2009年12月16日

松井秀喜エンジェルス移籍決定ということで、義父になり損ねたwビートたけしの「下世話の作法」を紹介

松井秀喜選手の移籍先がLAA(Los Angeles Angels of Anaheim:ロサンゼルス・エンジェルス・オブ・アナハイム)に決まりましたね。【LAA公式(原文)毎日jp(日本語)
同じア・リーグ東地区のイチロー・マリナーズとの対決が楽しみですね。
NYよりは日本人向きの環境なんで、たまには守備にもついて活躍してくれることを期待してます。さらなる詳細はこちらでも見てもらうとして、
 ↓ ↓
banner_21.gifにほんブログ村 野球ブログへblogram投票ボタン(Ser.4434)
今回は、そんな松井秀喜選手に、自分の娘を嫁入りさせようとした人の本の紹介です。
本ビートたけし「下世話の作法」(祥伝社)
育ちは悪いが行儀いい
下品な私(オイラ)が初めて語る「粋(いき)で品のいい生き方」とは?

品とは――
人前で飯(めし)がうまい、まずいと大きな声で平気で言う。そんな下品な話がどこにあるんだ。

粋とは――
色気のあるやつはちゃんと気を使う。それが立ち居振る舞いに現われれば「粋な人」になるんじゃないか。

作法とは――
たけしなんかテレビで他人の悪口言いやがって、お前こそ作法がなってないと言われそうだけど、悪口にも作法がある。俺は妬(ねた)んだり恨(うら)んだりだけの悪口は言わない。
(本文より)
2009.11.26読了

たけしの本って、続きを読む
タグ:たけし
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 00:00 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。