2009年11月15日

2009年度日韓クラブチャンピオンシップの試合結果を受けて、三橋貴明「本当はヤバくない日本経済」を紹介

(Ser.4398)
野球2009年日韓クラブチャンピオンシップ@長崎 2009.11.14
【●KIA(KBO)4−9 読売(NPB)○】
読売ジャイアンツ 000 001 701|9
KIAタイガース  100 020 001|4
[勝]野間口 [敗]郭正哲
◇開始 13時01分 ◇試合時間 3時間19分 ◇有料入場者 豊浦彰太郎さんはじめ14,331人

野球巨人が逆転勝ちで日韓クラブCSを制す(NPBニュース)
日本シリーズ優勝の読売ジャイアンツと韓国シリーズ優勝のKIAタイガースが対戦する「日韓クラブチャンピオンシップ」は14日、長崎県営野球場(ビッグNスタジアム)で行われ、読売が9−4で逆転勝ちし、日韓王者対決を制しました。
 試合は序盤、KIAが優位に進め、先発・梁弦種投手が巨人打線を5回まで2安打無失点に抑えると、羅志完選手の2本のタイムリーで3−0とリードしました。
 しかし、巨人は6回に小笠原選手のホームランで1点を返すと、7回には無死1、2塁から阿部選手がライトへ3ランを放って逆転。なおも、ラミレス選手、亀井選手、工藤選手の3連続タイムリーで、この回一挙7点を奪いました。
 巨人は先発・ゴンザレス投手から内海投手、野間口投手、オビスポ投手とつないで逃げ切りました。
 これで、昨年までのアジアシリーズでの4連覇に続き、今大会もNPB代表チームが "アジアの王者対決" を制しました。

昨年までは東京ドームでアジアシリーズが開催されていたわけですが、諸般の事情により今年は日本一と韓国一のチーム同士の一発勝負に。しかも、舞台を長崎に変更。
そんな訳で野球系ブロガー界を当たっても巨人ファン系ブロガー以外のエントリーが少なかったですね。
検証→banner_21.gifにほんブログ村 野球ブログへblogram投票ボタン

14,331人という観客動員にしても、
<過去のアジアシリーズ決勝戦>
2005年 37,078人(ロッテ)ナイター
2006年 24,580人(日ハム)ナイター
2007年 21,091人(中日)ナイター
2008年 18,370人(西武)デーゲーム

<長崎NDスタジアム開催公式戦>
2009.4.21(火) 20,817人(巨人−ヤクルト)
2009.7.28(火) 17,356人(ホークス−オリックス)
2005.9.13(火) 20,848人(巨人−阪神)
(備考)すべてナイター。キャパは25,000人

と比較すると最少。
東京ドームでやっていたとしたら、多分この方をはじめ多くの巨人ファンが集結していたでしょうね。少なくとも、2005年の決勝戦の観客動員超えは確実だったような気が・・・
なんか、もったいない話ですね。

試合の方は、途中までKIAがリードしていたんでもしかしたらという期待もあったんですけど、結局は先発の梁弦種が打てなかっただけのこと。ピッチャーが代わったらあっさり逆転しちゃいましたね。

ともあれ、梁弦種には猛虎魂を感じるので、星野さん、坂井さん、すぐに韓国へ飛んで下さい(爆)


ということで、日本のプロ野球もまだまだ捨てたもんじゃないということが分かったので、続きを読む
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 09:24 | ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。