2010年01月02日

【四泊五日船旅記録モバイル版】2010年元旦:その2〜父島で初詣&日本一早い海びらきなど<後日改編あり>

banner_21.gifブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン(Ser.4459)
元旦の日は8時前に通船で父島上陸。海が激しく荒れていたので予約していた鯨探しのクルーズは中止になり、まったくのフリーに。
まずは、レンタカー屋さんに電話したもののこの日は満車につき、翌日の予約を。次に、
F1010887.jpg 急階段を上り「大神山神社」へ参拝。
F1010888.jpg

F1010890.jpg←神社から見た二見湾
甘酒を飲み、続きを読む
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 00:00 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行と温泉の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

藤川球児「未熟者」

【おことわり】管理人は、現在PCでネットを使える環境下に存在していないため、当エントリーはあらかじめ投稿時刻を予約して公開に供したものであります。
banner_21.gifにほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへblogram投票ボタン
藤川球児「未熟者」
球界屈指のクローザー・藤川球児。代名詞である豪快な直球は、いかに作られ、どこに向かうのか。2008年のV逸で一度は折れた心がどう回復したのか。野球人として、人間として葛藤する著者が、現在進行形の悩みとそこからの解放を本音で綴る。「同じ思い――もちろん、打倒・巨人!――を持ったチームメートと一緒に戦うことが、いまの僕にとってはなによりの幸せ」(本文より)と書けるようになるまでに、悩み、考えた成長の記録。
矢野輝弘捕手との対談も収録し、バッテリー間にだけ流れる特別な時間、直球勝負を挑む心理などについてたっぷり紹介する。虎ナインの藤川評も満載の贅沢な一冊。

【目次】
悩んで僕は前に進む。
●直球へのこだわりと「卒業」
●クローザーは初球が命
●何度も野球をやめそうになった
●第2回WBCが明日への第一歩
●ジャイアンツを倒したい!
●真弓監督についていく
●藤川球児は2人いる
●「魅せる」プレーヤーでありたい

【著者プロフィール】
藤川球児(ふじかわ・きゅうじ)
1980年、高知県生まれ。高知商業高校では2年夏に甲子園出場.。99年にドラフト1位で阪神タイガースに入団。2002年にプロ初勝利。ケガに泣かされたが、04年シーズン途中のフォーム変更が契機となり、同年後半から中継ぎで一軍定着。05年は豪快な直球を武器にセットアッパーとしてシーズン80試合に登板、最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得しチームの優勝に貢献した。07年からはクローザーに転向。同年、最多セーブ王に。WBCや五輪で日の丸を背負うなど、日本球界を代表するリリーバーとなった。

上梓されたのはシーズン開始前の3月で続きを読む
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 00:00 | 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。