2011年05月03日

<生観戦記・その2>首都大学野球春季リーグ:東海大−筑波大・1回戦@平塚球場超外野立ち見+α

がんばろう日本.jpg(Ser.5442・2294日連続更新)
その1から続く。

サッカーの試合が終わって、ベルマーレクィーンの呼びかけに応じて次回のホームゲームのチケットを買った後は、隣の平塚球場へ。

確か、首都大学春季リーグ戦の第3試合(東海大−筑波大)はまだやっているはず?
F1014551.JPG←菅野くん投げてんじゃん。

ということで、ライトスタンドのさらに外のフェンス越しに移動
平塚球場1.jpg←ちょうど5回裏の筑波大の攻撃中。
当たりそこねのヒットは打たれたものの、結局は無失点で終了
平塚球場0.jpg←首都大学リーグはDH制採用

その後、一旦
緑化まつり2.jpg緑化まつり1.jpg←緑化まつりの会場を経て、
横浜FCでまち.jpg横浜FCでまち2.jpg←カズさんの出待ち

この日はJリーグの試合だけでなく、緑化まつりやら首都大学野球リーグ戦と3つのイベントが同時間帯に重なって人がいっぱいでしたね。

もっとも、Jリーグの試合は当初19時からの予定で組んでいたのですが、節電のためにデーゲームに変更になったのですが…

緑化まつりの方にはたいして欲しいものもなかったので、再び平塚球場へ。
平塚球場3.jpg←今度はレフト側からフェンス越しに
菅野切り出し1.jpg菅野切り出し2.jpg←自分のカメラではこここまでが限界です。
スカウト?.jpg←どこの球団のスカウト?

結局、菅野君は9回無四球の4安打完封
20110430_東海2-0筑波.jpg【東海大2−0筑波大】
野球首都大学野球:東海大・菅野 通算29勝目(毎日)
首都大学野球・東海大のエースで、今秋のプロ野球ドラフト会議の目玉とされる菅野智之(4年・東海大相模)が30日、神奈川県の平塚球場であった春季リーグの筑波大1回戦に先発、無四球の4安打完封で、通算29勝目を挙げた。
 前回登板の26日の日体大3回戦では、リーグ新記録の53イニング連続無失点を達成しながら、野手の失策でサヨナラ負け。自身の入学後、初めて勝ち点を落とした。
 しばらくは「負けたことを現実とは思えなかった」というが、この日は気持ちを切り替えて、試合に集中。持ち味の直球に加え「封印しておく余裕はもうない」と切り札のフォークを解禁するなど、必勝を期してのピッチングだった。【岸本悠】

自分の見た限りでは、この日の最速は140キロ台後半。でも、キャッチャーミットのいい音が響いてましたね。

前回自分が見たのは、東海大相模高校3年の時の決勝戦のときなんですが、その時はプロなんてまだまだと思ってました。

それが、今は確かに巨人が早々と1位指名を公言するのはわかるなぁと…

他のチームの欲しかったっから堂々と指名したらいいねん。

原監督のおいっこだからって遠慮することはない。

巨人だってずっと原監督がやってるわけじゃないんだし…
他球団が頑張って、原監督が辞めざるを得ない状況になれば、菅野君だってどうしても巨人とはならないでしょうし…

ということを思いながら、球場を後にしました。

なお、菅野君の評価に関しては「ドラフト・レポート」や4/24に相模原球場で見た敗戦処理さんのエントリーやこちらで
 ↓  ↓  ↓
banner_21.gifにほんブログ村 野球ブログへblogram投票ボタン
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:32 | 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ生観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。