2010年06月09日

【2冊まとめて書評】神々の眠る「熊野」を歩く+できる人の全自動化パソコン術

banner_21.gifブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン(Ser.4764)
ブログネタがないとき用の書評シリーズの在庫がこれも含めて10件もたまっているので、別ネタがあっても、1日1エントリー(Twitterまとめエントリーを除く)にこだわらず適宜消化していきます。

ということで、今回は2010.5.8-9読了の2冊まとめて。
世界遺産神々の眠る「熊野」を歩く (集英社新書 ビジュアル版 13V)

世界遺産神々の眠る「熊野」を歩く (集英社新書 ビジュアル版 13V)

  • 作者: 植島 啓司
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2009/04/17
  • メディア: 新書


10年くらい前に、白浜・熊野方面に行くつもりでツアーまで予約したのですが、諸般の事情でキャンセルに。その後、白浜温泉とか熊野大社とかをいずれという気持ちはあったものの、なかなかチャンスを得られず。
2009年7月和歌山電鉄の「たま」に会いに行って、その帰りに和歌山駅で和歌山ラーメンを食べて和歌山県初踏破しました。
でも、この本を見て改めて「熊野」へ行ってみたくなりました。

<ピックアップ>
・100年前とほとんど変化のない「熊野」
〜そこに懐かしさを感じて、それが多くの人が熊野にひきつけられるのか?
・もともと熊野は山岳修行者の入峯修行の地。平安末期に浄土信仰が広まっていくにつれて、阿弥陀の浄土として多くの人を呼び寄せるようになった。その後、室町末期に熊野詣がもっとも盛んになったが、江戸時代に伊勢参拝に取って代わられた。
・花山院の悲劇
〜おそらく人間にとっての最大の不幸は、何も得られなかった人生ではなく、誰にも手に入らないものを手に入れながら、そこから引きずりおろされて二度と復活できないまま不遇のうちに死ぬこと
・神道〜神と人間がきわめて近しい存在
・熊野と出雲に共通の地名が多い
・熊野の特殊性
〜熊野の神々はもとからそこに住む地主神、産土神の集合体。そこに神道、仏教、修験道などの影響が積み重ねられたもの
(鉱物資源、温泉、豊かな自然がさまざま霊感を得て新しい境地を開いていくことにつながっている)

次に、パソコン関連の本
できる人の全自動化パソコン術―簡単87の能率UP技 (学研M文庫―知の法則シリーズ)

できる人の全自動化パソコン術―簡単87の能率UP技 (学研M文庫―知の法則シリーズ)

  • 作者: 坂本 由希雄
  • 出版社/メーカー: 学習研究社
  • 発売日: 2009/01/20
  • メディア: 文庫


内容はそれほど高レベルなことではありません。
でも、意外とこのレベルのことを知らない人が多いみたいです。
実際に自分も
・ファイルを複数選択して右クリックでファイル名に連番を振る
・IME2000の仕様変更で〔Alt〕+〔半角/全角〕キーでなくて、〔半角/全角〕だけで切り替え可能になった
・Google Chromeには閲覧数の多いサイトを自動的に表示させる機能がある
・メールの添付画像を一気にリサイズできるOutlookの機能
・入力規則はセル毎に設定できる(EXCEL)
・「PCセーフティ」 http://onecare.live.com/site/ja-jp/
とか始めて知ったこともありましたし…
banner_21.gifブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
Follow ssasachan on Twitter
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 05:43 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。