2009年12月11日

12/10 赤星グッズ購入+【書籍紹介】ローカル線 五感で楽しむおいしい旅―スローな時間を求めて

日付変わって昨日は、東京方面に出かける用事があったので、最寄駅で
F1010695.JPG デイリー購入。
午前中の用事を済ませた後は、タイガースショップ東京青山店で
F1010701.JPG 赤星選手の下敷きとワイプストラップ購入
本当は写真入りのストラップが欲しかったのですが、アニキと粗いさんのしかなく、
F1010702.JPG 神宮スタジアム店でも見つからず。
午後の用事を済ませた後に行った
F1010720.JPG 京王百貨店新宿店7階では、
千円以下の赤星選手グッズは既に売れ切れ。
こんなことをしているのは、自分以外にもいるはず。
検証先
↓ ↓
banner_21.gifにほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへblogram投票ボタン(Ser.4429)
赤星グッズ好調 問い合わせ殺到、緊急増産決定!…阪神(報知)

赤星選手引退関連の件はこの程度にして、今回は前に読んだ本の紹介を
本金久保茂樹ローカル線 五感で楽しむおいしい旅―スローな時間を求めて」(グラフ社)
トラベルミステリー作家で、食通としても名高い著者の「ローカル線のおいしいもの」を求める旅。スローな旅を楽しみたい世代に贈る、選りすぐりの12編を収録。旅の醍醐味を感じられる書。

人温かく、風清し。ローカル線に人情の美味を訪ねて。スローな旅を楽しみたい人に贈る、列車縦断選りすぐりの12編。テンションの高い文章もあれば、淡々として自然体の文章、薀蓄にかなり入れ込んだ文章とさまざま。

1 鈍行、鈍足の羽越路;
2 奥羽路に人情の美味を訪ねて;
3 茨城県のローカル私鉄めぐり;
4 房総一周、気ままに途中下車;
5 くるっと久留里線を散策;
6 恵みの里、富山を歩く;
7 伊勢湾ぐるりと美味の旅;
8 予讃線を西に、美味と名所めぐり;
9 人温かく、風清し、石見路―津和野から、益田へ;
10 関門海峡―歴史ドラマを追って;
11 長崎は、晴れ日和;
12 絶景路線、肥薩線を堪能する
2009.11.18読了

この本で著者の行った経路と同じ経路をたどったことがあるのは
4 千葉−佐倉、大網−安房鴨川−木更津
8 宇多津−高松、松山−丹生川
新居浜近辺瀬戸内海.jpg

10 関門橋をクルマで渡る(門司⇒下関、帰りは関門国道トンネル)
D1000036.JPG
といったところ。

また、本書からピックアップした点は、

・旅には二つのパターンがある
@しっかりと計画を立て、それに従って動く
A計画も立てずに、宿も決めずにきままに動く
〜@の要素7割、A3割がちょうどいい

・銚子電鉄にあふれる人
〜バスツアーでバスで銚子まで行き、銚子電鉄にだけ乗る
D1008202.JPG(そんなの、和歌山電鉄でも見た>管理人)

・亀田総合病院〜リゾートホスピタル

・越中人のおごらず気張らず、たおやかに生きていける秘密
〜清涼な水と空気こそが、人間の根源

・豊橋をはじめ地方都市の没個性化を嘆く
D1000229.JPG←豊橋駅前

・人間は考える葦
〜考えるからこそ人間は偉大であり、悲惨でもある

・タコのうまさの秘密
@素材がいいこと
A鮮度がいいこと
B大量の湯で、さっとゆでること

・関門海峡は、橋をクルマで渡るのが一番爽快
関門橋11.jpg関門海峡112.jpg


ローカル線 五感で楽しむおいしい旅―スローな時間を求めて

ローカル線 五感で楽しむおいしい旅―スローな時間を求めて

  • 作者: 金久保 茂樹
  • 出版社/メーカー: グラフ社
  • 発売日: 2007/12
  • メディア: 単行本



著者情報
金久保 茂樹(カナクボ シゲキ)
1947年東京都生まれ。紀行作家、料理評論家などを経て、99年推理作家デビュー。テレビドラマ化された『みちのく蕎麦街道殺人事件』『伊豆・柳川伝説雛の殺意』をはじめ、旅情、美食、鉄道トリックの三位一体の興趣が話題を呼ぶ
banner_21.gifブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 00:00 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。