2009年10月15日

2009クライマックスシリーズ展望【その1:第1ステージを中心に】

昨日はカープとオリックスで新監督の就任会見がありました。
野球カープ公式「野村謙二郎 新監督 就任記者会見!

野球オリックス公式「岡田新監督入団記者会見

どっちも現場で記者会見してるんですね。「経費削減策」と言ってしまうと夢のない話なんで、現場主義だと肯定的に評価しましょう。

そのほか、ノムさんがベースを投げたとか、阪神が城島獲得とかいうネタ話もありますが、いちいち反応していてもしょうがないので、上記の新監督就任の件も合わせてこちらをご覧ください。
 ↓ ↓
banner_21.gifにほんブログ村 野球ブログへblogram投票ボタン(Ser.4364)

ということで、「クライマックスシリーズ」の件。
パ・リーグは明日(16日)から楽天対ホークス@Kスタ宮城で、セはあさって(17日)から中日対ヤクルト@ナゴドで始まります。
まずは、楽天対ホークスの展望ですが、結論から先に言うと

野球2勝1敗で楽天

先発投手ですが、楽天は岩隈、田中、永井。ホークスは杉内、ホールトン、和田という順番で予想。終盤になって、ホークスは和田が復活したのが大きいですね。その代わりファンケルボーグの離脱は痛いですが。
攻撃面では、松中が出られないのをどう評価するかですが、管理人はいままで短期決戦で松中がブレーキになっていたことが多かったし、逆に機動力を活かせると思うので、さほどマイナスにならないのかと。
楽天の方の問題は、リンデンの登録抹消による戦力ダウンよりも、モチベーション低下の方が懸念材料。それでも、杉内は楽天にそれほど強いわけでもないので、初戦さえ取れれば楽天が勝ち抜けるかなと。


一方、セ・リーグの方ですが、落合監督が第2ステージを重視して、第1ステージではチェン、吉見を温存するということも報じられているようであります。確かに、セ・リーグの方が第1ステージと第2ステージの間が短いので、第1ステージの第1戦(17日)に登板すると中4日でも次の登板は第2ステージの第2戦(22日)となってしまうことや、1位チームに1勝のアドバンテージが与えられていることを考慮に入れれば、そういう作戦もありなのかも。
この作戦は、CS第1ステージが阪神相手なら通用したんでしょうが、ヤクルトには館山、石川と高い信頼を置ける先発投手が2名いますからね。この2人でヤクルトに勝たれてしまっては元も子もありません。
なので、チェン、吉見は第1ステージで普通に先発してくると思いますよ。
ということで、こちらは

野球2勝1敗で中日

いずれにしても、第1ステージが2勝1敗では、(1位チームに1勝のアドバンテージがあることや、先発投手を既に3人使いきっていることを考えると)第2ステージでは1位チームの方がかなり有利となりますね。
最終的には、1位同士の日本シリーズになるんではないでしょうか?

とあまりひねりのない展望となってしまいましたが、管理人としては、パは楽天、セはヤクルトが日本シリーズに出てきて欲しいかなと・・・

でも、仙台でナイターは寒すぎない?

<ご参考>
【2009年CS展望】CSこと敗者復活戦を勝ち抜くのはどこのチームでしょうか?((仮称)野球ファン応援団)

banner_21.gifにほんブログ村 野球ブログへblogram投票ボタン
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 07:27 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。