2009年09月01日

野村主義 勝利への執着力

(Ser.4308)
昨日の千葉ロッテ対東北楽天戦@千葉マリンは、雨天中止でした
また、今日から楽天野球団主催ゲームでもジェット風船が自粛になります
さらに、楽天の次期監督に東尾氏決定!とどっかの新聞の一面にも載っているようでありますが、それらの詳細は
 ↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓ 
banner_21.gifにほんブログ村 野球ブログへblogram投票ボタン←こちらを参照してもらうとして、楽天つながりで既に読了して書きためておいた現監督の本の感想文を・・・
本野村克也「野村主義 勝利への執着力」(小学館)
ベンチで死にたい―プロ野球生活55年の集大成。

WBC優勝で野球人気が盛り上がっているが、何かにつけコメントを求められ話題がつきない野村監督。これまで東北楽天で「育てる野球」をせざるを得なかった野村監督だが、今期を最後に楽天監督を退く可能性があり、悲願の楽天優勝のため「今期は勝利にこだわる野球をする」と意気込む。そこで選手、チームに求めるものはなにか。またチーム全員に勝利への執着力をいかに持続させるのか。そのために監督はいかにあるべきか。いわばこの本は野村野球の神髄であり、プロ野球生活55年の集大成でもある。今年も野村監督の言動から目を離せない。

要旨
『野村ノート』『エースの品格』に続く野村哲学の集大成。なぜ「野村克也」は刮目されるのか。

[目次]
第1章 勝利へのこだわり
第2章 人生「現役」へのこだわり
第3章 監督・指導者へのこだわり
第4章 継孫することへのこだわり
第5章 “中心”へのこだわり
第6章 生き方へのこだわり
第7章 楽天イーグルスへのこだわり
終章

■おすすめコメント 
今期を最後に楽天監督を去る野村氏、それだけに「今年は勝利にこだわる野球をする」と語る。そこで選手、チームに勝利への執着力をどのように持たせるのか。監督はどうあるべきか。いわば野村野球の神髄、集大成だ。

ノムさんの本は何冊も読んでいて、当ブログでも何回も取り上げているので、毎回同じことの繰り返しになりますが、どの本も同じようなことが書かれていて、かぶるところが多いものの、そのかぶるところが大事なのです。

以下のことも別の本で既出かもしれませんが、南海何回も繰り返すことにより、実践で生きるのではないのかと

・組織はリーダーの力量以上には伸びない

・信は万物の基を成す

・不器用は天才に勝る

・諦めが役に立つのは、新しくやり直すときだけ

・判断と決断とか正しく合体すれば、おのずから成功が近づいてくる

・ささやき戦術で、選手の集中力と積極性を軽減させる

・対応別バッターの4分類
 Aタイプ(理想型):ストレートに重点を置き、変化球にも対応する
 Bタイプ:内か外か、打つコースを決めて待つ
 Cタイプ:左方向か右方向か、打つ方向を決めてかかる
 Dタイプ:球種にヤマをはって待ち構える

・願望を持った瞬間から頭脳や肉体が自動的に作動する
〜ウェイン・W・ダイアー心理学者の挙げる「成功者となった人の共通性」14項目中、ノムさんにもっとも当てはまると自分で言っている点
(それ以外には、「現状に満足することなく、次々と高いレベルを目指している」「己の能力や性格をよく把握している」「企業(組織)優先主義に徹している」「成功者は口を揃えて『運が良かった』と言い張る」が、ノムさんに当てはまるらしい)

・寿命が短いことを忘れてしまうプロ野球選手
(その後の人生をいかに生きるか。誰よりも真剣に思い巡らせなければならない。ゆえに、ノムさんは人間教育を指導の基本に置く)

・褒めないことの効用(味方は褒めず、敵は褒める)
「怒らないから選手は伸びる」と言ってる監督には異論あり
⇒自分だけいい子になって、汚れ役は96番にやらせてたクセに
⇒たまに褒めてやると、そのことが生きる支えになる

・日本人は考えずに野球をやっている
⇒言外に、特にどっかのチームを示唆していると管理人は思う)

・落合とノムさんの共通性
(目の前の事象に一喜一憂せず、冷静沈着に指揮を取る)
⇒しかしながら、マスコミ対応で損している
⇒メディアの向こうにはファンがいることを忘れてはならない

森 祇晶の「あくまでも選手を前面に押し立て、自分は黒子に徹する。時には嫌われ役になる」姿勢が印象深い

・チームづくりは編成に始まる

・一、深沈厚重なるは第一等の資質なり
 二、磊落豪雄なるは第二等の資質なり
 三、聡明才弁なるは第三等の資質なり
(呂新吾)

・人への評価は「無視、賞賛、非難」の段階で高まっていく

・プロセス野球〜キーワードは「継続」
(万年Bクラスのチームは無策を繰り返す)⇒どっかのTとBsとYB

・目先の結果にとらわれることなく、基本方針を決めたら一人の監督にチームカラーの確立を託す。それがチームを真に強化することであり、人を育てることにつながり、ひいては日本球界の発展にもつながる
⇒どっかの黄色いチームは行き当たりばったりと言外に非難

・自国の野球を大切にせよ

・外国人がリーダーとなった場合、結果を求めるだけになる
(その悪例がどっかの鴎さんチーム)
⇒茶髪とか服装の乱れが気に入らないみたい

・歴史に対する敬意

・中心なき組織は機能しない
(ヤクルト監督時代は古田。楽天は野手なら山崎武司、投手なら岩隈に期待)

・まーくんに稲尾魂を感じる

・人間は他人の評価で生きている

・パ・リーグの一員として、巨人におんぶにだっこのセ・リーグへの対抗意識は強かった

・「限定、満足、妥協」は、プロにとっての三大禁句

・ワンパターンのことしか言えず、選手の本質を察知できない人間はリーダーにふさわしくない

・気の弱い選手とはバイバイしなさい

・監督やコーチは「気づかせ屋」でなければいけない

・判断はできても、決断ができないのがノムさんの欠点

・少年野球の強いチームは、監督がしっかりしている

・叱られることに慣らせないと、すぐに挫折する性格になるぞと警告
⇒よっぽど長髪がお嫌いなようで、、、別に和Dみたいなわけでもないのに

・自分のような旧式の人間が求められている

・ピッチャーはプラス志向、キャッチャーはマイナス志向でないと務まらない
⇒どっかの左の14番はそれがあかん。99はOKかな?

・「ボヤキ」とは理想主義の証である(マイナス志向の理想主義者)

・優勝チームに名捕手あり

・旧近鉄は、野球をさせたら頭を使わない。私生活は乱れ放題、規律も人間教育もあったもんではない
⇒球団がつぶれたのも宿命
(ノリがそのDNAを持ち込んでこないか懸念)

・若さは信念に基づくもの

・人間にとって最も深い欲求とは「自己重要感」

ということで、「野村克也の日めくりぼやきカレンダー」を売り出せば、毎年ノムさんとサッチーの年金代わりくらいの印税稼げるのでは?


◇著者紹介 
野村 克也 (ノムラ カツヤ)       
1935年6月29日、京都府に生まれる。54年、京都府立峰山高校からテスト生として南海ホークスに入団。3年目から正捕手に定着。65年に戦後初めて三冠王に輝く。70年、選手兼監督に就任。後にロッテ・オリオンズ、西武ライオンズでプレーし、80年のシーズンを最後に引退する。三冠王1回、MVP5回、首位打者1回、本塁打王9回、打点王7点など、タイトル多数。89年、野球殿堂入り。90年よりヤクルト・スワローズの監督として現場復帰。同球団を3度日本一へと導いた。99年、阪神タイガース監督に就任。3年間監督を務めた後、02年、社会人野球シダックスのゼネラル・マネージャー兼監督に。06年、東北楽天ゴールデンイーグルス監督に就任する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

野村主義

野村主義

  • 作者: 野村 克也
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2009/05/27
  • メディア: 単行本



【2009.7.18読了】
他の方の感想文を探す。
 ↓ ↓  ↓ ↓  
banner_21.gifにほんブログ村 野球ブログへblogram投票ボタン
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:20 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。