2010年01月16日

石川議員逮捕で手打ち?+本気のクルマ選び2010

人気ブログランキングへ(Ser.4474)
とうとう石川議員が逮捕されましたね
管理人的には、石川氏らで手打ちで小沢幹事長まではいかないんじゃあないかと思いますよ。
きっこさんが言うとおり
所詮は単なる「虚偽記載」で、普通は逮捕なんかする事例じゃない。これまでの自民党政権時代に、自民党の総理大臣から閣僚から一般の議員に至るまで、みんなそろってやってたことだ。たとえば、フロッピー麻生の内閣の時も、アベシンゾーの内閣の時も、閣僚の9割が政治資金の「虚偽記載」はおろか、遥かに罪の重い「違法献金」までもが発覚してたヤツもいたのに、誰1人として、逮捕どころか、事情聴取すらされなかった。
しね。
宗男さんの言うとおり
でもあるしね。
それより、要は、この件で来週から始まる国会が混乱して、国民にとっての重要課題がそっちのけになる方が問題かと。献金問題を追及したって、国民生活が良くなるわけでもないしね・・・
それにしても、なんで政治には金がかかるんだ? こっちで聞いてみる?
   ↓ ↓ ↓
banner_21.gifブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン

それはともかく、今回本題にしようと思っていたクルマ本の紹介へ。
2010.1.4読了とは言っても、この本で取り上げられた全車種のところを読み切った訳ではありませんが・・・
本本気のクルマ選び2010(洋泉社)
すべて試乗!カテゴリ別新車&フルモデルチェンジ&既存車完全ランキング!

<目次>
PART1 “EV元年”新クルマ時代の幕開け
PART2 すべて試乗!7カテゴリー全263台を徹底評価
    新車&フルモデルチェンジ&既存車完全採点簿

<内容説明>
【実車体験レポート】
満タン〜電欠どこまで走れる?目指せ!富士山頂
電気自動車『三菱i-MiEv』を動かなくなるまで、実走してみました!
●目玉企画:ハイブリッド車の次は未来は電気化?水素か?次世代車イッキ乗り!
●新車登場スケジュール など

ガソリン車『三菱i』と
image/2010-01-17T15:23:101電気自動車『三菱i-MiEv』との
乗り比べが面白かったですね。
電気自動車の方は、ヘッドライトもテールランプもLED化するなど、徹底した消費電力の削減を図っている点とか、余熱もあまり出ない電気自動車では燃費を稼ぐためにヒータをつけないようになるかもしれないとか・・・

エコカーについては、燃費がいいこと以外は、未完成品と断罪。
プリウスはクルマとしての動質の低い(運転していて楽しくないという意味?)、インサイトはスペースが小さいとの評価。

新型ポロについては、従来型の熟成・進化版との評価で、TSiが出ないとコマ不足との評価

それ以外のクルマについてはざっと見ただけです。

要は、
【本書でのクルマの評価ポイント】
クルマが家電と違うのは、時には生死にかかわるということ。
自分の命だけでなく、周囲の人まで巻き込む可能性があるゆえ、マトモに走ることを最も優先して評価している。
マトモというのは、真っすぐ走って、しっかり止まれる。曲がろうとすれば自然に曲がり、曲がり過ぎるのもNG。

この視点が重要。


本気のクルマ選び 2010 (洋泉社MOOK)

本気のクルマ選び 2010 (洋泉社MOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 洋泉社
  • 発売日: 2009/12/07
  • メディア: ムック




とここまで書いては見たものの、クルマ選びの際にはこの本はあんまり参考にならないかもと感じましたね。

他の方の書評はこちらをご覧ください。
  ↓ ↓ ↓
banner_21.gifブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:29 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

石川衆院議員ら逮捕
Excerpt: 事態は風雲急を告げてきた。 東京地検は小沢民主党幹事長の元秘書で、民主党衆院議員の石川知裕容疑者ら2人を逮捕した。 今日になって、先の西松建設事件で公判中の大久保被告も再逮捕されている。 ..
Weblog: 虎哲徒然日記
Tracked: 2010-01-17 11:11
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。