2010年04月17日

雨天中止につき【書評】見ル野栄司「シブすぎ技術に男泣き!」を前倒しで

本題に入る前に、昨日はハマスタの尾花軍対真弓軍と千葉マリンのチーム西村対どんでんが雨天中止。松山でのつば九郎対ジャビは土日しか組まれてなくて、結局行われたのは3試合。まずはその結果から。
4/16 パ・リーグ
◇ロッテ―オリックス(雨天中止)

◇西武7―3日本ハム
 西武が今季初の4連勝。3回にブラウンの2点二塁打などで逆転し、涌井が8回3失点で3勝目を挙げた。日本ハムは2度目の4連敗で5季ぶりの借金10。

ソフトバンク9―1楽天
 ソフトバンクが2連勝。山崎が1号ソロなどで自己最多4打点の大当たり。杉内は8回1失点で4勝目。楽天は4連敗で今季最多の借金7。

4/16 セ・リーグ
◇横浜―阪神(雨天中止)

◇広島4―3中日
 広島は9回1死満塁、代打前田智の中前安打で今季2度目のサヨナラ勝ち。単独最下位から5位タイに。中日はチェンが粘ったが、攻撃で逸機が続いた。

さらに詳しいことはこちらを
  ↓  ↓
banner_21.gifにほんブログ村 野球ブログへblogram投票ボタン(Ser.4654)
ご覧いただくとして、職人前田智徳が最後に一振りで試合を決めたことにちなんで、職人物の本の紹介を。
シブすぎ技術に男泣き!

シブすぎ技術に男泣き!

  • 作者: 見ル野 栄司
  • 出版社/メーカー: 中経出版
  • 発売日: 2010/01/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


自分はメーカー在籍ですが、文系出身で入社以来事務方要員につき製造現場での作業経験は(学生時代のめっき工場でのバイトを除き)ないので、こんなことあるなあ(しみじみ)と共感する部分はほとんどなかったということは置いといて、サラリーマンの皆さんにひと言。

ビジネス系のマンガを見るなら、島耕作やサラリーマン金太郎シリーズのような絵空事より、このマンガのような実体験に基づいたものを読んだ方がいいです。

本見ル野栄司シブすぎ技術に男泣き!」(中経出版
エンジニア向け転職サイト「Tech総研」の人気連載を単行本化!元半導体エンジニアという異色の漫画家が、自身の体験をもとに、不器用に仕事をする理工系ものづくりの人々を熱い想いで描き、ホリエモンが「大好き」と絶賛したコミックエッセイ

<目次>
プロローグ ものづくり日本を支える男たちを追え!
1章 ものづくりに賭ける一本気な情熱に男泣き!
2章 日本の発明王の裏にある苦節に男泣き!
3章 日の目を見ずして消え行く機械に男泣き!
4章 うたかたの夢と散る開発の日々に男泣き!
5章 愚直なまでにこだわりぬく職人技に男泣き!
エピローグ さらば、シブすぎ技術に男泣き!

見ル野 栄司(みるの えいじ)
 理工系漫画家。
 1971年生まれ。1992年日本工学院専門学校メカトロニクス科卒業。
 半導体製造装置やアミューズメントゲーム機などの設計開発の会社に9年勤務した後に、漫画家としてデビュー。ビックコミックスピリッツやヤングジャンプなどで連載。代表作に、世界初のフローチャート式漫画「東京フローチャート」など。
 リクナビNXET Tech総研(http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/tech/)にて連載の本作『シブすぎ技術に男泣き!』では、理系エンジニアはもとより、数多くの読者から支持を受ける。
<2010.4.2読了>

それにしても、この作者。製造現場ネタが尽きたら次はどんな展開を…
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:21 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。