2009年10月31日

福本 豊「走らんかい!」【追記あり】

4位以下の指名だったら東邦ガスに行くつもりだった藤川俊介君、昨日は阪神の黒田正宏編成部長が指名あいさつに行ったのに「気持ちの整理がついていない」と会わなかったらしい。どこに指名されるにせよ3位以内でないと、現時点ではプロで通用しないと思ったんでしょうかね。高校の先輩の金本さんから「わしも4位指名だったけど、ここまでやれた」と言ってもらったら入ると思いますよ。あとは、東邦ガスさんに仁義を切ってと。それと、3位の甲斐君並の条件にするのが落とし所かな?
他の方の見解や片岡新コーチの熱血指導ぶりとかはこちらで
↓ ↓ ↓
banner_21.gifにほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへblogram投票ボタン(Ser.4382)

で彼は外野手でしたね。ならば、昨日紹介した山本昌さんの本より、こちらの方が参考になりますね。この方は7位指名で、しかも指名されたことを知ったのは、先輩が新聞を読んでいたのを
「なんかおもろいこと載ってまっか?」
「オマエ、阪急に指名されとるがな」
で、初めて知ったというし・・・
       ↓
本福本 豊「走らんかい!」(ベースボール・マガジン社新書 028)
[要旨]
「野球のことなんて、まったく知らんかった」、身長167センチのドラフト7位が、「世界の盗塁王」へ駆け上がるまで。「史上最強の一番打者」とも謳われる著者が、自らの野球観、技術論を初めて深く掘り下げ、20年間で極めた数々のチカラを公開する。そこには驚くべき観察力、探求心、瞬発力、転換力、そして勇気があった!現在は野球評論家として、切れのいいコメントが老若男女から絶大な人気。その「福本語録」誕生秘話も紹介する。フクさんの味わいが全開の一冊。

[目次]
第1章 投手のクセではないリズムを盗んだ
(妨害も糧になる;ノムさんがいなけりゃ、1500盗塁も可能だった ほか)
第2章 ヘタやから、うまくなれた
(一枚だけの記念写真;消えた左用のファーストミット ほか)
第3章 「走」にスランプはない
(西武を日本一に導いた片岡の走塁;ヘルメットのツバを利用した ほか)
第4章 ケガしたらあかん(3歩半のリード;ワンパターンのスライディング ほか)
第5章 一生懸命を応援する
(「来年も来てくれるん?」;贅沢な草野球を楽しんでほしい ほか)
2009.10.12読了

ということで、何点か気になったところをピックアップすると、

・クイック投法は福本対策のために、ノムさんが考案した
⇒「盗塁阻止は投手と捕手との共同作業」
⇒福本氏もキャッチャーの肩は気にしていない。ピッチャーもモーションを盗むことに注力していと
・初盗塁王タイトルの記念にもらった8ミリビデオで、自分を撮ってもらって、フィルムを早送りにしてみてたところ、投手がけん制か投球か見分けられる動きが見えた
・無駄な盗塁などない
・2番大熊とのコンビ
・左投手の方が、動きの全部が見えるので走りやすかった
・島田誠は走りやすくするために布製の軽いシューズを使ったため、ケガをした。安全性はおろそかにできない。
・福本 豊を名乗る偽物が銀座のクラブで飲み代を踏み倒したことに、腹が立つというより、世間に顔も覚えてもらってないことに情けなさを感じた
・自分はチビ選手のモデルケース。
(若松、弘田、島田誠は後輩)
・盗塁王は意識しなくても取れたけど、首位打者は1回のチャンスを意識しすぎて、終盤になって規定打席に達した佐々木恭介に取られた(称して「覆面パトカー」)
・五輪100m日本代表の飯島秀雄(ロッテ)は、速かったけど、タイミングを測れずで思うような成果を出していない。
・盗塁には3S【スタート・スピード・スライディング】が基本
・現役で盗塁で注目するのは、赤星(阪神)、鈴木尚(巨人)、赤松(広島)
・現役後半、自分のクセが逆に盗まれるようになっていた
・引退のいきさつが嫌な思い出
上田監督「今日を最後に辞める山田、そして福本・・・」
・高校に入って打撃練習でバットを折って、はじめてバットに硬式用と軟式用とがあることを知った
・高校の最初の守備練習でライトに入って、内野ゴロの際にファーストのベースカバーに入っている姿が監督に認められてレギュラー入り
・高校時代、甲子園での二塁後方のフライをセンターと二塁手とでお見合いした結果のサヨナラ負けから、声かけに心がけるように、センターでの守備位置を前寄りに
(実体験での失敗から学ぶ)
・巨人のスカウトが「あと5センチ背が高ければなあ(取ったのに)」には腹が立った
・阪急入りの際、父親は近鉄の社員食堂に勤めていたが辞めて、阪急沿線にラーメン屋を構えた
・プロ初盗塁死のキャッチャーをずっと種茂(当時東映)だと思っていたが、実は違っていた
・プロ1年目は引っ張れなかった
・盗塁よりも自慢したいのは、208本も打てたホームラン
(流し打ちでゴロを打ってヒットを稼ぐのではなく、ツボにきたら大きいのを打てるトップバッターにしようとした西本監督に感謝)
・2008年日本シリーズの勝敗を決めた第7戦の8回表一死三塁から片岡が中島のサードゴロでの生還
(これについての評価が低すぎる)
・ヘルメットのつばを利用して、三塁走者でのスタートのタイミング
(リードを取って、少し腰をかがめ、両目をグラウンドに水平に。打球が見えなくなれば一旦戻り、見え続ければゴー)
・ベースは左足で蹴れ
・隙を見つけて塁間を走る醍醐味⇒大量点差での盗塁を記録しないというのは異論あり(そこまでMLBに従うことはない)
・行ける限り次の塁を狙うのが野球
・ホームへは必ずスライディング
・けん制で逆をつかれたら、いちかばちか二塁へ走れ
・現役の選手はもっと三塁打をねらえ
・速く走るにはストッキングを下すな。足が多少長く見えたかて、速く走れるわけでもなし・・・
・1974年オールスター第2戦(西宮)田淵のセンターオーバーのHR性の当たりをフェンスに足をかけてキャッチ⇒あいつは猿か(長嶋)
・これを阪急の後輩たちが練習し、山森のメジャー殿堂入りプレーに

・打球を見たら落下点を予測して、一直線で走る。
(自分の頭から斜め上2メートルくらいのところにボールをイメージ)
・当たり前のプレーを着実にこなしてるだけで名手
・外野守備はセンターが中心。優先権あり。守りの指示を出す
・リードは3歩半。足から戻る。ヘッドスライディングはケガをする
・他の選手より遠くからスライディング
(どこかで力を抜く。赤星はスライディング位置が近すぎる)
・金具を上に向けて滑り込むな(ただし、キャッチャーを除く)
・マッサージをしないで適度に張りを残しておくことで、段々強くなる。マッサージをするとかえって自律的回復力を鈍くする
・スポーツは上半身と下半身のバランスが大事
(上体にいらん筋肉がつくと、どうしても腕力に頼ってしまう)
・身の丈にあったせいいっぱいのバッティング
(最初から来る球がわかっているとかえって打てない)
・消耗と故障は違う
・障害者に野球を教えることで見えてきたこと
(体の一部がなければないなりに、プレーに順応)
・サインは必ずしたが、「列に並ぶ」ことと「礼を言うこと」は徹底させた
・オイ悪魔
オ=怒るな、イ=威張るな、ア=焦るな、ク=腐るな、マ=迷うな
・解説は野球を知らない人でもわかるように
「タコヤキ」「加古川より向こうの人帰れへん」
・ヘタ=まずいとうこと
・宝塚歌劇の方が、野球より厳しい
・阪急は歌劇かブレーブスのどっちかを売るしかなかった
・阪急ブレーブス⇒オリックス・ブレーブス⇒オリックス・ブルーウェーブ
ここまでは自分自身を納得させられたが、近鉄と合併してオリックス・バファローズになったとたん、帰る場所がなくなったと痛感。
(応援も旧近鉄スタイルに)
・当たり前のことを当たり前にこなしているうちに、だれでも一流
の域に達するはず

藤川俊介君だけでなく甲斐君も参考にしてね。


走らんかい! (ベースボール・マガジン社新書 28)

走らんかい! (ベースボール・マガジン社新書 28)

  • 作者: 福本 豊
  • 出版社/メーカー: ベースボールマガジン社
  • 発売日: 2009/05
  • メディア: 新書




■著者紹介 
野球福本 豊 (フクモト ユタカ)       
1947年、大阪府生まれ。大鉄高を卒業後、松下電器産業を経て69年にドラフト7位で阪急ブレーブスに入団。167センチ68キロの小柄な体で努力を重ね、歴代1位のシーズン106盗塁、通算1065盗塁(いずれも当時は世界記録)を達成し、「世界の盗塁王」の異名を持つ。通算本塁打208本、通算安打2543本を記録したバッティング、確実な守備力でもファンを魅了。阪急黄金時代の中心としてチームを引っ張った。88年に引退後はオリックス・ブレーブスの打撃コーチ、同二軍監督を歴任したのち、阪神タイガースの打撃コーチ、守備走塁コーチを務めた。現在は野球評論家として活躍。率直で軽妙なコメントが人気を集めている。日本身体障害者野球連盟の名誉理事長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

そういえば、今日から日本シリーズ開始でしたね。
どっちが勝つんでしょうかね?
管理人的には日ハム応援ですが、ダルビッシュもグライシンガーも不在の中、4勝1敗で巨人があっさり勝っちゃいそうな悪寒が・・・

他の方の見解は
  ↓
banner_21.gifにほんブログ村 野球ブログへblogram投票ボタン

【追記】
1つ前のエントリーがgiants-55さんのブログに取り上げられてました。⇒本当の勝負は「なってから」

管理人の真意は、このエントリーのタイトルのとおりであります。
最初に山本昌さんの本を取り上げたのはドラフト5位つながりだったからですが、関西の生んだ世界の盗塁王の本の方が藤川俊介君の心に響くと思って、2日続けて野球選手関連本を取り上げました。
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:22 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オリックスの一番バッターの坂口智隆選手に盗塁術を伝授していただけませんでしょうかexclamation×2
Posted by 高瀬博之 at 2010年04月26日 21:26
>高瀬博之さん
コメントありがとうございます。

直接、福本さんに頼んでください。
頼みにくければ、「探偵!ナイトスクープ」に依頼するのもありかも?
Posted by 管理人 at 2010年04月27日 06:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。