2010年01月09日

【書評】工藤健策「野村克也は本当に名将か」+αで年始のスポーツ関係の件

(Ser.4467)
読んだ本の書評エントリーの在庫が積み上がっているので、そちらを優先にUPしているうちに、サッカー関連では天皇杯はガンバが優勝してるし、高校サッカーはもう準決勝まで来ちゃったし、ベルマーレの補強も着々と進んでいるようですね。それらの詳しいことはこちらを見てもらうとして、
  ↓ ↓ ↓ 
banner_21.gifにほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 湘南ベルマーレへblogram投票ボタン
一方、野球関連では1/2の2010プロ野球OBオールスターアスリートカップ セvsパ対抗戦とか、千葉の恥の件とか、MLB側から日米「グローバル・ワールドシリーズ」の開催を提案された一方で知らないうちにNPB野球協約が改悪されていた件とか、アニキの「選手たちだけで優勝できるように、僕も頑張る」発言が首脳陣批判とも取られて虎系ブロガー界話題になっているとか、そのアニキのところにダルビッシュがトレーニング見学&合同トレーニングに来たとかのニュースもきちんと把握はしてますが、それらの詳細についても、こちらをご覧下さい。
  ↓ ↓ ↓
banner_21.gifにほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへblogram投票ボタン
ということで、今回も読んだ本の書評シリーズで。
野村克也は本当に名将か

野村克也は本当に名将か

  • 作者: 工藤健策
  • 出版社/メーカー: 草思社
  • 発売日: 2009/11/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



管理人がこの本を通じてわかったこと。

<その一場>
・著者はノムさんが嫌いなんでしょうね。(仙一は好きなようだけど)

<その二岡>
・野村監督時代の阪神が続きを読む
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 09:40 | ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。