2014年04月19日

4/18 阪神4−2ヤクルト(甲子園)〜なんとか連敗脱出+同日のプロ野球

鳥谷さん、いつの間にそんな打法を身につけた?

大事に至らないことを祈ってます。
野球4/18(金)18:00〜 阪神−ヤクルト・4回戦(2勝2敗、甲子園、3時間23分、35030人)
ヤクルト 000 010 100|2
阪  神 310 000 00x|
【投手】
(ヤ)小川、石山、久古、カーペンター、秋吉−中村
(神)能見、安藤、福原、呉昇桓−藤井、鶴岡
【責任投手】
(勝)能見4試合3勝1敗
(S)呉昇桓8試合1勝3S
(敗)小川4試合3勝1敗
【本塁打】
(ヤ)畠山1号ソロ(5回、能見)
得点経過
1回裏:鳥谷 ランナー2塁の1-0からレフトへの先制タイムリーヒット!、ゴメス 西浦(遊)のファンブルにより出塁の間、藤井 西浦(遊)のファンブルにより出塁の間の計3点(神3-0ヤ)
2回裏:鳥谷 1-2からタイムリーツーベース!(神4-0ヤ)
5回表:畠山 カウント1-1からバックスクリーンに飛び込むホームランを放つ(神4-1ヤ)
7回表 西浦 2アウト1,2塁の3-2からライトへのタイムリーヒット(神4-2ヤ)
【戦評】
 阪神は一回に鳥谷の適時打と2失策で3点を先行。二回には鳥谷の適時二塁打で加点した。能見は七回途中2失点で3勝目。救援陣は完璧で、呉昇桓が3セーブ目。ヤクルトは3連敗。二回途中で負傷降板した小川は今季初黒星。
この試合に関しては、NHK BS1での中継を見始めたのは5回裏あたりから。なので、自分的には能見ちゃんがピンチだったところと、カーペンターの好投と8回裏の追加点を逃したところしか印象になくて、負けているような気が^^;
実際は、序盤の4得点が効いたし、安藤→福原→呉と一人のランナーすら出さなかった継投でなんとか逃げ切れてはいるんですが…
さらに詳しいことはこちらをご覧いただくとして、
   ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへblogramによるブログ分析(Ser.7612・3377日連続更新)
どのスポーツでも積極的な走り、前へ向かう姿勢は重要だということを、続きを読む


posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:15 | 神奈川 ☔ | Comment(0) | TrackBack(3) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月18日のTweetまとめ

続きを読む
タグ:twitter
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 00:01 | 神奈川 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。