2013年11月10日

侍ジャパン強化試合で台湾に連勝とブルトレ全廃?の件を前振りに、@yonda4 4046534206[十津川警部とたどる寝台特急の旅 (角川oneテーマ21)]

まずは、昨晩の侍ジャパン強化試合(対台湾・第2戦)の件

野球侍ジャパン強化試合:11/9(土)日本−台湾・2回戦(日本2勝、新荘、19:05、9752人)
台湾 100 000 010|2
日本 040 000 00x|4
【投手】
(台湾)●倪福徳、陳禹勲、林逸翔、張賢智、謝栄豪−張進徳
(日本)野村(広)、◯大瀬良(九州共立大・広島D1指名)、松田(神)、高木(NTT東日本)、S松永(ロ)−伊藤(オ)、炭谷(西)
【本塁打】
(台湾)陽岱鋼(公)1号ソロ(1回、野村)
得点経過
1回表:3番陽岱鋼 カウント3−1から高めのストレートをとらえセンターバックスクリーン左横に飛び込むホームラン!台湾先制(台1-0日)
2回裏:7番秋山 1死二、三塁で2ボールからの3球目、真ん中に入ってきた球を強振し、セカンドの横を破る2点タイムリーヒット、9番梶谷 1死一、三塁で初球、外角の球を流し打ち、左中間を破る2点タイムリースリーベースヒットで計4点(日4-1台)
8回表:2番李杜軒(代打・SBH)。2死二塁でカウント1−2と追い込んでからの5球目、内角の球をはじき返し、高木の足元を抜けていくセンター前ヒット(日4-2台)
【戦評】
 日本は0−1の二回に秋山の2点適時打で逆転し、梶谷の2点三塁打で2点を追加した。先発した野村は一回に陽岱鋼にソロを浴びたが4回1失点と好投。その後を、今秋のドラフトで広島から1位指名された大瀬良、最年少19歳の松田、NTT東日本の高木とプロアマ融合の継投を見せ、最後はルーキーの松永が一打逆転のピンチを背負いながら守りきった。
この試合も最初の陽岱鋼のソロまでは記憶にあるものの、その後寝落ちしてしまい、結局杉浦友紀さんから結果を聞き、ダイジェストはネオスポで見ただけなので、さらに詳しいことは(マートンメッセンジャー残留の件も含め)こちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 野球ブログへblogramによるブログ分析(Ser.7294・3216日連続更新)
JR東日本が羽田空港−都心間の新線構想を打ち出したことはいいとしても、(北海道新幹線の開通を機にブルートレイン全廃?は残念(泣)ということでこの本。

十津川警部とたどる寝台特急の旅

過去ログをたどればわかるように、当ブログでは西村京太郎の小説のレビューは書いたことはありません。

昔から、小説系は続きを読む


posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:38 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(2) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月09日のTweetまとめ

続きを読む
タグ:twitter
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 00:01 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | Twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。