2010年05月15日

永谷 脩/「野村学校」の男たち

昨日は西の方で交流戦が1試合あったようですが、その詳細はこちらを
  ↓  ↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 野球ブログへblogram投票ボタン(Ser.4711)
ご覧いただくとして、管理人はNHK BS-Hiの「ザ☆スター」でノムさんが出ていたのでそっちを見てました。
今日の午後8時からNHK BS2でも放送

詳しいことはネタバレになるんで、一部だけ紹介すると、
最後にサッチーが出てきて、ノムさんが将来の夢は「メジャーの監督」になることと言ったら、「私が通訳でついていかなくちゃ」って…


そんな話の関連で今回はノムさん関連本の紹介を
「野村学校」の男たち 復活・変身37選手が明かした「ノムラの教え」

「野村学校」の男たち 復活・変身37選手が明かした「ノムラの教え」

  • 作者: 永谷 脩
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2009/09/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


上梓されたのが、2009年の9月なので、2009年シーズン最初の状況までしか反映されてません。

それと、37選手って、1つの章で取り上げられているのは、18人。残りの19人は、
・南海時代(江本孟紀・山内新一・福士明夫・江夏豊など)
・ヤクルト時代(古田敦也・田口竜二・金沢次男・広瀬新太郎・尾花高夫・高津臣吾・池山隆寛・広澤克実・角盈男・吉井理人・山部太・田畑一也など)
・阪神時代(遠山将志・井川慶・赤星憲広)
・シダックス時代(武田勝・野間口貴彦・中村真人・森福充彦)
って、足してくと人数合わないんですけど…

本永谷 脩著・「野村学校」の男たち(徳間書店)
復活・変身37選手が明かした「ノムラの教え」

<内容紹介>
伯楽、指揮官としての手腕もさることながら、とりわけ「選手再生」は他の追随を許さない。しかし、一度は地獄を見た選手が復活するに際して、それぞれが野村監督にどんな言葉をかけられ、どんな指導を受けたのかはあまり知られていない。今や日本のエースになりつつある田中将大、中日を追われながらも本塁打王で復活した山崎、故障からエースにカムバックした岩隈、首位打者を狙う好打者に成長した草野、そのほか、ヤクルト・宮本、西武・石井、楽天・中村紀‥‥・・。指導者になった野村門下生も多い。荒木大輔、飯田、角盈男、そして、古江夏、江本。彼らが本音で語りつくした「野村の教え」の真髄を一気に紹介する。

【目次】(「BOOK」データベースより)
山崎武司(東北楽天ゴールデンイーグルス)─「野村監督を胴上げしたい」40歳ベテランの悲願
岩隈久志(東北楽天ゴールデンイーグルス)─メディアでの監督の言葉は期待として受け取る
宮本慎也(東京ヤクルトスワローズ)─ベンチの姿を見ると、年取ったなぁと思いますよ
荒木大輔(東京ヤクルトスワローズ投手コーチ)─監督が代わるとチームの雰囲気はここまで変わるのか
中村紀洋(東北楽天ゴールデンイーグルス)─もっと野村野球を体感したい。1年では満足できない
渡辺久信(埼玉西武ライオンズ監督)─ヤクルトの1年がなければ、指導者になんて思わなかった
草野大輔(東北楽天ゴールデンイーグルス)─1年目は打席にいてもベンチと戦っているようだった
小早川毅彦(広島東洋カープ打撃コーチ)─開幕戦「3打席連続本塁打」がなぜ打てたのか
飯田哲也(東京ヤクルトスワローズ守備走塁コーチ)─「お前は脇役に徹しろ」と常に言われてました
佐藤義則(東北楽天ゴールデンイーグルス投手コーチ)─選手をもっと褒めてやってほしい
杉村繁(横浜ベイスターズ打撃コーチ)
石井一久(埼玉西武ライオンズ)
稲葉篤紀(北海道日本ハムファイターズ)
土橋勝征(東京ヤクルトスワローズ内野守備走塁コーチ)
馬場敏史(オリックス・バッファローズ内野守備走塁コーチ)
成本年秀(千葉ロッテマリーンズブルペンコーチ)
平尾博嗣(埼玉西武ライオンズ)
南海時代
ヤクルト時代
阪神時代
シダックス時代
田中将大(東北楽天イーグルス)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
永谷 脩(ナガタニオサム)
1946年、東京生まれ。青山学院大学卒業後、出版社勤務を経て、スポーツライターとして独立。プロ野球を中心に『Number』『週刊ポスト』などに連載するほか、TBSラジオ『荒川強啓デイ・キャッチ!』『日本全国8時です』などにレギュラーを持つ。選手、監督の本音を引き出す取材を得意とし、現在、『週刊アサヒ芸能』で「プロ野球インサイド・アイ」を連載中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
<2010.4.26読了>


例によって気付いたポイントをピックアップ。
・山崎武司「楽天に来てから野球をする姿勢が変わってきた。今では心の底から胴上げしたい監督に最後の最後で出会えた。野村監督の教えは野球を辞めた後にこそ生きそう」
・宮本慎也「岩隈攻略法に野村監督の教え(シュートを捨てて外角球に対応する)が役に立った」「脇役に徹すること」
・荒木大輔「野村監督の言うことを聞いて、それを素直に消化できれば勝てる」
・中村紀洋「監督のぼやきの中にヒントが隠されていると思う」
・渡辺久信「指導者の道を考えるようになったのは、(野村監督最終年に)ヤクルトに移籍してから」
・飯田哲也「野村野球の申し子と言われることが何よりもうれしい」
・佐藤義則「今の子はもっと褒めてやって欲しい」
・杉村繁「今の横浜は野村さんが監督に就任する前のヤクルトに良く似てる。若い選手がたくさんいて、チームのまとまりも悪くない。あとは自分を信じて努力を継続するしかない」「選手には厳しいが、裏方には優しかった」
・稲葉篤紀「つなぎに徹することを若いころノムさんに教わったことが今に生きている」
・成本年秀「野村監督に拾ってもらった2001年がなければ今の自分はない」
・平尾博嗣「一度退寮していたのを戻された。今になって監督の言ってることが少しずつ理解できるようになった」
〜2008年日本シリーズ決勝打!は読み勝ち【管理人観戦記

・南海時代(「不真面目な優等生」に本来の力を発揮させる人心掌握術)
〜ノーコン江本にはど真ん中の真っすぐしか要求しない
〜山内、福士には捕手の経験をさせて、スピードに頼っていてはダメとわからせた
〜江夏には、野球のことを自分よりわかっている凄いおっさんやと思わせることに成功

・ヤクルト時代(球界ナンバーワン捕手・古田敦也はこうしてつくれられた)
〜自由契約選手に着目:一度野球を取り上げられた人間は野球のありがたさがわかっているゆえ、他の人間とはおのずと必死さが違ってくる
〜捕手は野球を知っているから、捕手でダメでもどこでも使える
〜万年Bクラスを脱するための「意識改革」
〜失敗と書いて、せいちょうと読む
〜図抜けた才能のある人間なんてほんのひとにぎり。そうであるなら、持ち味をより強く生かすことで、自分の持ち球を作っていこう
〜角盈男:お前、巨人が憎いやろ。ワシもそうや。一緒に戦おうやないか

・阪神時代(分身の正捕手を作れず浸透しなかった野村野球)
>管理人:だって、一時矢野さんを干してカツノリ使うんだもん…
〜技術面は自分子飼いの各専門コーチに任せ、人生論中心のミーティング
〜野村理論を素直に受け入れる素地が少なかったかもしれない
>管理人:嫁の監督も出来ない人間が…という反発が大きかったんだろうな…
〜新庄にピッチャーをさせて、投手の心理をわからせようとした
〜遠山:ひとりの打者を抑えることで、プロではメシが食える
〜遠山→葛西→遠山、葛西→遠山→葛西の投手リレー
〜ただ投げるだけの「投」手ではなく、頭を使う「頭」手になれ
〜赤星:チームの役割分担と己を知るということを口をすっぱくして言われた

・シダックス時代(「エースをつくる」を課題とした三年間)
〜武田勝:力量だけでは限界がある。力が足りないなら目と頭を使え
>ちなみに、件の「ザ☆スター」でシダックス時代の選手で野球部解散とともに営業に回った人が「野村監督の教えは仕事にも生きてます(赤ペンでのメモを紹介)」というインタビューが流れたら、ノムさん涙目

・田中将大〜まずは意識改革から(休日の過ごし方や髪形まで)
〜成長の陰に素直さは必要
〜人間的成長なくしては技術の成長はない
〜ここまで慎重に段階的な英才教育をしたのは田中だけ(最後の最後で出会った本格派)

他の方の書評を探してみる。
  ↓
banner_21.gifにほんブログ村 野球ブログへblogram投票ボタン
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:34 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。