2009年10月31日

福本 豊「走らんかい!」【追記あり】

4位以下の指名だったら東邦ガスに行くつもりだった藤川俊介君、昨日は阪神の黒田正宏編成部長が指名あいさつに行ったのに「気持ちの整理がついていない」と会わなかったらしい。どこに指名されるにせよ3位以内でないと、現時点ではプロで通用しないと思ったんでしょうかね。高校の先輩の金本さんから「わしも4位指名だったけど、ここまでやれた」と言ってもらったら入ると思いますよ。あとは、東邦ガスさんに仁義を切ってと。それと、3位の甲斐君並の条件にするのが落とし所かな?
他の方の見解や片岡新コーチの熱血指導ぶりとかはこちらで
↓ ↓ ↓
banner_21.gifにほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへblogram投票ボタン(Ser.4382)

で彼は外野手でしたね。ならば、昨日紹介した山本昌さんの本より、こちらの方が参考になりますね。この方は7位指名で、しかも指名されたことを知ったのは、先輩が新聞を読んでいたのを
「なんかおもろいこと載ってまっか?」
「オマエ、阪急に指名されとるがな」
で、初めて知ったというし・・・
       ↓
本福本 豊「走らんかい!」(ベースボール・マガジン社新書 028)
[要旨]
「野球のことなんて、まったく知らんかった」、身長167センチのドラフト7位が、「世界の盗塁王」へ駆け上がるまで。「史上最強の一番打者」とも謳われる著者が、自らの野球観、技術論を初めて深く掘り下げ、20年間で極めた数々のチカラを公開する。そこには驚くべき観察力、探求心、瞬発力、転換力、そして勇気があった!現在は野球評論家として、切れのいいコメントが老若男女から絶大な人気。その「福本語録」誕生秘話も紹介する。フクさんの味わいが全開の一冊。

[目次]
第1章 投手のクセではないリズムを盗んだ
(妨害も糧になる;ノムさんがいなけりゃ、1500盗塁も可能だった ほか)
第2章 ヘタやから、うまくなれた
(一枚だけの記念写真;消えた左用のファーストミット ほか)
第3章 「走」にスランプはない
(西武を日本一に導いた片岡の走塁;ヘルメットのツバを利用した ほか)
第4章 ケガしたらあかん(3歩半のリード;ワンパターンのスライディング ほか)
第5章 一生懸命を応援する
(「来年も来てくれるん?」;贅沢な草野球を楽しんでほしい ほか)
2009.10.12読了

ということで、続きを読む
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:22 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。