズ(DVD再生可能)、現在に至る

第2章 こちらFMステーション編集部-後発FM雑誌のドタバタ奮闘記
・先行三誌
FM fan」(共同通信社):1966.6〜2001.12.10号にて休刊/クラシック、ジャズ中心
週刊FM」(音楽之友社):1971.3〜1991.3休刊/ニュー・ミュージック中心
「FMレコパル」(小学館):1974.7〜1995廃刊/ビギナー向けオーディオ記事メイン
・FMステーションは「使う(切り抜く)」雑誌とアイドルで行こう!
〜アーチストの写真はカセットレーベルサイズにするなど。初期は中森明菜
>イニシャルで書いてもT社とV社はわかるって(^_^;)
・ポール・サイモンに猛虎魂を感じるwww
〜今はなき大阪球場のコンサートで阪神タイガースの帽子をかぶって登場

第3章 FMと番組表とカセットテープ-音楽をエアチェックする時代
>管理人はエアチェックはノーマルテープ。レコードはハイポジション。CDはものによりハイポジションかメタルテープを使用してました。

第4章 FMステーションの黄金時代-ステーション読者の思い出のために
>読者コーナーは面白いとは思ったけど、投稿した経験はありません。
>同じ出版社の「カー・アンド・ドライバー」なら1984年式ホンダ・シビック3ドア25R、1990年式ホンダ・アコードセダン2.0EXLi(4WS)のドライバーの不満と満足で掲載されましたが…
・1984年の読者投票では、好きなアーチストの1位がビリー・ジョエル。嫌いなアーチストの1位がプリンス。
>管理人もプリンスはほとんど聴かなかったなあ。洋楽では1位のビリー・ジョエル、2位のデュラン・デュラン、5位のカルチャー・クラブ、6位のホール&オーツあたりはよく聴きました。
>和物ではユーミンと山下達郎とオフコースあたりかな

第5章 音楽メディアの変貌-CD登場、ビデオ規格戦争、FM多局化
・CDの音質に驚愕したものの、CDのジャケットは(サイズダウンで)味気なくなった
・さらに今はダウンロード配信ゆえパッケージそのものがなくなってしまったわけで
>カセットからMDに移行したときも同じですね
>管理人がVTRを購入したのは1987年と遅めだったので、VHSかベータかの選択はもうVHSに決着がついていた時代。
>VTR・HDDデッキは通算4台購入していますが、今のも含めパナソニックが3台。三菱が1台。しかも、最初に買ったパナソニック以外は現役
・FMの多局化
>当初、FM東京とNHK FMしかなかったのが、1985年12月にFM横浜、1988年にJ-WAVE

第6章 黄金期の終焉-すばらしき“ラジオ・デイズ”
・1988年に開局したJ−WAVEがオンエア曲の提供を拒否〜その日の状況に応じて柔軟にオンエア曲を決めたい
>管理人の最初のオーナーカーの1984年式ホンダ・シビック3ドア25RにはAMラジオしか付いていなかったのですが、次のカローラセダンからはFMラジオ付に。
>通勤時は行きはFM放送(最初はFM東京かFM横浜、J-WAVE開局後は一時期J-WAVE中心)、帰りはナイター中継聴いてましたね。
>今は、通勤に車はつかってませんが、車中ではほとんどFM横浜しか聴きませんね。
・ハマラジという名称には(著者だけでなく、同社内でも)違和感があった。今は使っていない
>管理人もね



【参考書評】
CD購入バカ日記
what's my scene? ver.7.2
気まぐれ日記
祥's BAR〜グレノス2nd Season

【関連記事】
最近、本屋さんでFM雑誌を見かけませんが、どうして無くなったのですか?(Yahoo!知恵袋)
エアチェックって今は死語なんでしょうか?(Yahoo!知恵袋)
“エアチェックブーム”再び!? 「ラジオ」がネット配信で蘇る(日経トレンディネット)
RadioTracker 4 ~ネットラジオでエアチェック~ / イーフロンティア
banner_21.gifにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogram投票ボタン
Follow ssasachan on Twitterがんばろう日本.jpg
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 07:25 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

FM雑誌とエアチェックな時代に遠く想いを馳せる旅が始まる…
Excerpt:  引き続き、どもっ。  買物してきたら郵便ポストに何か入っている…と私宛の封筒をワクワクしながら開けてみたら、この間アマゾンのマーケットプレイス(ここ、強調!)で注文した、あのFM本だった。も...
Weblog: 祥's BAR〜グレノス2nd Season
Tracked: 2011-10-23 03:03
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。