2014年01月24日

船井総研創業者舩井幸雄氏のご逝去を悼み、当ブログでの氏の著書紹介まとめ


創業者(舩井幸雄)の逝去及び社葬に関するお知らせ/株式会社船井総合研究所 1月22日付プレスリリース(PDF)
2014.01.23:【いま 一番知らせたいこと、言いたいこと】まだまだ甘い(※船井勝仁執筆)/船井幸雄.com
船井総研からもご遺族の方からも正式発表があったので、改めて慎んでお悔やみ申し上げます。
と、船井幸雄.comにもリンクされている船井幸雄bot(@yukiofunaibot)は、本人が死しても引き続き生前のメッセージを発信されるかと思いますが…
その船井幸雄氏の最後の自身の執筆は1月6日付の「【いま 一番知らせたいこと、言いたいこと】賀正(※舩井幸雄自身の執筆です。)」が最後。その中からいくつか抜粋すると、
・私の拙い直感力では、今年は変化の年になるだろうと思います。
・まず日本の政治ですが、ワンマンで、ばらまき型、インフレ志向の安倍内閣は、壊れる可能性が強いでしょう。
・経済的には、一部の輸出型大企業は別にして、エネルギーなどの輸入で物価が上がり、これも庶民にまではっきり分ると思います。それに消費税の増税で、かなりの「てんやわんや」となるように思われます。増税はこわいですよ。
・それ以外の面でも、不満が国民からとび出し、絶対多数にあぐらをかく自民党政権を心底からゆさぶると思います。
・日本は本来、技術的にもすばらしく、国民は勤勉、質素な特性を持っています。ただマスメディアが、安倍政権一辺倒なので、去年は判断を狂わされましたが、多くの国民は、そのことに今年は目覚めるでしょう。
・一方、世界的には、アメリカの不況はどうにもならないし、中国も問題をかかえすぎであることが分ります。EUも寄せ集め国家連合の歪みが、あちらこちらで火を噴き出し、やはり先進国で安定しているのは日本であるらしいことにも、日本人は気づくと思われます。
・こんな年にどう生きるべきか……ということですが、日本人は、勤勉、質素で、技術指向がやはり国民性からみて第一の特性でしょう。これを活かすことです。
・マスメディアの発言は半分は問題外にしてください。それよりも自分の感覚でつかんで、調べ、そして本当のことを知ってほしいのです。
・今年こそは、地に足のついたよい仲間をつくり、仲間間で助けあい、地道に生きてほしいのです。一人ではムリだと思います。
・ただ、将来への夢と希望は忘れないようにしてくださいね。これらは大事です。
ご本人がなくなったことが一番の大変化?
それはさておき、「お金の値打ちを下げ、失業者は別にしても、収入がふえず、大多数の中小零細業者が困りつつある現状は、浅はかな安倍晋三さんへの過大な期待にあったことに、大多数の国民が気づくはずです。」って、自分はもう気づいているんですけど…
それが今回の都知事選を通じて、都民だけではなく国民のみんなにわかるということ?
  ↓  ↓  ↓
ブログランキング・政治へblogramのブログランキング(Ser.7444・3291日連続更新)
未来への言霊 この世の答えはすでにある!
ご香典代わりにこの一冊をと宣伝するつもりはありませんので、続きを読む


posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:07 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月23日のTweetまとめ

続きを読む
タグ:twitter
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 00:01 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。