2009年11月17日

村上義晃「学びやぶっく 14 盲腸線−行き止まり駅−の旅」

当ブログでは前回のエントリーで取り上げたのですが、昨日藤本選手が正式にFA宣言しましたね。⇒野球球団公式
また、横浜を戦力外になった球界現役最年長の工藤投手が背番号「55」で西武復帰とか、ビーチバレーの浅尾美和&西堀健実組がペア解消とかのニュースもありありますが、それらの詳細はこちらで見てもらうとして
 ↓ ↓ ↓ ↓
banner_21.gifにほんブログ村 野球ブログへblogram投票ボタン(Ser.4400)
今回は、前に読んだ本の紹介シリーズにします。
村上義晃「学びやぶっく 14 盲腸線−行き止まり駅−の旅」(明治書院)
「盲腸線」とはごく短い鉄道路線のことをいう。全国にJR、私鉄合わせて300路線ちかくある「盲腸線」を訪ねる旅を重ね、総乗車距離は2700キロに及ぶ著者による路線紹介。27路線を選び、写真と文章で紹介する。紹介写真は、終端駅、車両、駅から見た風景など様々だが、どれもが独特の色合いを持ち、静謐であり、重量を感じさせる香りを漂わせている。巻末に鉄道ファンのために、全国盲腸線一覧を付ける。
2009.10.18

本書で紹介されている盲腸線(Wikiでの定義)のうち、管理人が全区間乗車した盲腸線は、続きを読む
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:30 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。