2010年04月23日

例によって前振りが長いですが、本題は【書評】ジョエル・コム/「ツイッター」でビジネスが変わる!

昨日は屋外球場の3試合は打てんもとい雨天中止
他の試合はウチの視聴環境ではみられなかったので、とりあえず結果だけ貼っておくとして
【4/22のプロ野球】
セ・リーグ
野球中日3―1ヤクルト
 中日は1点を追う4回、ブランコの適時二塁打と相川の捕逸で逆転。8回にブランコのソロで突き放した。吉見は3勝目。ヤクルトは好機を生かせず。

パ・リーグ
野球日本ハム11―1オリックス
 日本ハムが連敗を3で止めた。小谷野が6打点と大暴れ。2回1死二塁で先制本塁打。7、9回には2点適時打を放った。オリックスは4連勝ならず。

野球西武11―6ソフトバンク
 西武は7回、ブラウンの右前適時打などで2点を勝ち越し。3番手藤田が好救援で反撃を断った。ソフトバンクは4点差を追いついたが、和田が誤算。

詳細はこちらで⇒banner_21.gifにほんブログ村 野球ブログへblogram投票ボタン(Ser.4665)

昨晩は、雨天中止でなければNHK BS-1で中継予定の阪神−広島戦@甲子園を見るつもりだったんですが、午後8時台は「空から日本を見てみよう」(TV東京)、9時台が録画しておいた「探偵!ナイトスクープ」(テレビ神奈川放映/朝日放送では4/9OA赤星顧問の回)ときて、10時台は「素直になれなくて」(フジテレビ)を見てました。
普段ドラマは見ない人なんですが、Twitterドラマということで先週の初回から興味を持って見てたんですが、上野樹理にTVドラマをやらせると「のだめ」しか出来ないというのは置いといて、このドラマって別にTwitterでなくても成り立つ話だし、ドラマ上のTweetの流れ方はTweetというより、むしろ5人が1グループでやってるチャットだと誤解してもおかしくないなあと思いました。

これでは、フジテレビと北川悦吏子の「ウッフィー」減るわな…

って、これは前に読んだタラ・ハント「ツイッターノミクス」でしたね。

でなくて今回はこちらの本。
「ツイッター」でビジネスが変わる! Twitter Power

「ツイッター」でビジネスが変わる! Twitter Power

  • 作者: ジョエル・コム
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2009/11/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


この本は昨年の11月に発行されていたものの、図書館で予約本の順番がなかなかこないまま、4月まで引っ張られました。
なので、この本に書いてあるTwitterの使い方で現状は変わっているものもあります。

本ジョエル・コム/「ツイッター」でビジネスが変わる(ディスカバー21)
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
人々のコミュニケーションはエジソンの「電話」から「eメール」、そして21世紀「ツイッター」にたどりついた。
目次】(「BOOK」データベースより)
序章 ツイッターで何ができるのか?
第1章 ソーシャルメディアによる情報革命
第2章 ツイッターが成功した理由
第3章 ツイッターの正しい始め方
第4章 フォロワーを増やす秘訣
第5章 よいつぶやきを書くための基本ルール
第6章 ツイッターをビジネスに活用する
第7章 ツイッターでブランドを構築する

【著者】(「BOOK」データベースより)
コム,ジョエル(Comm,Joel)
オンラインマーケティングの専門家。1964年生まれ。1990年代後半からネットビジネスに携わり、数々のウェブサイトやオンラインコミュニティを運営してきた。また自らの会社、インフォメディアでCEOを務めている。著書『アドセンス・コード』は2006年7月にニューヨークタイムズ紙のベストセラーに選ばれている

小林啓倫(コバヤシアキヒト)
株式会社日立コンサルティングのシニアコンサルタント。1973年生まれ。筑波大学大学院(地域研究研究科)修了。国内のシステムインテグレーターでERPコンサルタントとしてキャリアを積んだ後、米マサチューセッツ州のバブソン大学にてアントレプレナーシップを学び、MBAを修得。外資系コンサルティング会社、ベンチャー企業を経て、2005年から現職。「ITmediaオルタナティブ・ブログ」の「シロクマ日報」など、複数のブログを執筆するブロガーでもある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
2010.4.5読了

仕様とか操作方法とかのインターフェースに関しては、随時変わってきますので、最新の書籍(6か月以上前ではもはや古くなっている可能性大)をご覧いただくとして、この本はTwitter入門的な内容といえど、ビジネスへの活かし方を重点的に書いてありますのでTwitterでの情報発信側の原則的な心がけ的なものが多く、陳腐化しているとは言えません。
その変わらない部分が大事であるかと思います。

(その例)
・事件の現場のいる人々は、主要なマスメディアよりも速く、そして正確にニュースを伝えることができる
・フォロワーを探すのは難しくない。難しいのは、彼らをつなぎとめることだ
・ツイッターは巨大なバーチャル休憩室
・ツイッターとは短い近況報告を書きこむと、それを知りたいと思う人々に向けて配信してくれるサービス
・ユーザーアカウントは短く、シンプルに覚えやすいものにするといい。(注:管理人はブログと合わせてます)後から変えるのは絶対に避けるべき
・最初に友人を探す(フォローからしていく)のではなく、プロフィールを完成させ、ある程度Tweetした後からの方がいい
・自己紹介は自分を160字で要約すること
・背景画像はAttractiveなものがいい(注:管理人のはPCのある部屋から見た外の風景)
・読者の関心をひきつけるような、面白く、価値のあるコンテンツをつくること
・フォロワーは量より質⇒テーマを広くとるなら多めに、狭いのなら少なめに
・有意義な情報提供を心掛ける(無料で知識が交換される場)
・短期間で大勢のフォロワーを得る方法(ビジネス用)
1.既に知り合いの人を探す
2.ブログで宣伝する
3.フォロワーの報酬を払う
4.専門知識を生かした回答をする
5.他のSNSを活用する
6.Twitterのアカウントをメールの署名に入れる
7.コンテストを行う
⇒結局は、よいメッセージを書き続けることに尽きる

・よいコンテンツのあるサイトは成功し、コンテンツの貧弱なサイトは失敗する⇒Twitterにもあてはまる
・自分がされて嫌な事は人にもしない
・フォロー返しをするかどうか?
⇒相手の発言をチェック(特にリプライ)

・Tweetは大きく分けて「放送型」と「会話型」
・効果的な発言7パターン
1.リンク付き発言「いま私が取り組んでいるのは」
2.標準的発言「いま私がしているのは」
3.オピニオン「いま私が考えているのは」
4.任務完了報告「たったいま仕上げたのは」
5.エンターテインメント「いまから笑わせるよ」
6.質問「いま助けてもらえますか?」
7.写真付き発言「いましていることを見てください」

・トラブルに巻き込むようね発言はしてはいけない
・ビジネスへの活用:最初は「人間味」を出す。1日最低1回は発言、ただし発言しすぎにならないよう

この本を読んで初めて管理人が知った関連サービス
・バイラッター(viratterhttp://viratter.jp
〜リツィート分析サービス

・みゆ(meyou.jphttp://meyou.jp
〜ツイッターぶら見&検索サービス(日本語ユーザー限定)

他の方の書評はこちらでも
   ↓
banner_21.gifブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン

ちなみに、管理人のTwitterアカウントはこちら
Follow ssasachan on Twitter
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 00:19 | 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いろいろ仕掛けのあるブログでありますなぁ、びっくりです。RSSの使い方が上手ですねぇ。これまねしたいけどどうすればいいんだろ?

twitterはやはり注目のメディアなんですかね。次はこれを書こうかな・・・?
お邪魔しました。
Posted by 井上 at 2010年05月06日 16:13
>井上さん
コメント&おほめいただきありがとうございます。

>これまねしたいけどどうすればいいんだろ?
欲しいと思うブログパーツのところをクリックすればHTMLタグの取得方法がわかると思います。
Posted by 管理人 at 2010年05月07日 05:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。