2010年03月09日

つながる力 ツィッターは「つながり」の何を変えるのか?

本題に入る前に、埼玉西武ライオンズさんあっぱれです。
野球埼玉西武ライオンズのチケットを転売 容疑の男女逮捕(MSN産経)
 埼玉県警所沢署は8日、県迷惑行為防止条例違反(ダフ屋行為)の疑いで、東京都豊島区東池袋、会社員、林大輔容疑者(29)と東京都西東京市下保谷、会社員、佐藤知亜紀容疑者(31)を逮捕した。
 所沢署の調べでは、2人は昨年7月18日午前9時45分ごろから約10分間、所沢市上山口の西武ドーム入場券売場で、9月12、13日の埼玉西武対オリックス戦の入場券15枚を転売目的で計5万円で購入した疑いが持たれている。
 所沢署によると、2人は埼玉西武ファンクラブの会員。この日は会員向けの先行販売で、2人の名義で買われていたチケットは200枚以上あった。転売にはインターネットのオークションを使用していた。
 所沢署によると、林容疑者は5年以上前から転売をしており、昨年から購入する量が増えていた。埼玉西武が昨年6月、同署に相談していた。林容疑者は「小遣い稼ぎのためやった」などと供述しているという。

某チームでも本格的に取り組んだら何人タイーホされるか…
それとも、県の条例がないとか…→あるやん…
   ↓  ↓
banner_21.gifにほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへblogram投票ボタン(Ser.4570)

それはさておき、本題に入ってTwitter関連本の紹介6冊目。
つながる力 ツイッターは「つながり」の何を変えるのか?

つながる力 ツイッターは「つながり」の何を変えるのか?

  • 作者: 勝間 和代
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2009/12/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


刊行されたのは、内藤みかさんの「夢をかなえるツイッター」の方が後ですが、図書館の順番待ちの関係で書評のUPはこっちが後になってしました。

また、Twitter入門編なら週刊 ダイヤモンド 2010年 1/23号 [雑誌]の特集記事もお勧め。
週刊 ダイヤモンド 2010年 1/23号 [雑誌]

週刊 ダイヤモンド 2010年 1/23号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2010/01/18
  • メディア: 雑誌


ということで、初心者はこの3つのうちのいずれか(できればすべて)を読んで見るといいと思います。

その中で、勝間さんと広瀬さんの共著のいいところは、唯一横書きという点だと思います。
PC画面のデフォは横書き表示ですからね。
本勝間和代+広瀬香美『つながる力 ツイッターは「つながり」の何を変えるのか?』(ディスカバー・トゥエンティワン)
「ツイッターって何?」
「ミクシィや2ちゃんねるとどこがちがう?」
「皆どうして夢中になるの?」

ネット上を震撼させた凸凹コンビが、そんな疑問に全てお答えします!

話題のtwitter最強の入門書

特別収録:ビズ・ストーン(twitter共同創業者)×勝間和代スペシャル対談&本社訪問記



いまインターネットの世界では、ツイッター(twitter)という新しいサービスが大きな注目を集めています。

ツイッターとは、ブログやSNSのように、自分を表現し、世界中の人と「つながる」ことを目的としたソーシャル・メディアのひとつです。
2006年にアメリカでスタートし、日本語版は2008年4月に始まったばかりのサービスですが、驚くほどのスピードでユーザー数が増加しています。
そのもっとも大きな特徴は、140文字以内のツイート(つぶやき)だけで、みんながつながっているということです。

本書は、私たちのコミュニケーションをより楽しいものにしてくれるツイッターというメディアの全体像と、その魅力を紹介すること、
そして、こうした新しいツールを手にすることによって、私たちの世界はどのように変わっていくかを考察することです。

さあ、この新しい潮流を、私たちと一緒に体感していきましょう!

<著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)>
勝間 和代
1968年東京生まれ。経済評論家、公認会計士。早稲田大学ファイナンスMBA、慶應義塾大学商学部卒業。当時最年少の19歳で会計士補の資格を取得、大学在学中から監査法人に勤務。アーサー・アンダーセン、マッキンゼー、JPモルガンを経て独立。現在、株式会社監査と分析代表取締役、内閣府男女共同参画会議議員、中央大学ビジネススクール客員教授として活躍中。2005年『ウォール・ストリート・ジャーナル』紙「世界の最も注目すべき女性50人」、2006年「エイボン女性大賞」(史上最年少)、2008年第1回ベストマザー賞(経済部門)、2009年世界経済フォーラム(ダボス会議)Young Global Leadersに、それぞれ選出

広瀬 香美
1992年デビュー。1stシングル「愛があれば大丈夫」から、リリースする曲が次々にヒット。音楽監督やプロデューサーとしても活動の幅を広げながら、ピアノの弾き歌いで構成される「香美別邸」など、コンサート活動も精力的に行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【2010.2.22読了】

例によって、この本の中からピックアップ

◇はじめに
勝間:
・インターネットは他人と「つながる力」を加速する、新しいテクノロジー
・ツィッターは拘束感の少ないコミュニケーションをしたいというニーズに対して、ぴったりとはまるツール
・本書の目的
@ツイッターという新しいインターネットメディアの全体像と魅力を紹介
Aツイッターのような新しいメディアを手にすることで、私たちの世界はどう変わっていくかを考察すること

1時間目 ツイッターをはじめよう
<この本でということではないけど最近知ったこと>
・@の前に文字や.などを入れることで@の相手先と自分の両方をフォローしている人のTL上だけでなく、自分をフォローしている人のTLにTwitが表示されること

2時間目 ツイッターは「つながり」の何を変えるのか?
・ツイッターは140文字の言葉ですべてを統合する
・ツイッターは共感を増幅し、ネガティブを排除する
・ツイッターは現実のコミュニケーションの縮図/コミュケーション力を磨く
・ひとりひとり見えている世界は違う
・ツイッターの持っている課題
・目的意識をはっきり持て

3時間目 ツイッター・使いこなしの10ステップ【初級編】
・専用クライアント、TweetDeckとHootSuite(←管理人はこれがメイン)
・まずはフォローする人を増やして、タイムラインを楽しむ
・フォローする人を100人以上に増やしてみる

4時間目 ツイッター・使いこなしの10ステップ【中級編】
・情報収集、友だちを増やす、宣伝等目的別ノウハウ

5時間目 ツイッター、いったいどこが面白いの!?
・自己承認欲求と、他人に対して親切にしたいという欲求を満たすツール(勝間)
・つながる感じを実感できる(広瀬)
・ツイッターはコミュニケーション能力を磨く場(勝間)
〜「無視されたら悲しい」「こんなことを言ったらバカだと思われる」「意見がない」の壁を超える勇気を
・たった140文字のつぶやきだけで、本当の性格やキャラが伝わる(広瀬)
・人目を気にしないのが楽しむコツ(勝間)
・自分のタイムラインは自分の責任(広瀬)

6時間目 創業者にツイッターの展望をきく
・ツイッターは「つぶやく(Tweet)」だけ。これが差別化の鍵
・オープンな情報交換が世界をより良くする
・ブログよりツイッターの方がシンプルで、アクセスのしやすさと気軽さ、リアルタイム性も勝る。
・将来展望というよりまずは「価値の提供にまず集中する」
・ツイッターはSNSというよりGoogleのように情報ネットワークの領域に近い
・セカンドライフとは違い、ツイッターは現実
(管理人注:公式RTは実装済みです)

ちなみに、管理人はTwitter広瀬香美さんはフォロー&「important」というTwitter初心者向けとかいうかROM専リストに入れてますが、勝間和代さんはフォローせず「important」のみに入れてます。

そんなこんなで、このエントリーUPの時点で、
・フォローしている 470人
・フォローされている 454人

まで増えました。
約1か月前比それぞれ約100人増、昨年末からはそれぞれ約300人弱増となっています。

「Twilog」というTwitterでの投稿をブログ風・日記風にまとめてくれるサービスに登録すると、「Twilog Stats - 統計情報」で
「日ごとのつぶやき数」「月ごとのつぶやき数」「曜日ごとのつぶやき数」「時間ごとのつぶやき数」「つぶやき種別」「フォロー数推移」「フォロワー数推移」「合計つぶやき数推移」を、それぞれ「最近30日間」「最近90日間」「(登録後?)全期間」でグラフ化して見ることができます。

その他リスト分けとかネタの探し方とか、Twitter関連の自分ならではのノウハウや、ブログやmixiとの使い分けとか、書きたいことは色々あるのですが、いっぺんには紹介しきれないので、次のTwitter関連本の書評エントリーの際にでも…

banner_21.gifブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン

・自分のTwitterアカウント 
http://twitter.com/ssasachan
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:27 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。